2018年11月10日

初見大会の魅力

来る11月10日は、八幡オケの初見大会があります。「初見大会」とは何かというと、一つの演奏会が終わって次の演奏会の練習が始まるときに、次回用の新しい曲を初めて合奏するときの練習をいいます。あ、他のオーケストラではそんな呼び方をしないかもしれませんが、少なくとも八幡オケではそのように呼んでいます。
最近は、初見大会より前に楽譜を配っていただけることも多くなりました。「初見」というのは、楽譜を初めて見て演奏することをいうので、事前に配られた場合は、厳密には「初見大会」ではないということになります。しかし初見ではとても演奏できないような曲が多いので、事前に準備できるのはありがたいです。
難度の高い曲は、初見大会で「通る」(途中で止まらずに最後まで演奏できる)のはなかなか困難です。なんとか通せるように、指揮を担当する団内トレーナーは、演奏前に、テンポの変わり目の箇所や、合わせるのが難しい箇所について振り方を説明してくれたりします。
練習を重ねるごとに、音量のバランスを整え、曲の進め方や歌い方をみんなでそろえていくのですが、初見大会の段階では、「とにかく音を出そう」という感じで音量のバランスが悪かったり、その曲の演奏経験がある人が前回演奏したときのノリやテンポを今回も再現しようとして指揮とずれてしまったり、弦楽器のボウイングがまだ定まっていなかったりして、人によって、パートによって、さまざまな歌い方があちこちに渦巻いているように感じます。そして残念ながら落ちる(音を出すべき箇所で、何らかの理由で音を出せていない状態)こともよくあります。それはまるで初見との闘いのようにも思います(そういえば「たいかい」と「たたかい」は似ている)。
でも、初見大会の場では、多少の「ヤンチャ」や失敗は許されるという空気があるような気がします。そのあたりが「闘い」とは違うところで、懐の深さがあります。また、演奏会本番のあとに練習が1〜2週休みになりますが、次の演奏会に向けて、また久しぶりに団員が結集する練習ということで、やはり「大会」という語がふさわしいようです。
次の演奏会で演奏する曲は、ブリテン/青少年のための管弦楽入門、プロコフィエフ/「ロメオとジュリエット」組曲より、ブラームス/交響曲第1番と、いずれ劣らぬ名曲ぞろいで、ドラマチックなプログラムです。(通すのは難しそうですが)楽しい初見大会となりますように。
Va ト音記号苦手だ
posted by 八幡市民オーケストラ at 07:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月28日

第52回定期演奏会について

演奏委員としてブログを書いて欲しいとの依頼を受けました。いつも演奏会後の叱咤激励コメントを委員長、副委員長から頂いておりその代りにはなりませんが、私なりの第52回定期演奏会の感想、今後の取り組みへの思いを書いてみました。
まずアマチュアのオーケストラとして一つのプログラムを半年間練習できるのは贅沢なことで、曲を理解して、ほとんどの場合会ったこともない作曲者とは時に戦い、時に寄り添って、演奏を作り上げて行くことは至上の喜びです。
今回の演奏会の前半はベートーヴェンの交響曲第8番とドヴォルザークの「アメリカ組曲」。ベートーヴェンの颯爽とした格好よさと、ドヴォルザークの眼前に浮かぶかのごときボヘミアの風景(行ったことないけど)の対比が良かったですね。練習の過程で、ないものねだりとは分かりつつも、目の前の楽譜から離れて、生まれてくる音楽そのものに浸れる演奏技術、表現力、曲想への理解、があればいいのにと常日頃思っていました。本番直前、指揮者の三河先生に導かれるように皆のベクトルが揃いました。もっと早く完成度が上げて曲を楽しめる時間が増やしたいところです。
メインはバルトークの「管弦楽のための協奏曲」、このところ、シュトラウス/英雄の生涯、ラフマニノフ/交響的舞曲と難曲が続いてきた中で、改めて課題を突き付けられた思いがしました。それは、「私達はテンポの変化に弱い」ということです。走り出したら急に止まれない、変拍子でステップをひとつ加えると飛ばしそうになり、ひとつ飛ばせばつんのめります。加えて出番が常にトリッキーで入りを間違いそうなところも多く、これほど本番スリリングな演奏になったのは初めてでした。奏者としての個人的な感想ですが、5楽章は幾度となく訪れる危機をしのぐのに必死でとても音楽に浸る余裕はありませんでした。終盤、自分の演奏が大勢に影響がなくなってから、つまり少々音を外しても大丈夫となった後のフィナーレ、加えてアンコールのルーマニア民俗舞曲の流れは夢中になって吹くことができ、心底楽しむことができました。この楽しむと言うのが実に大切で、練習時から楽しむことができれば、本番はより生き生きと演奏できるのではないかと考えています。
このところ個人練習の際に心がけていることとして、自分のパートを練習しながら、周囲のパートを思い浮かべるようしています。流れに乗ることや、和音の吹き方など、いい練習になるのですが、バルトークのように複雑な曲は吹いているうちにこんがらがって脳内から血が出そうになるのが難点。でも2,3回の練習で本番に臨むプロのオーケストラと異なり、練習期間は十分にある私達です。一度、団員のみなさんもお試しになられてはいかがでしょうか。
最後に、演奏会当日は秋空が綺麗に晴れ渡り、芸術の秋にふさわしい気候の中、演奏会が開催できたことがとても喜ばく感じました。この夏は地震や台風の襲来が重なり、練習時間の確保にも苦労しましたが、改めてオーケストラの中で演奏できること、多くのお客様にお越しいただき、時間を共有できたことを感謝します。

