2018年07月21日

親子コンサート

7月21日に、毎週練習で使わせていただいている男山公民館で、近隣にお住まいの方々向けの親子コンサートがあります。かしこまった雰囲気の定期演奏会とは違って、親子コンサートは、子供用のゴザが敷いてあって、オーケストラのメンバーは普段着で演奏します。今年は、ルロイ=アンダーソンの「サンドペーパーバレエ」や、ビゼーの「アルルの女」から「ファランドール」などを演奏します。
聞きにきてくださる方にも楽しんでいただけるように、私たちも「スマイル」で演奏したいと思います。

ホルンM
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月08日

基礎練習と私

高校1年でオーボエを始めてン十年。恥ずかしながらきっちりと基礎練習をするということをせずに楽器を吹き続けてきました。楽器初心者だった私に「オーボ
エはロングトーンなんかしても意味ないよ」というエセ情報を与えた人がいて、ぐうたらな私はそれを真に受けました。レッスンにも通いましたが、不幸なことに先生もきっちりとした基礎練習の仕方を教えてくれず、適当にスケールやアルペジオなどの練習をパラパラッとする程度ですませていました。
少し以前に、弦楽器の友人から「練習時間を短時間しか取れない日があるけれど、そんな日でも15分間程度の最低限の基礎練習をするようにしている」というような話を聞き、一念発起して基礎練習に取り組むことにしました。基本的にはロングトーンとスケールです。最初のうちはちょっと苦痛でしたが、慣れてくると単純な練習ながらいろいろ考えることもあってだんだん苦痛を感じなくなり、そのうち楽しいと感じることもあるようになりました。効果として、「すかる」頻度が少なくなる、高音が楽に出せる、長時間の演奏にも耐えられるようになる、などを感じるようになりました。(あくまでも以前の自分との比較です、念のため。なお「すかる」とは、息を入れてもリードが振動せず、出すべきタイミングで音が出ないこと。オーボエの演奏上の大きな弱点の一つで、特に低音を小さい音で吹こうとするとよく起こります。)自分の楽器演奏技術がいかに拙いかということを実感しますが、もとが下手な分、成長することも実感できます。それに、以前は個人練習があんまり好きではありませんでしたが、最近は練習が好きになりました。
「どうして今までこれをしなかったのだろう!?」という後悔の念もわきますが、それを言っても仕方がないので、前向きに行こうと思っています。これから平均余命を超えて生きても、今までの楽器経験年数を超えて吹くことはちょっと無理そうですが、できるだけ長く吹き続けて後悔の気持ちをやっつけるために、基礎練習に励もうと思っています。
(オーボエ K)
posted by 八幡市民オーケストラ at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記