2018年05月11日

雑感

陽気はまだ安定しませんが、新緑は眩しく、花々もあちこちで微笑み、色彩あふれる楽しい5月に。近くのお店の軒先でツバメの雛が可愛い口をぱくぱくさせているのも嬉しい光景です。

仕事のペースを緩めてから、生活を楽しむ余裕ができました。ヨガを始めてみたり、15年ほど休んでいたヴァイオリンを再開して八幡オケに参加させていただいたり、組紐に興味を持ったことがきっかけで、日本の伝統色や染・織に興味が広がり、ちょこちょこ本を読んだり、関連する展覧会などに出向くようになりました。

そんなわけで、先日、草木染めのワークショップに参加してみました。開花直前に伐採せざるをえなかったものをいただいたということで、花を咲かせる準備を十分にしていた精の詰まった桜の枝から色をいただいて染めました。お染めの過程は、まず命をいただいた草木を煮出し、そうして出来上がった染液に布などを入れて染め、最後は媒染液につけて色を定着させるというものです。染液は枝を煮たものなので、一見、茶褐色なのですが、布を入れるとあら不思議、桜色に!そして媒染液につけるとより柔らかな色になったり渋みが増したり!指導を受けながら同じ工程を行うので、染め上がりは同じかと思いきや、参加した各人それぞれの色に染まりました。先生曰く、植物の精の状態や染める材料、環境が似通っていても、同じ色に染まることはなかなか難しく、だからこそ楽しいのだと。

あれ、何か自分の楽しみでも同じ感覚が・・・あっ、オーケストラの演奏会か!染液はわれわれ楽団員、染める材料は演奏曲、そして染める人は指揮者、そして今回の演奏会では媒染液はソリストの玉井さん・・・環境は八幡のホールと観客の方々ですね。演奏会でどのような「色」になるかは、枝々の精の込め具合によるので、練習がんばるぞ〜!!
皇帝の民=VnのS
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月06日

お店の音楽

予期しない音楽が耳に入って、アレっと思うことってありませんか?

私の場合、例えば近所のスーパー。
ある日ふと違和感を感じて耳に集中すると、聴こえてくるのはマーラーの交響曲第2番「復活」…。何故スーパーで︎ 時々場違いなクラッシック音楽がかかってはいましたが、この時は晩ご飯のお買い物モードが吹き飛ぶ衝撃でした。

またある日ふらっと1人で入った飲食店で。
オペラ?が流れる中に店主が1人。何の曲だろう?聴いた事はないかも知れないけど、どこか雰囲気に馴染みのある曲調。きっと知ってる作曲家の曲、何だろう…と記憶を辿ったり想像したりしながら気になって気になって。
答え合わせのつもりでお会計の時に尋ねたら「キャンディード」。序曲なら知ってた。最初から聴いて(聞いて)たら居心地も変わっていたかも。
この時は答えが分かる状況でしたが普段からお店やあちこちで聴こえてくるフレーズに「ああ、この曲なんだったっけ〜、やった(聴いた)事あるけど曲名が思い出せない〜」と悶々とする事はしばしば。

またある時、友人と食事に入ったお店で流れていたのはベートーベンの弦楽四重奏。まあそれはそれとして、食事が終わって2軒目のバーに入った途端に同行者が何やらニヤニヤ笑っているので何かと尋ねると、「この曲、さっきの店でかかってたのと全く同じ録音ですね」「!?」。それを聞いたバーのご主人が「ああ、そのオーナー(直前の店の)なら前にウチの店に入るなり立ったまま腕組んで難しい顔して固まってると思ったら『オレの店にあるのと全く同じ録音のCDや』って言ってましたよ。」とのこと。どうやらその曲だったようです。2軒とも沢山CDがあって普段色々な曲がかかっているんですが、そういう偶然もありました。

