2016年01月24日

呼吸法雑感

 以前このブログでヨガのことが話題になっていましたが、ヨガのレッスンでは必ずインストラクターが「呼吸を止めないで」と言います。また、周りに音が聞こえる位意識して呼吸をしましょう等々。オーケストラでは管楽器はもちろんのこと弦楽器の皆さんも呼吸をしっかり取ってアンサンブルをすることが基本のようです。

 その昔私がTpを始めたころ、先輩からとにかく思い切って沢山息を吸うことが大切であると指導され、吸いすぎて脳震盪を起こしかけたことがありました。また、プロの先生にレッスンを受けたときには息はなるべく素早く鼻から取るようにしなさいと教わり、風邪で鼻が詰まったときは何とか息が吸えるように鼻をかみながら演奏したものです(?)

 現在の奏法は不自然に息を吸うのではなく普通にゆっくりと息を吸い、大切な事は息を吐くときいかに有効に吸った空気を無駄なく楽器に吹き込むかということのようです。

 これも少し昔ですがダイビングを始めたころ、海に潜ると恐怖感から必死に息を吸おうとしてパニックになった経験があります。そのとき教わったのは、怖くなったらとにかく「息を吐くこと」。息を吐けば気持ちが落ち着くし、吸うこともできるようになるということでした。確かに人間恐怖感を覚える場に遭遇したとき、小刻みに息を吸おうとすると聞きます。息は「吸う」のではなく「吐く」ことに重要なポイントがあると思います。

 また、pppで長い音を伸ばす時や高い音を吹く時には「腹に力を入れて」が基本です。つまり横隔膜を緊張させることで小さいけれど真っ直ぐな響く音が出ますし、高い音の場合はお腹の支えで息のスピードが早まります。最近舞台に上がって緊張することが少なくなりましたが、不幸にして緊張してしまったときには@息を吐くこと A腹に力を入れること で何とか高ぶった神経を鎮めることに役立つようです。上り症の方にはおすすめかもしれません。

 都会では大気が汚れてしまっている現代、なかなか思い切って空気を吸うということが難しくなっているかもしれませんが、たまには外に出て思い切り背伸びをしながら腹一杯呼吸をしてみることが健康の秘訣かもしれませんね。

(滋賀の田舎ラッパ)

posted by 八幡市民オーケストラ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月10日

初詣

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
皆様はこの年末年始、どうお過ごしになられたでしょうか?

私はというと、新年一発目の やわた市民音楽祭で「八幡大縁起」を演奏するということもあり、団員有志数名で曲にゆかりのある石清水八幡宮に初詣に行ってまいりました。
_DSC0033.JPG
(石清水八幡宮については一つ前の記事が詳しいのでご参照ください)

雅楽演奏や破魔矢のお祓いの舞など、元来初詣文化のなかった私としてはとても貴重な体験でした。
「八幡大縁起」は、オケと合唱を以てこの「日本古来の神々を祀る」雰囲気を表現するという試みが非常に面白いと思っているのですが、今回の参拝でこのイメージを補完できたことはとても良かったと思います。

御朱印.jpg

その後さらに、「八幡大縁起」作曲者の平野一郎先生もご紹介されていたという、京都は太秦の大酒神社にも行ってまいりました。
ここには、江戸時代に建立されたという石柱があり、そこにはしっかりと「管弦樂」の文字が入っています※。
オケ人としてはご利益のありそうな神社ですね!
_DSC0058.JPG
…参拝しただけで満足しないように自戒しつつ、本年も精進してまいります。

※正式には、「蠶養機織管弦樂舞之祖神」とありました。養蚕、機織り、管弦楽に舞の神様…? 

(なお、今年のおみくじは吉でした)
posted by 八幡市民オーケストラ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記