M君
posted by 八幡市民オーケストラ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月13日

世界のビール八幡オケ52回定期編

演奏会直前なので、打ち上げの練習を兼ねてビールのはなし。
今回のプログラムは、バルトーク、ドヴォルザーク、ベートーヴェンを取り上げるのですが、せっかくなので、彼らの曲にどんなビールが合うのかを考えてみました。

ベートーヴェンとお酒ということであれば、ベートーヴェンの死因が肝硬変だったらしいとか、ベートーヴェンが安い赤ワインばかり飲んでいたので粗悪な甘味料に含まれていた鉛のせいで健康が害されたらしいとか、死ぬ間際にわりに良い白ワインが届いたもののもう呑めなくて悔しかったらしいとか、なんかそんな話ばかり聞き覚えがあるのですが、あんまり演奏も美味しくなりそうにない話題なので、旨いビールを探しましょう。ボンには「ボンシュ」という地ビールもあるらしいのですが、うーん、どっちかというとウイーンの居酒屋の方が8番の気分?というわけで、こんなのを。「サミクラウス(サンタクロース)」という、度数は高いけれど熟成の薫りが味わえるビール。
グラフィックス1.png

聴力の障害の本当の辛さは孤独である、と聞いたことがあります。ベートーヴェンという人、ただでさえちょっと難儀なところがあったようですから、コミュニケーションに不自由が生じてからはどんなにきついことだったでしょう。それなのに、8番のシンフォニーを弾いていると、それでも美しいものを肯定できる愉しみを感じます。3楽章の冒頭なんか、ジョッキを傾けながら、の感じが出るといいですよね。

さて続いてドヴォルザークの「アメリカ組曲」。
アメリカに渡ったドヴォルザークが、そこで得た新鮮な感動を音に描き出した作品ですが、といっても「バドワイザー」じゃ雰囲気でないし。ここは、新大陸でもボヘミアからの入植者の村を訪問して故郷を懐かしんでいたドヴォルザークに合わせ、チェコといえば!の「ピルスナー・ウルケル」。
グラフィックス2.png

私たちの知っているビールらしいビール、ピルスナービールの元祖です。綺麗な水と豊富なホップに恵まれたチェコならではのこのビール、知識なく飲んでも「これがビール!!」って思うところは、初めて聞いた人にも「これがクラシック音楽よね♪」と思ってもらえるドヴォルザークの曲にぴったりです。黄金に色付いた麦畑の上を渡る風と清涼な水を湛えたヴルタヴァ(モルダウ)川、たわわに実るホップに思いを馳せながら演奏する、というのはいかがでしょう。