偶然といえば数年前に東京に遊びに行った時のこと。
夕方に仕事を終えてそのまま東京に向かうつもりだった私は、サクサク仕事を片付けて東京でナイトライフを楽しもうと、淡々と仕事を進める時によく使う曲を聴きながら予定通りに仕事を終わらせ、久しぶりの1人旅に高まる気持ちを抑えようと新幹線の中でも同じ曲を聴いていました。さて東京に着いて迷子になりながら初めて訪問するお目当てのお店に漸く辿り着き、ワクワクしながら扉をそっと開けると、そこには期待を裏切らない素敵な空間が。でも、アレ…この音楽…。
薄暗い店内の隅っこに見覚えのあるCDケースが1枚。えええぇ︎
非日常的気分が一瞬で消失。直前までその日一日聴いていた音楽でした…。(実話)
HrのF
posted by 八幡市民オーケストラ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年04月21日

たまには室内楽も♪

 先日、オケのメンバーで弦楽四重奏をする機会がありました。松花堂で行なわれた八幡市文化協会の表彰式で15分程の生演奏をというお話に、選曲をどうしよう!?というところから始まりました。過去の様子を聞くと、クラシックだけでなく映画音楽やポップスなども取り入れた方が良さそうでしたし、ご年輩の方も多いそうだからしっとりした曲もあった方がいいのかも?15分程度に収めるのも必要!などと思いを巡らせつつ選んだ5曲は、NHK「歴史秘話ヒストリア」のオープニング曲「storia」、服部良一作曲「蘇州夜曲」、プッチーニ作曲「歌劇「トゥーランドット」より誰も寝てはならぬ」、ラフマニノフ作曲「パガニーニの主題による狂詩曲より第18変奏」、K.アンダーソン-ロペス/R.ロペス作詞・作曲「Let It Go 〜ありのままで〜」となりました。もちろん、全て弦楽四重奏版です。統一性のあるプログラムとは言えませんが、ラフマニノフは51回定演のPRができるから入れよう!ということだけははっきりしていました(笑)
 私自身、室内楽の経験が少ないため得意とは言えないのですが、メンバーのVn Nさん、Va Tさん、Vc Mさんと、意見を出し合いながら練習をする中で感じた(再認識した)のは、お互いの音をよく聴いて、今自分はどういう音を出すべきか考えて弾くことの大切さ、呼吸を合わせることの大切さ、でした。(え、それって普段のオーケストラの練習でトレーナーの方々から言われていることそのままだよ〜と思う人たちが多いでしょうねぇ…)
 個人練習はしっかりしますが(それはもう)、4人で合わせるときには、曲のイメージを共有し、弾き方や音量のバランスを整えていかなくてはなりません。弾きながら「ここはタイミングが合わなかったから次は気をつけよう」というようなことは気付いても、その先のこと、例えば「ここはVn2とVaの伴奏がもっと前に向かう感じでほしいな」というように、気になるところをどうすれば良くなるか、それを考えるセンスがあるかと言われれば、私にはまだまだというところです。Vn Nさんのアドバイスを聞きながら、精進せねばと思いました(苦笑)。もう1つの呼吸については、ある曲の冒頭のテンポ感が2パートでなかなか決まらなかった時、相手とちょっと大げさに呼吸を合わせた途端、見事に決まった!ことから、あらためて呼吸って大事だ〜と思いました。大人数のオケとは違って、室内楽は意思の疎通が楽なので、こうしたことを意識する時間が持てたのは良かったです。
 本番当日、やはり緊張しましたが、何とか弾き終えることが出来ました。楽しさ半分、緊張から演奏に集中するあまり顔がこわばっていなかったかしら?などの反省点半分。普段はオーケストラで弾くばかりですが、たまにはこうした室内楽の練習をするのもいいなぁと思いました。あ、ちゃんと51回定演のPRもしてきましたよ〜!
Vn3人目のN
posted by 八幡市民オーケストラ at 15:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月31日

ブログデビュー

八幡オケに入団して、早いもので2年が経ちました。その間逃げ続けていたリレーブログの順番がついに回ってきてしまいました。年度最後のブログということで、どんなことを書けばいいのかなあと思っておりましたが、時期的に、卒業、転勤などで新しくオケを探している方もおられるのではないかと思い、八幡オケのいいところ(わたし選)を書いてみることにしました。オケ選びの一助になれば幸いです。妨害になりませんように・・・

