2017年09月30日

アマオケの魅力

毎週土曜日、夕食の支度を済ませ、いそいそと公民館へ向かう。練習が出来てない週は気が思い(>_<)。今日は、4楽章まで行きませんように…とか思いながらも、休むこと無く、気付けば早いもので在籍5年目である。
周りは大学オケで鍛えられてる方がほとんどの中で、未経験の私はかなり頑張らないとついていけない。それでも続けていけるのは、他では味わえない魅力がいっぱい詰まっているからかもしれない。
その魅力とは…
まず、日々の生活とは全く別の世界での活動であり、母でも妻でもなく、個になれること。以前より、実際忙しいはずなのに、張りがあり、好きなことをしてる分仕事も頑張れる、良いバランスが保たれている。
そして、貴重な体験。年に2回の演奏会に向けて客演指揮の先生やトレーナーの先生から手厚い指導を受ける事が出来る贅沢。それに伴う合宿は、まさにどっぷり浸れる時間である。
そして、本番のあの何とも言えない緊張感。1曲目のタクトが振られる前の瞬間の静けさ。そして、皆の集中の糸を繋ぎ曲が進む。フィナーレは、毎回泣きそうになるのをこらえて、あ〜終わった〜と達成感が込み上げる。
このような体験全てが、アマオケの魅力で、辞められない理由なのでしょう。
来月の演奏会まで1カ月を切り、後悔の無いように、日々練習に励みたい。そして集客活動も頑張らねば。子供たちに言わせると、ママの青春なのだそうで(^^)
行けるとこまで行こう!

Vn. mariponta
posted by 八幡市民オーケストラ at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月18日

トロチューな毎日 オフレコ版

来たる第50回記念演奏会に向けて、団内ではいろいろな準備をしています。その中で先日、楽器を初めたころは…という話になり、パート内で大変盛り上がりました。残念ながらオフレコになってしまった部分を、せっかくなので少しご紹介したいと思います。
まずは英雄の生涯のトップ、トロンボーンのNさん。ひょうきんで楽しいお人柄で、くまモンがトレードマークです。中学は水泳部で、高校の吹奏楽からトロンボーンを始めたそうです。パートで唯一の文系出身ですが「何故かいちばん理屈っぽいんじゃないでしょうか?笑」とのこと。最近の考え事は、金管楽器は高い音を出すとき息のスピードをあげるのに、弦楽器は弓のスピードを上げてもピッチが上がらないのは何故か、だそうです。難しいです 笑。
バストロンボーンのFさんは、真面目で面倒見の良い、パートのお父さん的存在です。LINEのアイコンが「お父さん」で登録されている(もともとご家族でしかお使いでなかったそうで)ので、いつもパートLINEが大変ほっこりします。中学はバスケ部、高校で吹奏楽部に「引きずり込まれた」らしいです 笑。特に希望に関係なくトロンボーンに配属、バストロは長女さんが生まれる1ヶ月前に購入されたそうです(奥さまの寛大なお心に感謝です!)。
英雄の生涯ではテナーチューバ担当のHさん。大らかでチャーミングな、我らがパートリーダーさんです。大変博識でいらっしゃって、例えば美味しいお酒やご飯のことはもちろん、靴ずれ予防にはワセリンが効くとか、いつも面白い話をして下さいます。トロンボーンを始めたのは中学のブラスバンド。中1の秋に少し遅れて入ったらパーカッションとトロンボーンしか空いておらず…ということでトロンボーンになったそうです。
そしてチューバのTさん。朗らかで親しみやすいお人柄で、降り番部屋でも子供たちに大人気のお父さんです。Tさんの周りは何故かいつも鬼ごっこスポットになっています、うらやましいです 笑。楽器を始められたのは中学の吹奏楽部からで、中学ではトロンボーン、高校からチューバになったそうです(本当はクラリネット希望だったのだとか…!)。
今回はこのような素敵なメンバーで演奏会に臨みます。どうぞお楽しみに♪(本当はまだまだ、これまでにトロチューに在籍しておられた偉大な先輩方のお話なんかもあるのですが、こちらはまたの機会に…!)
じゃんけんに負けたらトロンボーンしか残ってませんでした・U
posted by 八幡市民オーケストラ at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年09月10日

英雄の生涯に寄せて

裕輝も早いものでもう4歳、成長するにつれ、持って生まれたものや少しずつ形成されつつある個性のようなものが感じられるようになってきた。人の性格や好みはどこから来るのか?家庭環境?持って生まれたもの?仲間?そりゃどれもでしょ、とみんな当然のように言う。でもそれだけだろうか?「どんな環境で育ったとしても自分は自分で変わらなかったのではないか?あまり親の言うことを好んで聞き入れた記憶がない。どちらかと言えばしぶしぶ。
かと言って持って生まれたものだけが全てで親や仲間達から何の感化も受けなかった訳でもない。では今自分が彼にしてやれることは何だろう?」ようやく会話らしいことができるようになった裕輝と話しているとふとそう思うことがある。
1940年代まで生きた人物にしては伝記らしい文献が多くないシュトラウスはどのような幼少期を過ごしたのだろう?父フランツは養子だった。スパルタ教育で育てられ、後にワーグナー、ブラームス、ビューローなどからも一目置かれるほどの名ホルニストになる。息子リヒャルトも父のホルンが大好きで、マイスタージンガーのソロを父より上手に吹く人を知らないと言っていた。母は裕福なビール醸造家の娘でかなり神経質な人だったらしい。家には常に父の同僚が出入りし、音楽を志すには最適な環境で育った。少年はいわゆる神童、5歳から作曲できるほどの才能を持ち、挫折することもなく、そのまま音楽の世界でピアニスト、指揮者兼作曲家として成功した。父フランツは、いわゆる教育パパ。幼少期のリヒャルトは父の言いつけをきちんと守る賢い子だった。父はモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルトなどのドイツ古典派に深く傾倒していたため、息子にも古典派中心の音楽教育、敵視していたワーグナーからはできるだけ遠ざけるようにしていた。16歳で音楽界にデヴューしたリヒャルトに対しても対位法の技巧に走りがちな作曲の癖を何度も指摘し、同僚チェリストの奥さんと不倫騒動を起こしそうになった時も厳しくたしなめた。
(W不倫ではなく、リヒャルトはまだ20歳で独身だった。
しかし、そんなことで親子関係が悪くなることもなく、父への敬愛を忘れず、コンチェルト1番を父のために書いた。情報不足で音楽以外のエピソードが見つからず、人間臭さが少ない印象だが、興味を引いたのが、数学だけがあまり得意ではなかったこと。それと関わりはないかもしれないが、お金を貯めることだけにずっとこだわり、特に癇癪持ちのソプラノ歌手だったパウリーネと結婚してからは、さらに拍車がかかった。お金が稼げる演奏会にはなりふり構わず自分のオケ(ベルリンフィル)を駆り出し、それを他人から揶揄されても、全く動じなかったそうだ。作品に出てくるあのロマンティックなメロディの数々からは全くかけ離れていてちょっとおもしろい。
今自分がこうしてホルンを通じて少しだけでも音楽に触れてそれを学ぶことができる。英雄の生涯のような難曲にも挑戦させてもらえる。これは自分の持って生まれたものだけでここまで来たのでなく、良くも悪くもこれまで関わったすべての積み重ねだということだけは確かで、その結果幸せに生きている。いろんなものに感謝しながら、いろんなものを見聞きしながら、これからも裕輝と一緒に成長していきたいと思う。

弥益 洋
posted by 八幡市民オーケストラ at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記