2018年05月11日

雑感

陽気はまだ安定しませんが、新緑は眩しく、花々もあちこちで微笑み、色彩あふれる楽しい5月に。近くのお店の軒先でツバメの雛が可愛い口をぱくぱくさせているのも嬉しい光景です。

仕事のペースを緩めてから、生活を楽しむ余裕ができました。ヨガを始めてみたり、15年ほど休んでいたヴァイオリンを再開して八幡オケに参加させていただいたり、組紐に興味を持ったことがきっかけで、日本の伝統色や染・織に興味が広がり、ちょこちょこ本を読んだり、関連する展覧会などに出向くようになりました。

そんなわけで、先日、草木染めのワークショップに参加してみました。開花直前に伐採せざるをえなかったものをいただいたということで、花を咲かせる準備を十分にしていた精の詰まった桜の枝から色をいただいて染めました。お染めの過程は、まず命をいただいた草木を煮出し、そうして出来上がった染液に布などを入れて染め、最後は媒染液につけて色を定着させるというものです。染液は枝を煮たものなので、一見、茶褐色なのですが、布を入れるとあら不思議、桜色に!そして媒染液につけるとより柔らかな色になったり渋みが増したり!指導を受けながら同じ工程を行うので、染め上がりは同じかと思いきや、参加した各人それぞれの色に染まりました。先生曰く、植物の精の状態や染める材料、環境が似通っていても、同じ色に染まることはなかなか難しく、だからこそ楽しいのだと。

あれ、何か自分の楽しみでも同じ感覚が・・・あっ、オーケストラの演奏会か!染液はわれわれ楽団員、染める材料は演奏曲、そして染める人は指揮者、そして今回の演奏会では媒染液はソリストの玉井さん・・・環境は八幡のホールと観客の方々ですね。演奏会でどのような「色」になるかは、枝々の精の込め具合によるので、練習がんばるぞ〜!!
皇帝の民=VnのS
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月06日

お店の音楽

予期しない音楽が耳に入って、アレっと思うことってありませんか?

私の場合、例えば近所のスーパー。
ある日ふと違和感を感じて耳に集中すると、聴こえてくるのはマーラーの交響曲第2番「復活」…。何故スーパーで︎ 時々場違いなクラッシック音楽がかかってはいましたが、この時は晩ご飯のお買い物モードが吹き飛ぶ衝撃でした。

またある日ふらっと1人で入った飲食店で。
オペラ?が流れる中に店主が1人。何の曲だろう?聴いた事はないかも知れないけど、どこか雰囲気に馴染みのある曲調。きっと知ってる作曲家の曲、何だろう…と記憶を辿ったり想像したりしながら気になって気になって。
答え合わせのつもりでお会計の時に尋ねたら「キャンディード」。序曲なら知ってた。最初から聴いて(聞いて)たら居心地も変わっていたかも。
この時は答えが分かる状況でしたが普段からお店やあちこちで聴こえてくるフレーズに「ああ、この曲なんだったっけ〜、やった(聴いた)事あるけど曲名が思い出せない〜」と悶々とする事はしばしば。

またある時、友人と食事に入ったお店で流れていたのはベートーベンの弦楽四重奏。まあそれはそれとして、食事が終わって2軒目のバーに入った途端に同行者が何やらニヤニヤ笑っているので何かと尋ねると、「この曲、さっきの店でかかってたのと全く同じ録音ですね」「!?」。それを聞いたバーのご主人が「ああ、そのオーナー(直前の店の)なら前にウチの店に入るなり立ったまま腕組んで難しい顔して固まってると思ったら『オレの店にあるのと全く同じ録音のCDや』って言ってましたよ。」とのこと。どうやらその曲だったようです。2軒とも沢山CDがあって普段色々な曲がかかっているんですが、そういう偶然もありました。

偶然といえば数年前に東京に遊びに行った時のこと。
夕方に仕事を終えてそのまま東京に向かうつもりだった私は、サクサク仕事を片付けて東京でナイトライフを楽しもうと、淡々と仕事を進める時によく使う曲を聴きながら予定通りに仕事を終わらせ、久しぶりの1人旅に高まる気持ちを抑えようと新幹線の中でも同じ曲を聴いていました。さて東京に着いて迷子になりながら初めて訪問するお目当てのお店に漸く辿り着き、ワクワクしながら扉をそっと開けると、そこには期待を裏切らない素敵な空間が。でも、アレ…この音楽…。
薄暗い店内の隅っこに見覚えのあるCDケースが1枚。えええぇ︎
非日常的気分が一瞬で消失。直前までその日一日聴いていた音楽でした…。(実話)
HrのF
posted by 八幡市民オーケストラ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記