練習場が決まっており、市内の公民館が固定の練習場になっています。もちろん駐車場もあります。わたしはほぼこの点だけで入団を決めました。オーケストラジプシーを長らく続けていた頃は、練習参加の事前に最寄りのパーキングを調べ、ついでにお天気も調べ、満車になる前に到着できるよう早めに出発し、ああ車とめる前に楽器だけ会場に入れたいからナビは練習会場にセットして、いざ駐車場に着いたら、えっこの駐車場上限金額無いんですか、誰か他の駐車場ご存知ないですか?・・・なんて面倒をしておりましたが、今はストレスフリーで練習参加、本当にありがたいことです。

あと、団員さんの人数がとても多いです。各パート満遍なく団員さんがおられるので、本番直前でエキストラさん頼みになることなく、練習開始から本番までじっくり楽曲に取り組めます。参加されている団員さんの年代も幅広く、頼りになるベテランさんも多くおられます。運営も整えられていて、疑問はすぐに解消できます。とくに良いなと思うのは、お子さん連れで参加されている団員さんのために、託児の仕組みがあることだと思います。 他にもたくさん良いところがあると思いますが、実際に見学に来てみてわかる部分もあると思いますので、ぜひ一度八幡オケの門戸をたたいてみてはいかがでしょうか。
Cb TI
posted by 八幡市民オーケストラ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月20日

バイオリンのCT解析

CT analysis of bowed stringed instruments. (弦楽器のCT分析)
http://pubs.rsna.org/doi/10.1148/radiology.203.3.9169708?url_ver=Z39.88-2003&rfr_id=ori:rid:crossref.org&rfr_dat=cr_pub%3dpubmed

 この論文は、アメリカのミネアポリスの放射線科医が書かれたものです。研修医の時に、北米放射線学会のRadiologyという学会誌に載っているのを見つけました。
医学の本ですが、バイオリンを医療用のCTを使って検討されていて、その当時研修医ながら、放射線科って自由でいろんな先生がいるもんだなあと関心したのを今も覚えています。
それをまねたわけではありませんが、昔、自分でも指をポキッと鳴らすのをCTで撮ったりしたこともありました。
 今回ブログ担当にあたり、あらためてPubmedという生命科学や生物医学の論文の検索サイトで、Violin, CTというキーワードで検索すると6論文が見つかり、このうち3論文が実際にバイオリンについて検討した論文でした。もちろん生命医学以外での論文は複数あるようです。
今回はこのうち上の論文を書いた先生が、翌年にもう一つ書かれていた論文について主に紹介します。
Use of CT in Detection of Internal Damage and Repair and Determination of Authenticity in High-Quality Bowed Stringed Instruments 
(高品質の弦楽器の内部損傷の検出、修理と真正性のためのCTの利用)
http://pubs.rsna.org/doi/abs/10.1148/radiographics.19.3.g99ma09639
こちらから全文は読めると思うので興味ある方は、読んでみてください。

この2つの論文は放射線科医と楽器の専門家によって書かれています(そんな組み合わせみたことありませんが) 。
最初に紹介した論文では、学生が使う楽器からストラディバリウスまでの楽器の表板と裏板の曲線や厚さ、輪郭を定性的定量的に評価し木の密度も測定しています。
そしてこの論文では、1633年から1872年までに作られた14丁のバイオリンと3丁チェロをCTで撮像しています。これより前に、X線写真でも検討されたものはあるそうですが、CTを撮ることによって楽器の内部構造に固有の定性的情報および定量的情報の両方を得られ、高解像度の薄い画像のCTスキャンは、表板、裏板ののエレガントな曲線(archings)と変化する厚さ(目盛り)と、楽器の穏やかな湾曲した輪郭を明らかできるとのことです。1本目の論文で表と裏のプレートの厚さと減衰のCT測定値が実際の木材厚さと木質密度測定値とよく相関していることを示しました(P <.001)
撮像するときには、アーチファクトになる金属の部品(G線や顎当ての金具など)を外して撮像したとのことです。バイオリンは1mmスライス厚で、チェロは10mmスライス厚で撮ったとのこと。バイオリンがCTの寝台の上に乗っているのはなんとなくかわいいですが、チェロが寝台の上に乗っているのはなかなか迫力がありそうです。
結果としては、どの楽器も様々な程度の損傷や修復が検出されました。またどの楽器でもニカワを用いた修理跡があったとのことです。また虫食いもあったそうです。Anobium domesticum?というカブトムシの仲間?によって虫食いがあるそうです。あまり聞いたことないのですが、日本でも虫に食われることあるようですね。
また損傷では、温度や相対湿度の急激な変化によって生じるともあり、航空機に搭乗でも生じるともこの論文には書いてあります。
著者らはCTを撮ることによって、目視検査では不明であったり、過小評価される損傷や修復が検出されると言っています。
また、木目パターンがわかり、偽造や紛失、盗難された場合には有用かもしれないと言っています。
よって保険会社が保険に加入する前にCT分析を依頼することを推奨しています。
そんなに高い楽器に触れたこともなく、関係することもないので、実際に保険加入時にもCTを撮られていることもなさそうですが、なかなかユニークな研究ですね。
20年前のCTでも人間を撮るのとは違って、時間をかけたと思われ、なかなか綺麗な画像ですがしかし当時のCTではなく、現在のマルチスライスCTで撮像したらもっと綺麗な画像が撮像できそうです。
しかし今はなかなか研究対象として、患者様を対象とする臨床機でバイオリンを撮像することは難しいです。
なので、残念ですが、臨床用ではない研究用のCTや工業用のCTで撮るのが、よいようです。

