2018年08月05日

ハイクオリティな合宿宴会

この4月,初めて八幡オケの合宿に参加した。

通常、どこのオケも本番の1ヶ月ほど前に開催される。

曲を仕上げていく重要な過程であると同時に、日頃接する機会の少ない団員ともコミュケーションがとれる貴重な機会。

1日目練習終了後のお約束の宴会、

宴会部屋に入っていきなり床一面にブルーシート敷いてあるのにはドン引きしたけど…。

平均年齢が若干?高めのオケ故、私(40代後半)と似通った年齢層の方も多いからか、(いや、若い人たちもちゃんとそれなりにいてます。)

若い世代の多いオケと違って、アテとアルコールのクオリティが結構高い。

いや、決して若い世代の多い宴会が悪い言うてるわけちゃうよ、

でもな、おっちゃんおばちゃんは揚げもんとかスナック菓子とかよう食べられませんのや。

アルコールも、加齢のせいか量が飲めなくなってきてますねん。

口もよう肥えてきてるから、美味しいもんがちょっと食べられたらそれでエエ。

ブルーシートの上に並べられたテーブルの上には、団員の皆さんによる質と技の高い手作りのアテが並んでて、感動もん。

ワインも皆それぞれ持参していて、ワインボトルが何本も並ぶ並ぶ…。

美味しいアテをいただきながら色んな味を飲み比べ。

あー、ホンマに幸せや♡

2日目のことも考慮して12時でとりあえず一次会はお開き。(もう若い子みたいに朝までなんて飲めない私はそのまま布団へダイブ。)

アルコール性健忘症にもならず、体調も特にしんどくもなく、次の日を迎えることが出来た。

次回の合宿宴会への反省点としては、

@マイお取り皿を持って行く。(皆さんと同じ紙皿使ってたらどれが自分のお皿か分からなくなってしまった…)

A持参されたワインが圧倒的に赤ばかりだったので(私も含む)、次回は暑い季節でもあるし、白を買って行こう。(冷蔵庫があることは確認済)

アテも何か美味しいモン持って行こうかなあ。但し手作りじゃないけど…。

エリザベス
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記