2017年05月13日

団内トレーナーのお仕事

いよいよ八幡オケの定期演奏会まで1週間ほどとなりました。
いつも演奏会直前のこのブログは団内トレーナーが持ち回りで担当することになっており、今回も団内トレーナーの一人である私が担当させていただきます。

私はこれまでにも何度か、当団の団内トレーナーに関してこのブログで触れてきましたが、今回あらためて、当団の「団内トレーナーのお仕事」について書いてみたいと思います。

・八幡オケの団内トレーナーとは?
八幡オケは、特定の音楽監督や常任指揮者などを置かず、何人かのプロの指揮者を交替で客演にお呼びし、一回の演奏会につき数回練習に来て頂きますが、本番の指揮者が来られない普段の練習では、アマチュアである我々団内トレーナー(現時点4名)が指揮者の場所に立って練習を進めています。
本番の指揮者以外に、プロの音楽家にトレーナーとして常時練習を見て頂く団体もあるでしょうし、我々もプロの客演弦トレーナーに数ヶ月に一度ご指導いただきますが、普段の練習に関しては、敢えて団内トレーナー制を続けています。仕上がるまで時間がかかり、またトレーナーを始め中心となる団員に大きな負担のかかるしんどいシステムではありますが、同じアマチュアである団内トレーナーと一緒に練習を進めていくことで、団員が受身にならず、自ら考え共に音楽を創り上げていくことができており、少なくともこれまではうまく機能している優れた仕組みだと考えます。

・毎週の練習
八幡オケは原則毎週土曜日の晩に練習しており、練習のない土曜日は年に数回しかありません。このうち、客演指揮者が来られる数回以外の合奏は団内トレーナーが練習をつけており、その数、年間数十回に及びます。複数のトレーナーで分担するので、各トレーナーが概ね一曲ずつ担当しますが、まずは曲を誰よりも良く理解をするためにスコアを精読し、更に練習のある土曜日は「今日はどのような練習をしようか、どこを重点的にやろうか」などと、スコアを見ながら前回の練習の録画を見ながら(聴きながら)時間をかけて予習をします。また、よりスムーズないい演奏が出来るよう、指揮の練習もします。曲をさらうこともあれば、メトロノームに合わせて基礎練習なんてこともします。私の場合、土曜の午後はこの予習に数時間を費やします。

また、合奏の練習計画(各曲の時間配分など)もトレーナーが協議して決めています。担当の曲だけでなく、他の曲の進捗度も考慮しつつ全体最適を考えながら決めることになります。

・演奏への参加
トレーナーをやっている間は、当然ながら楽器を演奏できません。トレーナー担当の曲は、普段の練習で楽器を演奏できないことから「降り番」となるケースが多くなります。降り番にならない場合でも、客演指揮者の練習時しか演奏できないため、練習不足となり本人のみならず周りもストレスが溜まることも。自分の楽器の演奏(本業)を犠牲にしてまでトレーナーをやっているわけです。

・曲目紹介の執筆
トレーナーには他にも、演奏会のプログラムに載せる曲目紹介の執筆という仕事があります。これはこれで結構な負担になります。「トレーナー担当の曲はよく知っているのだから、難なく書けるはずだろう!」と言われるかもしれませんが、そう簡単なものでもありません。有名な曲なら関連書籍やネット情報も多く入手可能ですが、マイナーな曲などは文献を探すのも一苦労だったりします。他の文献をそのまま使う訳にもいかないので、あくまで参考にしつつ、自分のオリジナリティを出そうなどと考えると、結構な時間がかかったりします。ここで改めて得た知識を合奏で活用できたりもするので、やはりトレーナーが担当するのがいいのだろうなとも思いつつ。

このように団内トレーナーは負担が大きく、ギャラもらいたいぐらいやなあ、などと思うこともないわけではありませんが、それでは逆に、団内トレーナーをやっていて何かいいことはあるのか?と問われると…

指揮をする(ある程度自分の好きなように音楽を作ることが出来る)喜びを味わえること、多くの団員と音楽・演奏に関するやり取りを通じて密に関われること、そしてオケの音楽をより良いものにしていくプロセスに深く関与出来ること、といったところでしょうか。

今回、団内トレーナーとしての練習は5月6日で終了し、あとは客演指揮者と、もちろん演奏する団員たちに委ねることになります。日頃の練習の成果を存分に発揮し、お客様に十分楽しんで頂けるよう頑張りますので、ご来場お待ちしています!
新世界担当
posted by 八幡市民オーケストラ at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記