以下、図は2つの論文から引用しました。
図1. 論文に紹介されていたバイオリンの解剖ではなく図です。こんなのが医学論文に載ってるって面白いですね。
図1.jpg
図2 3,ストラディバリウスのバイオリンの冠状断像、これにより正確な複製が出来る。4a.アマティのバイオリン、4b,は生徒用のバイオリンで、表板と裏板の厚さが全く異なっています。
図2.jpg
図3.4 3.ペグボックスの虫食い像。4.チェロのスクロール(渦巻き)の部分の虫食い像(矢印)と、にかわで修理されたあと(矢頭)
図3,4.jpg
図13. a. ストラディバリウスのバイオリンの渦巻き、b. ベネチアのチェロの渦巻き。指紋のようなパターンを呈しており、楽器を同定するのに役立ちます。
 図13.jpg

文 Vn,の中の人
posted by 八幡市民オーケストラ at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月17日

オリンピックとオーケストラ

平昌の冬季オリンピック真っ盛りですね。

今回のオリンピックは、会場設営とか事前の準備など、競技以外のことで直前までいろいろとトラブルが報じられていましたが、なんとか開催にこぎつけ、じわじわと観客も増えている感じです。

私はちょうど1年前にソウルに行ったのですが、その時には空港や地下鉄、明洞などの中心街でも、ほとんどオリンピックを宣伝するようなものは見当たらなかったと記憶しています。お土産やスーパーでもあまり目立った展示はなく、ニュースなどを知らなければオリンピックが1年後に開催されるとはわからなかったでしょう。
あくまで開催都市が違うとはいえ、外国からの玄関口となるソウルでこういう感じなのは少し意外でした。

実は、その30年前、1987年の夏にも韓国に行きました。1987年といえば、その翌年に開催されたソウルオリンピックのちょうど1年前ですね。
(余談ですが、これが私の初めての海外旅行で、いろいろ体験させてもらいました。北にも足を踏み入れましたし)

状況は今回と同じなのですが、街の雰囲気は全く異なっていました。空港や町中にはオリンピックの広告がたくさんあり、市場やお土産物屋でもマスコットキャラクターのホドリを使ったものがたくさん並んでいた印象があります。何か、国中挙げてオリンピック開催を喜んでいる感じを受けました。

今思えば、ソウルオリンピックの頃は、ようやくオリンピックが開催できるまで成長を遂げた、という喜びがあり、その姿を世界の人に見てもらいたい、認知してもらいたいという自負があったように思います。しかし現在では、もはやある程度発展も遂げ、国で一丸となって国外の人に見てもらいたいというほどの熱意は失われているのではないか、と感じています。

振り返ってオーケストラでの演奏会のことを考えると、これと似たような状況があるかもしれません。オーケストラや個人が生成発展段階で、どんどん熱意が高まるときには、自然と聞いてほしい、見てほしいという意欲が高まり、外部に対するプレゼンスもそれに比して高まっていくようですが、熱意がないと外部のお客さんまで伝えることはなかなか難しいように感じます。これは演奏の質やレベルと必ずしも一致しないのですが、何か「勢い」というものが盛り上がるためには必要だと思います。