メインのオケコンですが。。。困ったことに、バルトークは食生活全般にストイックな人物だったようで、家人が「あらお酒が無いわ」とこぼしたら、「蛇口をひねれば水が出るじゃないか」と言ったとかいう、酒飲みには嬉しくない逸話が。しかし、呑む楽しみがなくては何のための細かい音符でしょう。そこでハンガリーのビール、と思ったんですけど知らない。ビールの本にも載ってなくて、やっぱりワインの国なのかなぁ、と頑張って検索したら、こんなのが。「トーマス・メナー」、1701年にこの名前の人が作ったビール(現在は復刻版)だそうです。
グラフィックス3.png
復刻版というのも、父祖の歌を20世紀の声で歌うこの曲に向いている感じ。もうひとつ、この曲は、田舎の楽しい旋律をシンプルに並べた組曲ではなく、協奏曲として書かれています。ということは、健康飲料を飲んで英気を養わねば、オケと丁々発止のやり取りはできません。木管楽器が思わず答えてしまうような弦楽器の音を湖の向こうに届けるには、ウーロン茶など飲んでお茶を濁している場合ではないのです。落涙必至の旋律ですが、酔っ払う前に各セクション心して闘いましょう。これで緊密なアンサンブルも乗り切れるはず。5楽章も任せてください。
Vnばば
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月29日

私が頻繁に遅刻してくることについて

皆様ご存知かと思いますが、私は練習開始から1時間以上遅刻してくる日が約半分を占めています。一部事情を知らない方々のために、詳細な理由をこの場を借りて説明させていただきたいます。
遅刻の理由は、職場の勤務シフトによります。その勤務先は、何と遠く離れた彦根市です。ここで17時半まで勤務し、18時に彦根市を出発し、一旦自宅に戻って楽器を積み込み、車で練習に向かっています。到着時間は早くても19時半過ぎとなり、このような現象が起きてしまうことにあります。
直で車で向かった方が早いと思う方もおられると思います。しかし、前々回の本番前日にこの方法を取ったところ事故渋滞に巻き込まれ、ほとんど練習に参加出来なかった苦い思い出があります。
一部の方は、動画投稿の活動で遅刻しているのではないかという疑念をお持ちかと思いますが、一切そんなことはございません。これだけははっきりと申し上げます。

誤解されることを懸念し、今回は敢えてこの内容とさせていただきました。今後ともよろしくお願いいたします。
橋下怜補
posted by 八幡市民オーケストラ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月16日

赤ベルへのあこがれ

自宅で原稿を書いている外は台風21号の雨風が容赦なく壁を叩きつけています。
 近年プロ・アマを問わずトランペットは銀色の楽器が主流です。
 金管楽器に使われている金属は「真鍮」と言って銅・亜鉛の合金です。それぞれを混ぜる比率によって音の質が変わります。特にトランペットは先端の朝顔(ベルの部分)の材質が音質に大きく影響します。一般的に亜鉛が多いほど黄色っぽく、輝かしい響きになり、
銅が多くなると柔らかく温かみのある響きになると言われています。通常は保護のため薄いラッカーをかけるのですが、今主流の「銀」は外側に銀メッキをしたものです。他にも金メッキとかありますが、銀メッキをするとしっとりとした響きになるため、最近のオーケストラでは良く用いられています。
 日本で最初に本格的なトランペットが作られたのが(記憶をたどると)ニッカンの「インペリアル」という楽器で確かにベルは赤かったと思います。その後ヤマハから「プロモデル」が出され、プロ仕様の「カスタム」と引き継がれていく段階でいつしか赤ベルは製造されなくなりました。中学時代吹奏楽部で安物の学校備品を吹いていた頃、高校に行った先輩が持っていた「ホルトン」の赤ベルにあこがれ、いつかは自分の赤いベルを持ちたいと夢見ていました。
 大学を出て就職し、ようやく給料を貯めて自分の楽器を買えるようになりましたが、すでにヤマハはイエローブラス(黄色)中心で、仕方なくレッドブラス系のシルバーを購入しました。当時はヤマハばかり吹いていましたが、軽くて鳴りが良いのですが何となく音色に不満を感じていたところ、習っていた先生からフランスベッソンでカンスタルモデルがとてもいい響きがするよと勧められ、銀メッキでしたがその温かい響きが気に入って早速購入しました。
 しばらくこの楽器に助けられましたが、ある時ベッソンにいたカンスタルが独立してアメリカでカンスタルブランドとしてプロ仕様の赤ベル(ラッカー)を制作していることを知りました。でも私が欲しいC管が日本では人気が無く、大手楽器店では入手できない状態でした。あきらめかけていた時、たまたまウェブで中古楽器という店の倉庫にC管のカンスタル(未使用品!)があることを知り、東京出張の折にいそいそと新大久保まで足を延ばし、試奏してみると、私が求めていた響きがしました。早速その場で購入し持ち帰りました。
 この楽器はなかなか思うように大きな音が鳴ってくれなかったのですが、(おそらくヤマハが製造をやめた理由がここにある?)最初からppは遠鳴りのする暖かい響きを得ることができました。この楽器は今も大事に持っています。今回のバルトークでも使用しますが、銅の比率が多い(通常7割前後が赤ベルは9割程度)ためベルのあちこちがへこんでいます。
 吹き込んでいくうちにffも良くなるようになりました。(Fgの皆さんうるさくてすみません)折角手に入れた赤ベルです。長く使っていきたいと思っています。

