2016年04月27日

持たない者のボヤキ

 ブログネタを探しているうちに1か月過ぎてしまいました。その間に弦トレはあるし、指揮トレは3回もあってとにかく土曜日が巡って来るのが早い!早い!今はそれゆえオケネタは濃すぎるので止めときます。そこで身近なことですが、今回はケイタイについて書きます。

なんといまだにガラケーもスマホも持たない生活をしている身なのです。ここまで普及するとさすがに同情されたり変人扱いされたりの毎日ですが、そんなに不便な生活ではありません。まずこんな個人情報の塊を置き忘れる心配はないし、電車の中やコンサートなどで突然着メロがなることもありません。まわりの人は私がケイタイを持っていないことを知っているので、待ち合わせには遅れないし、わかりやすい公衆電話のある場所を選んでくれます。家を出てしまうと連絡が取れなくなるので、変更などは早めに知らせてくれます。さらに面倒な人に捕まる心配がありません。
良いことばかり並べましたが、結構苦労は絶えません。外出して急用ができて電話をかけようと公衆電話を探しますが、この時代コンビニやスーパーに必ずあるわけではありません。500m四方に1台とか言われているわりにはいざとなるとなかなか見つかりません。かなり歩き回ることになります。夜遅くなって京阪の駅のタクシー乗り場に行ったらタクシーはなく、電話番号だけが書いてありました。自分のケイタイでタクシー呼ぶシステムのようです。この時は最寄りの公衆電話を探しながら、流しのタクシーと出会うことを期待しながら2キロくらい歩いていたら、なんと家に着きました。おかげで、足は丈夫になります。楽器を持っていれば全身、筋力アップします。
今は公衆電話がふさがっていることはまずありません。私のためにあるかのようにいつでもすんなり待たずに使えます。カードと10円玉でかけるこの電話を使ったことがない人も多いようで、駅で小学生に使い方を聞かれました。
最近自宅の固定電話に出たとたん「今どこなん?」とか「今移動中ですか?」とかわけのわからないこと言われることがしばしばあります。うちに決まってるだろ!とは言わず、「今自宅です。」と普通に答えるようにしています。固定電話の使い方がわからない人、私が教えてあげます。

Vaパート 永遠のト音記号恐怖症
タグ:弦楽器
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月20日

やわたおけなひとびと。

早いもので、前回ブログを書かせてもらってから5年ほど経過しました。
前回は、我がほるんパートの方々をご紹介しましたが、今回は、ほるん以外の方を何名か勝手にご紹介したいと思います。
「何これー、私のこと?」と怒らないで下さいっ(▼∀▼)

まずは、木管のAさん。Aさんの近くに行かれたら、そっと耳をすませて下さい。
ほんわか〜とした、自作?の歌を歌ってらっしゃることが多いです。
私はそれを聞いて、いつもほっこりしています。
穏やかな気持ちにさせて下さって、いつもありがとうございます♬

二人めは、木管のBくん。
彼は大学オケの後輩ですが、八幡オケでは敬語はおろか、私のことをちゃん付けで呼ぶという、態度の大きい?後輩くんです。
合奏中、自分がヒマな曲だと、90度ヨコを向いて座っています。
ただ、同じ係をしているのですが、色々知ってるので、めちゃくちゃ助かります。
会社がマジで大変なので、体に気を付けてね〜。

3人めは、弦楽器のC君。
C君はすっごく楽器がウマいのに、何故かエラそうじゃない。いつもノーマルなんです。
一度、上手やね〜って言ったんですが、誰もそんなこと言ってくれないから嬉しいよーって。
そういう控えめなトコ、スゴイです。
ただ、C君も大学オケの後輩ですが、敬語は使ってくれてないような??
八幡オケって、先輩後輩というよりも、家族的なカンジになれる場所なのかな?と思いました( ^-^)

他にも八幡オケには、こんな方々がおられます。

・地球上から女性がいなくなったら生きていけないであろうDさん
・地球上からビールが無くなったら生きていけないであろうEさん
・火の鳥が吹けたらオケやめると言いつつ、10年以上前に実現してからまだご健在のFさん(まだまだいて下さい!)
・女の人のことも好きでよく抱きついている、ちょっとヘンタイ?だけどカワイイG子ちゃん
・学生の時からシャツの襟を立てて、今でも爽やかなんだけど、ケータイに縛られるのが大キライなH君

……と、いろんな人がいます。

オケ外の方がもし読んで下さっていたら、こんなメンバーがいる八幡オケの演奏、ゼヒ聞きにいらして下さい!
プロコの5番です!←私の永年の夢(*´∀`*)

話がそれますが、指揮の森口先生とは、昔旅行で長野の山奧のローカル線に乗った時に偶然会いました。
一言目が、「何か食べるもん持ってへんか?」
奥様のご実家に行かれる途中で、何時間も乗っておられたらしいです。

すっかり長くなってしまいましたー。
くれぐれも《匿名》ですので、私かもと思っても、笑って許して下さいね(#^_^#)

ほるんのМごん。
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:38| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月02日

プロコフィエフを楽しむ

次回、6月12日の演奏会では、プロコフィエフの交響曲第5番を演奏します。練習が始まっ
てから2カ月。練習の様子は、団の録画機器で毎週記録しており、録画した映像で練習後
にバランスなどを確認できるようになっています。録画を見ていると、特にプロコフィエ
フは譜面が難しく、「弾けなかった〜」「出るところ間違った!」「音程外した(-_-;)」な
どとおぼしき、苦笑気味の表情が目立ちます。
この曲は本当に振り幅の大きい曲だと思います。澄み切った冬の星空を眺めていると涙が
こぼれます、のような歌詞をつけたくなるような美しいところもあれば、正気とは思えな
いような奇天烈なところも。4楽章の最後の方の「タットゥイタカタカタットゥイタカタ
カタッ」(作詞:筆者)も印象的で、「トゥイ」はその後も増殖しながらいろいろなパー
トにどんどん出てくるので、モグラたたきのモグラが顔を出すようなモチーフなのかなと
思ったりします。そんな変なところなのに、楽譜にはなんと「con brio」の指示が! ベ
ートーヴェンのcon brioとはあまりに違う曲想に驚きです。
でも、とにかく楽しい曲だということは間違いなさそうです。団員の表情も、「この不協
和音がたまらないねえ」「ヘンだけど、思いっきり強調して演奏したぜ!」「プロコ、お
もしろすぎる〜」と、プロコフィエフを楽しむ苦笑が増えていけばいいなと思います。
Va プロコフすきー
タグ:弦楽器
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記