このようなリレーブログは、読者の皆様にはどのように届いているのでしょうか。
まだまだ「勢い」をつけるには足りないかもしれませんが、これからさらに勢いがつくような熱量ある活動、イベント等を皆さんにお届けしたいと思っています。ご期待ください。

(文:ミートボール)
posted by 八幡市民オーケストラ at 13:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月21日

「夢」

八幡オケの皆さんは子供の頃から、もしくは学生時代から楽器を始めた方が多いのですが、私は皆さんと違い、バイオリンを始めたのは子供が出来てからでした。バイオリンという楽器は敷居が高く、並々ならぬ努力を要し、そしてそう簡単に上達させてもらえない、そんな楽器だと思います。挫けそうになりながらも続けて来れたのは、ただ「好き」という気持ちがあったからだと思います。念願の夢であった八幡オケに入ったのは5年前、今でもオーケストラについて行くのは大変ではありますが、人と合わせ合奏する事の素晴らしさを日に日に実感しています。

次回演奏会の曲はチャイコフスキーバイオリン協奏曲です。演奏会経験がなかった私にとってはその曲は夢のまた夢でした。何故ならば、誰もが知っている曲はなかなかやってくれない八幡オケでは、きっと無理だと思っていたからです。夢って願い続けると叶う事もあるんですね。人生、捨てたもんじゃないんだなぁとつくづく思います。

このような素人の私にも嫌な顔せず、お付き合いくださる優しい八幡オケの皆さん、ありがとうございます。

ひとつひとつ前に立ちはだかる壁は高いですが、少しずつ乗り越えて行くとまた新しい世界が見えて来るんですね。次の夢は何にしようかな?と、思ってる自分にワクワクしています。

Vn S
posted by 八幡市民オーケストラ at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月23日

ソロのお楽しみ♪

お楽しみシリーズ ( 勝手に作りました ) 第3弾はソロです。
普段はオーケストラの中の 1 人で、それも楽器はヴァイオリン。常に同じ楽譜を 10 人以上で演奏しているので、大きな声では言えませんが、まあ弾けないところがあっても、ぶっちゃけ私以外の誰かが弾いてくれる訳でして…( ゴニョゴニョ ) 。
小節を数え間違えて迷子になっても、トップの方が前で合図を出してくれるし…(さらにゴニョゴニョ)
そんなオーケストラ生活を長年謳歌してきた私に、ソロで弾く機会がやってきました。数年前より習い始めた先生のヴァイオリンの発表会です。発表会といえども、人前で、それも1人で弾くことなど、これまで縁のなかった私にとっては、さあ大変、これは一大事です!!

まずは曲決め。何を弾きたいという意志すらなく、先生に勧められるままに曲は決めました。大人しく恥ずかしがり屋の私(本当です!)にとってはハードルの高い情熱的な曲で、本当に弾けるのだろうかと不安でいっぱいでした。

・ゆっくりのテンポで練習する時もフレーズはちゃんと感じて。
・最終的に飛ばす奏法のところも、最初はしっかり音を響かせるところから。
・オーケストラのようなPPの弾き方だとソロは全然聞こえない。音色で変化をつけて。
・難しいところこそ積極的に行かないと、気持ちがひるんだら弾けないよ。

などなど、先生からはたくさんのアドバイスを頂きましたが、一番印象に残っているのは、
「もっと自由に表現して!!」のお言葉です。
私が1人で弾く曲です。どんな風に演奏して、どんな曲にしたいのか、自分で考えて、もっと自由に表現の幅を広げないといけませんが、弾くのが精一杯でなかなか広がりません。う〜ん、難しい(泣)

