2017年01月07日

新世界よりプラハが好き

八幡市民オーケストラは、次回第49回定期演奏会で、ドヴォルザークの交響曲「新世界より」を取りあげることになりました。
 私が前回この曲を弾いたのは、高校のオーケストラ部の演奏会。ヴァイオリンに触れたばかりの初心者で、かなりつたない演奏だったのは確かです。記録が残っているよと、もし言われても絶対聴きたくないです。
 それから?年が経ち、最後に「新世界より」を生演奏で聴いたのは、もう10年以上前のことになります。それは旅先のプラハでした。
 友人の誘いで予備知識なし、プランなしで出かけたプラハ旅行。石畳。古く美しい建物の並ぶ景観。丘の上のプラハ城。街の中心を流れるモルダウ(ヴルタヴァ)川とカレル橋。美しい街は歩いているだけで嬉しい気持ちになり、すっかりプラハファンになったのでした。
プラハ市民は昔から音楽愛好者が多く、至るところにCD、楽譜や楽器のならぶ店がありました。モーツアルトは歌劇「ドン・ジョバンニ」をプラハで初演し、大好評を博したそうです。ドヴォルザーク博物館もあります。
 そんなプラハの街で、ほぼ毎日観光客向けにコンサートをしているという情報を友人が見つけ、「行きたい」と言い出しました。
 場所は、スメタナホール。プログラムは、スメタナ「わが祖国」とドヴォルザーク「新世界より」。(オケの名は残念ながら覚えていません。)チェコで、なんとベタなプログラム!
 毎日同じ曲を観光客相手に弾いているなんて、絶対やる気のない大したことない演奏にちがいない。そう思った私は、「行かない方が良いよ〜」と友人を説得したのですが、「こんな機会めったにないから」と逆に説得され、しぶしぶついていきました。
 スメタナホール内部は、ひかえめな装飾の落ち着いたホールでした。お客さんはそんなに多く入っていなかったと記憶します。
その演奏は、、、
期待を良い意味で裏切る素晴らしいものでした。音とハーモニーは美しく、作曲家への敬意、祖国への愛を感じる、ほんとうに心のこもった演奏でした。
 ドヴォルザークはアメリカで「新世界より」を作曲し初演したわけですが、この美しいプラハから何千キロも離れた異国の地で、どれほど大きな郷愁を抱いていたのだろう、とせつない気持ちになりながら音楽に聴き入りました。あの時、偏見を持っていた自分をコンサートに誘ってくれた友人に、今でも感謝しています。プラハへ行く機会があれば、ぜひコンサートを聴くことをおすすめします。
 プラハでの感動が忘れられず、今回ひさびさに「新世界より」に取り組むにあたり、チェコ人の指揮者とオーケストラの演奏するCDを買い求めました。厳密にいろいろ聴き比べをしたわけではなく、インターネットで直観で選んだのは、カレル・アンチェル指揮(プラハのカレル橋と同じ名前だからチェコ人だ)、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団。いい演奏で気に入って聴いてます。
 今度の八幡市民オーケストラの「新世界より」は、どんな演奏になるのでしょうか?どうぞお楽しみに。

​​​​​​​​Vn MM
posted by 八幡市民オーケストラ at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記