Tp はやし
posted by 八幡市民オーケストラ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月01日

離れて初めて気付いた大切さ

八幡オケに入団してから約5ヶ月が経ちました。経験豊かな団員の皆さんとの演奏は本当に楽しく、毎週土曜日の夜は、私にとって特別な時間になりました。八幡オケのお陰で人生が豊かになり、「フルートを続けてきてよかった」と、心から思います。

フルートとの出会いは小学2年生の頃でした。暇さえあればリコーダーをピーヒョロピーヒョロ鳴らしている私を見て、「そんなに笛が好きなら」と、両親がフルートを与えてくれました。しかし、いざ始めてみると、酸欠になるわ肩は痛いわで練習が全く捗らず、レッスンではフルートを振り回してチャンバラごっこを始める始末。ついに優しい先生の堪忍袋の緒が切れて、ガムテープで手首をグルグル巻きにされてしまうほどでした…。それでも、友達からの「フルート習ってるのー!?すごーい!」という言葉が嬉しくて、なんとなくレッスンに通い続けました。

中学に入り、人気漫画「ワンピース」に登場する剣士ゾロに憧れて「剣道部に入りたい!」と意気込んだのですが、友達に連れられて吹奏楽部へ。楽器決めの際、顧問の先生から「フルート習ってるんかー、じゃあフルートパートやなー、体格的にはトロンボーンとか吹いてほしいねんけどなー」と、ブツブツ言われながら、フルートパートへ。

高校に入り、世界的オーボエ奏者宮本文昭さんの甘美な音色に憧れて「オーボエを吹きたい!」と意気込んだのですが、すでに仮入部中のオーボエ希望者がいたため、先輩に勧められるがまま、フルートパートへ。

こうして約10年間、のらりくらりと続けてきたフルートでしたが、別れは突然やって来ました。

大学に入り、オーケストラのフルートパートが定員オーバーだったこともあり、「弦楽器を弾きたい!」と意気込んでヴィオラパートへ。ヴィオラパートの皆さんは優しくておおらかで素敵な方ばかりでした。数ヶ月経ち、ヴィオラの魅力に気付き始めた頃、ふと「このままフルートをやめていいの?」という疑問が湧いてきました。思い返すと、嬉しい時も悲しい時も、いつも傍にフルートがありました。知らぬ間に、フルートは私の生活の大切な一部になっていたのです。この時初めて、自分の意志で「フルートを吹きたい!」と思い、勇気を出して他大学のオーケストラの門を叩き、その後フルートに没頭しました。

この、他大学のオーケストラでお世話になった先輩が、八幡オケを紹介してくださり、今があります。あの時フルートと離れていなければ、八幡オケの皆さんにも出会えていなかったかも知れないと思うと、ゾッとします。これからもフルートを大切にし、フルートを通じて広がっていく世界を楽しみたいです。

フルートの新米団員
posted by 八幡市民オーケストラ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月18日

雑用という名の用はない?