仕事やオーケストラや家事の合間に少しずつですが練習を重ね、ついにピアノの方と合わせる日が来ました。初合わせの時は、どこに立って弾いたらいいのかもわからず、タイミングも取れず、私が弾けないと当たり前だけど曲は止まるし、ピアノと一緒だと自分の音程の悪さはよくわかります。
そんな状況でしたが、ふと思いました。
これ、もしかしたら楽しいかも〜!!
これまで必死で練習して来た曲を、ピアノと合わせて弾くことは、想像以上にものすご〜く気持ちよかったのです。本番は緊張しましたが、その場にいる人が全員私の音を聴いてくれている、という状況にこれまたぞくぞくしてしまったのです!!
そのぞくぞく感を忘れられず、今、3 回目の発表会の準備を始めたところです。2回目からは曲は自分で決めました。自由に表現できるようには、まだまだなっていませんが、長い期間、1つの曲の全ての音と向き合って、それを人様の前で弾くことは、大変だけど、楽しくて♪楽しくて♪
すっかり病みつきになってしまいました。

ソロを経験してから、オーケストラで弾くときも、これまであまり考えずに弾き散らかしていた音符に対して申し訳なかったなと思うようになりました。
どんな音が出したいか(→今年の八幡オケのテーマです!)どんな表現をしたいか、考えるのはソロもオーケストラも一緒だと今更ながら気づきました。ということで、まずはコッソリと弾いているフリをするのは、もう(なるべく)やめようと心に誓ったのでした。

邪悪なVn弾き
posted by 八幡市民オーケストラ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月10日

アンサンブルの楽しみ パート2


ブログの依頼があり、最近いろいろと考えていた「感動する音楽」について書こうかと思いましたが、過去の検索をしてみたらなんと6年前に今の思いとほとんど同じようなことを投稿していました。よろしければ、こちらも読み返してみてください。
 ⇒ http://yawata.sblo.jp/article/47128454.html
 というわけで方向性を変えて、12月1日投稿のホルンUさんに引き続き、私も大好きなアンサンブルの楽しみについて書いてみます。ホルンさんは同じ楽器でのアンサンブルの醍醐味を書かれていましたが、私は異なる楽器のアンサンブル、木管五重奏の魅力を紹介します。
 ご存じの通り、室内楽やアンサンブルといわれるジャンルには、弦楽四重奏、ピアノ三重奏、金管五重奏など様々な編成があります。なかでも弦楽四重奏はクラシックのアンサンブルの代表的な編成で、ハイドン、モーツアルト、ベートーヴェン、シューベルト、ドヴォルジャーク、ショスタコーヴィッチなど名だたる作曲家が、世に残る名曲を作曲していますね。曲の構成もしっかりしていて、その音楽的内容も崇高なものが多く、まさに純音楽の極みとも言うべきものだと思います。これに対して、木管五重奏は正反対の位置あるように思います。古典的なものではダンツィ、レイハが多くの作品を残していますが、その後はタファネル、イベール、ミヨー、フランセ、ボザなど近代フランスの作品が多く、ニールセン、ヒンデミット、ヴィラ=ロボス、バーバー、リゲティなど、近現代の様々な国の作曲家も作曲しています。しかし弦楽四重奏の作曲家と見比べると超有名どころというわけにはいかず、やはり対照的な印象です。曲の内容もディヴェルティメント的な楽しく軽い感じの曲が多いです。
 一般的に木管五重奏といえば、フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴットという楽器編成になります。この編成が絶妙で木管五重奏の最大の魅力だと思います。ホルンが入っているので「木管」というのは少し違和感もありますが、言い換えれば笛五重奏でしょうか。横笛、縦笛、それに角笛。この五種類の笛は単に音域が違うだけで無くその発音形態や構造も大きく違い、つまり音色が全く異なります。弦楽四重奏はほぼ同じような形、発音形態の楽器の集まりなので、音色や表現も非常に似通っていてその溶け合ったような響きが魅力のひとつです。金管五重奏も楽器の形が円筒形と円錐形で多少の音色の差はあるにせよ、振動源は同じなので調和のとれた響きがします。これに対して木管五重奏の楽器を振動源と共鳴系で分類すると、無簧開管楽器(フルート)単簧円筒管楽器(クラリネット)複簧円錐管楽器(オーボエ・ファゴット)それに唇簧円錐管楽器(ホルン)ということになります。こんなことを説明するまでもなく、誰が聞いてもその違いが分かる五つの音色で作るこのアンサンブルは、あたかも五色の糸で織りなす織物のように鮮やかで色彩豊かです。赤、黄、青、白、緑などの糸が、時に赤が主張し、次には緑が目立って、また時には黄と青が絡まり合い、そして五色が綺麗に織り重なって遠目にはひとつの色に見えるようなハーモニーをつくっていきます。それも、色のバランスによって虹や日が沈む夕暮れの色のように変化していくのです。
 こんなに素敵な木管五重奏を私が初めて経験したのは、大学オケの先輩に誘われたときなのでもう30年以上前になります。すぐにその楽しさの虜になり、卒業後も大学オケのOBを中心に「Ensemble Closque(アンサンブル・クロスケ)」というグループを組んで、当時京響ファゴット奏者であったの森先生のところにレッスンに通い、発表会にも出たりしていました。その後は転勤先の名古屋で所属していたオーケストラのメンバーで「Ensemble Sanpole Academia(アンサンブル・サンポール・アカデミア)」という木管五重奏+ピアノのアンサンブルを結成して十数年活動してきました。ほんとうにアンサンブルを楽しむには、やっぱり同じメンバーで長年続けるに越したことはありません。時間と共にメンバーもの癖も分かってくるし、アンサンブルとしての方向性や音色も固まってきます。でも、仕事の都合や家庭の事情、そして何よりも気が合わないということで、同じメンバーでのアンサンブルを続けることはなかなか難しいようです。Ensemble Sanpole Academiaでは、練習のスケジュール調整や場所の手配、本番の段取りなど大変なことはたくさんありましたが、音楽的な方向性が合うメンバーと奇跡的に出会えて、その同じメンバーで十数年も続けられたことは本当に幸せなことだと思います。昨年夏には第10回記念演奏会を名古屋の熱田文化小劇場で開催しました。ピアノと木管のための五重奏曲(モーツアルト)、サマーミュージック(バーバー)、3つの小品(イベール)、六重奏曲(プーランク)そしてアンコールに安らぎの時間から神経質な子供(フランセ)というプログラムは結成当時では考えられなかった名曲難曲揃いですが、継続は力なりとはよく言ったもので良く出来たものだと自分でも感心しています。
 さて、先月25日に開催された八幡市民オーケストラの室内楽発表会でも、木管五重奏を演奏しました。練習回数が少なくやや不完全燃焼気味ですが、このメンバーでのアンサンブルも楽しく、私のアンサンブル人生でまた新たな1ページが始まった予感がします。これからが楽しみです。

