2018年11月30日

市民オケと学生オケとのギャップ

はじめまして。初めてブログを担当させて頂きますチェロパートの1人です。
八幡オケに入り早1年、思っていたよりも早くブログの番が回ってきました。同時にその1年を振り返ると、以前よりも確実に成長をしていたりして、本当にこのオケに入って良かったなと思っています。
ただ、入る前は市民オケってどんな所だろうと、割と不安で、一心不乱にこのブログを読み漁ったりなんかしていたのは記憶に新しいです。
実際入ってみても、最初の方は学生オケと市民オケとの違いに戸惑う事も多く…今回は折角なのでその戸惑いポイントを書き連ねてみたいと思います。
同じ境遇の人が、この記事を見ているかは分かりませんが、もし見ていれば参考になれば幸いです。

その@集合練習が週1回しかない!
当たり前ですが、学生オケでは何回もあった練習が市民オケでは週1です。分かってはいましたが、やはり少ない!この週1回の練習で、いかに多くのものを得て、次の練習に繋げるかが課題でした。ちゃんと譜読みをしないと死にます

そのA楽器歴が長い人ばかり!
私みたいな学生オケ上がりのヒヨッコにとっては周囲の方が楽器歴も長く、上手すぎです。思っていたよりもアウェイ感感じまくりです。
正直、なかなかキツイかと不安には思っていましたが、幸いにもこのオケの方々は優しく、成長をずっと支えて頂けています。

そのB「音楽をやりたい」人だけが集まっている!
一番学生オケとのギャップを感じたのはコレです。
学生オケでは、多かれ少なかれ、同じ団員同士でも音楽への熱意に差を感じることがあります。
例えば真剣に音楽をしたい人もいますが、クラブ活動である以上、部活として入っている人、稀ですが不純な理由で入った人も見たことがあります。もちろんそれ故に面白いところや、学生オケならではの醍醐味も沢山ありました。
一方八幡オケは、真剣に音楽をやりたい人ばかりが集っていると思います。初めて男山の練習場にきた時も、上手く表せませんが、音楽に対する熱意が渦巻く高濃度の空気感が感じられました。


私は、楽器が上手くなりたいとか、音楽をもっと深く知りたいとか、ずっと考えて楽器をやって来ました。自分で言うのもなんですが、学生オケでは人一倍自主練していたくらいでしたし。(頭が悪いから人一倍やらないとダメだっt)

そこにマッチした環境だったのか、八幡オケに来てから音楽をする楽しさについて、それまでより更に深く知ることができました。本当に感謝しまくりです。
私はまだまだ八幡オケの戦力となるには程遠いですが、頑張っていきたいと思ってます。
Vcのひよっこ
posted by 八幡市民オーケストラ at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記