今回はオケでやっている演奏以外のお仕事のことを書こうと思います。

【書類仕事】
新しい定演の練習が始まると同時にまず着手するのが申請書の作成です。共催や後援を依頼する行政・教育機関などへ、それぞれ指定の書式で申請書を作成します。毎回定型の書式ですが、全部合わせるとそれなりの枚数になります。

春の定演の場合、同時に年度末の活動報告書類、年度初の活動計画書類作成もあります。過去1年間、または今後1年間にオケが開催、参加のイベント、参加者数、観客数、予算決算などを関係者の方々から情報をもらって書き連ねます。

【合宿】
申請書提出が終わると、次は合宿に向けた準備です。まずは、合宿係さんのお願いから。パート、男女、ベテランさん/係未経験者などがなるべく偏らないよう人選をさせていただきます。合宿係になったみなさんは細かいところまで考えて動いてくださるので、合宿係を引き受けていただき、やることを説明したらほっとひと息です。でも毎回のように突発的な懸案事項が何か発生するので油断なりません。

また、次回の合宿の予約をするのを忘れてはいけません。現地で予約の書面を取り交わしたり、合宿先の担当者の人と交渉をしたり、というのを練習の合間にします。1日目練習後の「懇親会」あたりまでくると、何とか今回の合宿も無事終わるかな〜という気持ちになって、ちょっと肩の力が抜けてきます(そしてたいがい飲み過ぎる)。

【本番関係】
合宿の頃から、同時進行で本番に向けた準備を始めます。本番の役割分担を決めさせていただき、花束渡しや影アナ、打ち上げの司会など「ソロ」の係の人には個別に声を掛けてお願いします。

大曲の場合、裏方要員が足らなくなり、外部のスタッフ派遣会社に依頼することもありますが、見積依頼、当日の受け入れ、マニュアル作成などけっこう大変になります。たまにご家族、知り合いのかたを花束や影アナに…と申し出て下さる方もいて、そういうときはとても嬉しいです。

あとはひたすら細かい準備です。ホールとロビー関係の打ち合わせ、花束の手配、備品の確認、アンケート記入用ペン買い足し、アナウンス原稿作成、当日の貼り紙準備、などなどなど。(個人の練習時間もそれなりに圧迫されます!)。

演奏会が終わると急いで撤収です。一番最後まで残って、ロビーや親子室などの最終撤収確認をします。この頃にはもちろん誰もいなくなっていて、ひとりでホールのあちこちを点検しながら歩いていると、ロビーや客席がお客さんで賑わっていたほんの少し前の時間が夢だったように思えてきます。帰り際に舞台袖を通り抜けるころには舞台上ではひな壇が解体されていて、それを見ていると、その日のみんなの熱演や、初見大会からの練習の日々のことがいっぺんに思い出されます。そうしてちょっとしんみりしつつ、ロビー対応や裏方をしてくれた皆さんにいっぱいお礼を言おうと思いながら打ち上げに向かいます(そしてまた飲み過ぎる)。

本番が終わると、演奏会の報告書作成が待っています。年末年始には総会もあります。そして、そうこうしているうちに次の演奏会に向けた仕事が始まり(冒頭に戻る)、というサイクルを繰り返しています。(他にも細かい仕事はありますが省略!)

これらの仕事は、演奏に直接関わる部分ではないので、適当にやっていても何とかなるものかも知れませんが、合宿は演奏のレベルアップや団員の交流の大事な機会、本番の日はなるべく演奏に気持ちを向けられるように段取りしておきたい、と考えるとなかなか気は抜けません。うまく回るようにちょっとずつ改善しながら、そしてなるべくひっそりと活動する日々です。

いろいろ縁の下
posted by 八幡市民オーケストラ at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月05日

ハイクオリティな合宿宴会

この4月,初めて八幡オケの合宿に参加した。

通常、どこのオケも本番の1ヶ月ほど前に開催される。

曲を仕上げていく重要な過程であると同時に、日頃接する機会の少ない団員ともコミュケーションがとれる貴重な機会。

1日目練習終了後のお約束の宴会、

宴会部屋に入っていきなり床一面にブルーシート敷いてあるのにはドン引きしたけど…。

平均年齢が若干?高めのオケ故、私(40代後半)と似通った年齢層の方も多いからか、(いや、若い人たちもちゃんとそれなりにいてます。)