クラのゆうすけ
posted by 八幡市民オーケストラ at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月01日

アンサンブルの楽しみ

ホルンUです。
いつのまにか40年もの歳月をホルンと付き合っていることに先日気がつきました。汗

さて、我がホルンパートは室内楽演奏会には必ずパートアンサンブルで出演しています。
このところずっと6人なので6重奏をやるのですが、実は6人用の楽譜はあまり出版されていません。
あるにはありますが、4とか8よりは明らかに少ないのです。
まあなければ作ろうということで毎回パートの誰かが6重奏用に編曲します。
まあどうせ編曲するならジャンルに関係なくやりたい曲をやるか、とけっこうムチャな曲を選び、
「うわーこんな楽譜吹かれへんわ」と笑いながら練習するのがとても楽しいです。
更に言うと固定メンバー用に編曲するということは最初からどのパートを誰が吹くか
わかっているわけなので、メンバー各人の個性を活かした編曲が可能です。
メンバーそれぞれに得意な音域や表現方法があるので、そこを少し(いや、かなり)攻めるというか拡張するわけです。
その結果パートメンバーから「吐きそう」(筆者註:原文は「げー出そう」)「唇切れそう」
「(息継ぎできなくて)酸欠になるから休符求む」などの生温かいお言葉をいただくことになりますが
そこを笑ってスルーして毎回本番まで突き進むのも、パートアンサンブルの醍醐味のひとつと言えるでしょう。
先日開催した今年の室内楽演奏会では懐かしの吹奏楽名曲を2曲演奏しました。
普通の金管5重奏に匹敵する5オクターブ近い音域を使い、原曲ではサックスパートにあるアドリブソロ風の楽譜も
そのまま盛り込むという相変わらずの無理やりな楽譜だったため練習ではいろいろ不服の声が出ていましたが
これも相変わらず笑ってスルーし、本番はけっこう楽しく演奏できました。

さあ、次も無茶しますよ。笑
ホルンU
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記