2017年03月18日

私の忍耐修行

私も夫も、それぞれ別ではあるが大学でヴァイオリン、ヴィオラを始めた。

楽器が左手で弓が右手ね(注)、と確認作業に明け暮れるその頃、隣では子供の頃からヴァイオリンを習っていた同級生がソリスティックにメンコンのソロを弾き、初心者一同、羨望の眼差しを向ける…。

そんな学生時代を過ごした後、月日は経ち、いつしか家族でカルテットが夢となった我が家。3歳になった息子にバイオリンを習わせることになった。

幼少期にピアノを習っていた筆者。母から叱られながら毎日1時間ピアノに向かっていた辛い昔の記憶。そんな母親にはなるまいと心に誓った、はずだった。

歴史は繰り返されるものである。

バイオリンの練習は日々義務となり、どんどんやる気をなくしていく遊びたい盛りの息子。親子共々しんどくなり、このままでは音楽が楽しくなくなってしまう!と勇気を出して無期限休止に踏み切った。

しかし。
細く長くでも良い、何らか音楽に親しんでもらいたいと願う親心(エゴ?)がムクムクと再始動。
息子の少し興味のあったチェロをやってみようということになった。
たまたまご近所のレストランで開催されたチェロのコンサートで、日本一上手なチェリスト(息子談)と出会い、幸運なことに、その先生が息子のレッスンをお引き受けくださることになった。
1/8サイズの可愛らしいチェロと、素晴らしい先生に巡り合うことができ、家族一同これからのレッスンを楽しみにしているところである。
この先生、お子様も素晴らしいチェリスト。
一番初めに、『親はとにかく忍耐です』とのアドバイスをいただいた。
親業6年目、忍耐修行はこれからが正念場。
兄のマネが大ブームの3歳の弟くんも「◯◯◯ちゃんもテロやりたい」と言い出した。
テロは勘弁してもらいたいが、チェロであれば、母の忍耐がレベルアップするまであと少し、待ってもらえるとありがたい。
今度こそ、頑張るゾ〜!


注:びよりすとがこよなく愛する、びよら冗句の鉄板ネタ (びよら冗句http://red.ribbon.to/~loveb/index.files/violajoke.htm
母ちゃんはびよら弾き
posted by 八幡市民オーケストラ at 15:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月04日

美しい音は美しい姿勢から

テレビや映画では、役者さんが楽器を演奏しているシーンをよく見ます。それまで全く楽器経験がないままに演技をすることもよくあるのでしょう、見ていてなんとなくぎくしゃくしているな、と思うことがよくあります。自分が演奏経験のあるフルートやピアノについては運指が合っているかもよく分かりますが、なによりも楽器の構え、姿勢が気になるんです。正しい楽器の構えかたを獲得をするのは、それだけでも一苦労なのです。

そんなことを考えながら、自分が今の楽器を始めたころの事に思いを巡らせてみました。中学校のクラブ活動は当時珍しくオーケストラ、女の子はみな弦楽器へ、フルートを希望していたのが男の子ばかりでした。まだ身長150cmしかなかった私がフルートに、160cmオーバーであった友人がコントラバスに回りました。少し大袈裟ですが、背が高ければ人生が変わるところでした。最初の楽器の指導は、ご多分にもれずクラブの先輩で、頭部管で音が出れば、その後は勝手に練習しておいてね!と言った具合です。殆ど自己流で吹いていたため、姿勢は相当に出鱈目だったのでしょう、その後、高校生になりレッスンについた際には、まず楽器の持ち方や演奏時の姿勢から指導を受けました。上半身が反っていたり、支えとなる右手の親指がつっぱっていたり、等々今からはとても見れたものではなかったと思います。その頃見て頂いた先生には今でも感謝しきれない思いを抱いています。その後楽器は休んだり再開したりですが、今でも正しい姿勢で息の通り道をきちんと作ると良い音が出る気がしています。

三年前、急に思い立ち、練習用に全身の映る鏡を買ってみました。見ながら吹いていると、正しく脱力出来ているか、息は正しく吸えているか、指が不必要に大きなアクションで動いていないか、良く分かります。美しい姿勢をしていればすぐに良い音が出せる、という短絡的なものでもありませんが、練習の助けにはなります。面白いですよ。皆さんも一度試してみませんか?

美しい音は美しい姿勢から、です。
フルート M君
posted by 八幡市民オーケストラ at 15:46| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記