2018年04月21日

たまには室内楽も♪

 先日、オケのメンバーで弦楽四重奏をする機会がありました。松花堂で行なわれた八幡市文化協会の表彰式で15分程の生演奏をというお話に、選曲をどうしよう!?というところから始まりました。過去の様子を聞くと、クラシックだけでなく映画音楽やポップスなども取り入れた方が良さそうでしたし、ご年輩の方も多いそうだからしっとりした曲もあった方がいいのかも?15分程度に収めるのも必要!などと思いを巡らせつつ選んだ5曲は、NHK「歴史秘話ヒストリア」のオープニング曲「storia」、服部良一作曲「蘇州夜曲」、プッチーニ作曲「歌劇「トゥーランドット」より誰も寝てはならぬ」、ラフマニノフ作曲「パガニーニの主題による狂詩曲より第18変奏」、K.アンダーソン-ロペス/R.ロペス作詞・作曲「Let It Go 〜ありのままで〜」となりました。もちろん、全て弦楽四重奏版です。統一性のあるプログラムとは言えませんが、ラフマニノフは51回定演のPRができるから入れよう!ということだけははっきりしていました(笑)
 私自身、室内楽の経験が少ないため得意とは言えないのですが、メンバーのVn Nさん、Va Tさん、Vc Mさんと、意見を出し合いながら練習をする中で感じた(再認識した)のは、お互いの音をよく聴いて、今自分はどういう音を出すべきか考えて弾くことの大切さ、呼吸を合わせることの大切さ、でした。(え、それって普段のオーケストラの練習でトレーナーの方々から言われていることそのままだよ〜と思う人たちが多いでしょうねぇ…)
 個人練習はしっかりしますが(それはもう)、4人で合わせるときには、曲のイメージを共有し、弾き方や音量のバランスを整えていかなくてはなりません。弾きながら「ここはタイミングが合わなかったから次は気をつけよう」というようなことは気付いても、その先のこと、例えば「ここはVn2とVaの伴奏がもっと前に向かう感じでほしいな」というように、気になるところをどうすれば良くなるか、それを考えるセンスがあるかと言われれば、私にはまだまだというところです。Vn Nさんのアドバイスを聞きながら、精進せねばと思いました(苦笑)。もう1つの呼吸については、ある曲の冒頭のテンポ感が2パートでなかなか決まらなかった時、相手とちょっと大げさに呼吸を合わせた途端、見事に決まった!ことから、あらためて呼吸って大事だ〜と思いました。大人数のオケとは違って、室内楽は意思の疎通が楽なので、こうしたことを意識する時間が持てたのは良かったです。
 本番当日、やはり緊張しましたが、何とか弾き終えることが出来ました。楽しさ半分、緊張から演奏に集中するあまり顔がこわばっていなかったかしら?などの反省点半分。普段はオーケストラで弾くばかりですが、たまにはこうした室内楽の練習をするのもいいなぁと思いました。あ、ちゃんと51回定演のPRもしてきましたよ〜!
Vn3人目のN
posted by 八幡市民オーケストラ at 15:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記