2018年10月28日

第52回定期演奏会について

演奏委員としてブログを書いて欲しいとの依頼を受けました。いつも演奏会後の叱咤激励コメントを委員長、副委員長から頂いておりその代りにはなりませんが、私なりの第52回定期演奏会の感想、今後の取り組みへの思いを書いてみました。
まずアマチュアのオーケストラとして一つのプログラムを半年間練習できるのは贅沢なことで、曲を理解して、ほとんどの場合会ったこともない作曲者とは時に戦い、時に寄り添って、演奏を作り上げて行くことは至上の喜びです。
今回の演奏会の前半はベートーヴェンの交響曲第8番とドヴォルザークの「アメリカ組曲」。ベートーヴェンの颯爽とした格好よさと、ドヴォルザークの眼前に浮かぶかのごときボヘミアの風景(行ったことないけど)の対比が良かったですね。練習の過程で、ないものねだりとは分かりつつも、目の前の楽譜から離れて、生まれてくる音楽そのものに浸れる演奏技術、表現力、曲想への理解、があればいいのにと常日頃思っていました。本番直前、指揮者の三河先生に導かれるように皆のベクトルが揃いました。もっと早く完成度が上げて曲を楽しめる時間が増やしたいところです。
メインはバルトークの「管弦楽のための協奏曲」、このところ、シュトラウス/英雄の生涯、ラフマニノフ/交響的舞曲と難曲が続いてきた中で、改めて課題を突き付けられた思いがしました。それは、「私達はテンポの変化に弱い」ということです。走り出したら急に止まれない、変拍子でステップをひとつ加えると飛ばしそうになり、ひとつ飛ばせばつんのめります。加えて出番が常にトリッキーで入りを間違いそうなところも多く、これほど本番スリリングな演奏になったのは初めてでした。奏者としての個人的な感想ですが、5楽章は幾度となく訪れる危機をしのぐのに必死でとても音楽に浸る余裕はありませんでした。終盤、自分の演奏が大勢に影響がなくなってから、つまり少々音を外しても大丈夫となった後のフィナーレ、加えてアンコールのルーマニア民俗舞曲の流れは夢中になって吹くことができ、心底楽しむことができました。この楽しむと言うのが実に大切で、練習時から楽しむことができれば、本番はより生き生きと演奏できるのではないかと考えています。
このところ個人練習の際に心がけていることとして、自分のパートを練習しながら、周囲のパートを思い浮かべるようしています。流れに乗ることや、和音の吹き方など、いい練習になるのですが、バルトークのように複雑な曲は吹いているうちにこんがらがって脳内から血が出そうになるのが難点。でも2,3回の練習で本番に臨むプロのオーケストラと異なり、練習期間は十分にある私達です。一度、団員のみなさんもお試しになられてはいかがでしょうか。
最後に、演奏会当日は秋空が綺麗に晴れ渡り、芸術の秋にふさわしい気候の中、演奏会が開催できたことがとても喜ばく感じました。この夏は地震や台風の襲来が重なり、練習時間の確保にも苦労しましたが、改めてオーケストラの中で演奏できること、多くのお客様にお越しいただき、時間を共有できたことを感謝します。

M君
posted by 八幡市民オーケストラ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月13日

世界のビール八幡オケ52回定期編

演奏会直前なので、打ち上げの練習を兼ねてビールのはなし。
今回のプログラムは、バルトーク、ドヴォルザーク、ベートーヴェンを取り上げるのですが、せっかくなので、彼らの曲にどんなビールが合うのかを考えてみました。

ベートーヴェンとお酒ということであれば、ベートーヴェンの死因が肝硬変だったらしいとか、ベートーヴェンが安い赤ワインばかり飲んでいたので粗悪な甘味料に含まれていた鉛のせいで健康が害されたらしいとか、死ぬ間際にわりに良い白ワインが届いたもののもう呑めなくて悔しかったらしいとか、なんかそんな話ばかり聞き覚えがあるのですが、あんまり演奏も美味しくなりそうにない話題なので、旨いビールを探しましょう。ボンには「ボンシュ」という地ビールもあるらしいのですが、うーん、どっちかというとウイーンの居酒屋の方が8番の気分?というわけで、こんなのを。「サミクラウス(サンタクロース)」という、度数は高いけれど熟成の薫りが味わえるビール。
グラフィックス1.png

聴力の障害の本当の辛さは孤独である、と聞いたことがあります。ベートーヴェンという人、ただでさえちょっと難儀なところがあったようですから、コミュニケーションに不自由が生じてからはどんなにきついことだったでしょう。それなのに、8番のシンフォニーを弾いていると、それでも美しいものを肯定できる愉しみを感じます。3楽章の冒頭なんか、ジョッキを傾けながら、の感じが出るといいですよね。

さて続いてドヴォルザークの「アメリカ組曲」。
アメリカに渡ったドヴォルザークが、そこで得た新鮮な感動を音に描き出した作品ですが、といっても「バドワイザー」じゃ雰囲気でないし。ここは、新大陸でもボヘミアからの入植者の村を訪問して故郷を懐かしんでいたドヴォルザークに合わせ、チェコといえば!の「ピルスナー・ウルケル」。
グラフィックス2.png

私たちの知っているビールらしいビール、ピルスナービールの元祖です。綺麗な水と豊富なホップに恵まれたチェコならではのこのビール、知識なく飲んでも「これがビール!!」って思うところは、初めて聞いた人にも「これがクラシック音楽よね♪」と思ってもらえるドヴォルザークの曲にぴったりです。黄金に色付いた麦畑の上を渡る風と清涼な水を湛えたヴルタヴァ(モルダウ)川、たわわに実るホップに思いを馳せながら演奏する、というのはいかがでしょう。

メインのオケコンですが。。。困ったことに、バルトークは食生活全般にストイックな人物だったようで、家人が「あらお酒が無いわ」とこぼしたら、「蛇口をひねれば水が出るじゃないか」と言ったとかいう、酒飲みには嬉しくない逸話が。しかし、呑む楽しみがなくては何のための細かい音符でしょう。そこでハンガリーのビール、と思ったんですけど知らない。ビールの本にも載ってなくて、やっぱりワインの国なのかなぁ、と頑張って検索したら、こんなのが。「トーマス・メナー」、1701年にこの名前の人が作ったビール(現在は復刻版)だそうです。
グラフィックス3.png
復刻版というのも、父祖の歌を20世紀の声で歌うこの曲に向いている感じ。もうひとつ、この曲は、田舎の楽しい旋律をシンプルに並べた組曲ではなく、協奏曲として書かれています。ということは、健康飲料を飲んで英気を養わねば、オケと丁々発止のやり取りはできません。木管楽器が思わず答えてしまうような弦楽器の音を湖の向こうに届けるには、ウーロン茶など飲んでお茶を濁している場合ではないのです。落涙必至の旋律ですが、酔っ払う前に各セクション心して闘いましょう。これで緊密なアンサンブルも乗り切れるはず。5楽章も任せてください。
Vnばば
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記