若い世代の多いオケと違って、アテとアルコールのクオリティが結構高い。

いや、決して若い世代の多い宴会が悪い言うてるわけちゃうよ、

でもな、おっちゃんおばちゃんは揚げもんとかスナック菓子とかよう食べられませんのや。

アルコールも、加齢のせいか量が飲めなくなってきてますねん。

口もよう肥えてきてるから、美味しいもんがちょっと食べられたらそれでエエ。

ブルーシートの上に並べられたテーブルの上には、団員の皆さんによる質と技の高い手作りのアテが並んでて、感動もん。

ワインも皆それぞれ持参していて、ワインボトルが何本も並ぶ並ぶ…。

美味しいアテをいただきながら色んな味を飲み比べ。

あー、ホンマに幸せや♡

2日目のことも考慮して12時でとりあえず一次会はお開き。(もう若い子みたいに朝までなんて飲めない私はそのまま布団へダイブ。)

アルコール性健忘症にもならず、体調も特にしんどくもなく、次の日を迎えることが出来た。

次回の合宿宴会への反省点としては、

@マイお取り皿を持って行く。(皆さんと同じ紙皿使ってたらどれが自分のお皿か分からなくなってしまった…)

A持参されたワインが圧倒的に赤ばかりだったので(私も含む)、次回は暑い季節でもあるし、白を買って行こう。(冷蔵庫があることは確認済)

アテも何か美味しいモン持って行こうかなあ。但し手作りじゃないけど…。

エリザベス
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月21日

親子コンサート

7月21日に、毎週練習で使わせていただいている男山公民館で、近隣にお住まいの方々向けの親子コンサートがあります。かしこまった雰囲気の定期演奏会とは違って、親子コンサートは、子供用のゴザが敷いてあって、オーケストラのメンバーは普段着で演奏します。今年は、ルロイ=アンダーソンの「サンドペーパーバレエ」や、ビゼーの「アルルの女」から「ファランドール」などを演奏します。
聞きにきてくださる方にも楽しんでいただけるように、私たちも「スマイル」で演奏したいと思います。

ホルンM
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月08日

基礎練習と私

高校1年でオーボエを始めてン十年。恥ずかしながらきっちりと基礎練習をするということをせずに楽器を吹き続けてきました。楽器初心者だった私に「オーボ
エはロングトーンなんかしても意味ないよ」というエセ情報を与えた人がいて、ぐうたらな私はそれを真に受けました。レッスンにも通いましたが、不幸なことに先生もきっちりとした基礎練習の仕方を教えてくれず、適当にスケールやアルペジオなどの練習をパラパラッとする程度ですませていました。
少し以前に、弦楽器の友人から「練習時間を短時間しか取れない日があるけれど、そんな日でも15分間程度の最低限の基礎練習をするようにしている」というような話を聞き、一念発起して基礎練習に取り組むことにしました。基本的にはロングトーンとスケールです。最初のうちはちょっと苦痛でしたが、慣れてくると単純な練習ながらいろいろ考えることもあってだんだん苦痛を感じなくなり、そのうち楽しいと感じることもあるようになりました。効果として、「すかる」頻度が少なくなる、高音が楽に出せる、長時間の演奏にも耐えられるようになる、などを感じるようになりました。(あくまでも以前の自分との比較です、念のため。なお「すかる」とは、息を入れてもリードが振動せず、出すべきタイミングで音が出ないこと。オーボエの演奏上の大きな弱点の一つで、特に低音を小さい音で吹こうとするとよく起こります。)自分の楽器演奏技術がいかに拙いかということを実感しますが、もとが下手な分、成長することも実感できます。それに、以前は個人練習があんまり好きではありませんでしたが、最近は練習が好きになりました。
「どうして今までこれをしなかったのだろう!?」という後悔の念もわきますが、それを言っても仕方がないので、前向きに行こうと思っています。これから平均余命を超えて生きても、今までの楽器経験年数を超えて吹くことはちょっと無理そうですが、できるだけ長く吹き続けて後悔の気持ちをやっつけるために、基礎練習に励もうと思っています。
(オーボエ K)
posted by 八幡市民オーケストラ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記