2019年04月20日

母校に癒されて

先月、母校吹奏楽部の定演に出演しました。現役生とOB・OGの合同演奏に8年前から参加させてもらっています。私は45年前にこの中学でクラリネットを始めました。当時母校は男子校で文化系のクラブ員は少なめでした。しかし、2000年には共学となり女子部員が激増、中高合わせて90人余となり、近年はコンクールでも優秀な成績を上げているようです。
私は高2の秋まで続けながらも中途退部してしまいOB・OG会には入っていませんでした。
 しかし、34年前ここ八幡市民オケに入団すると、母校の5年後輩君が在籍していたのです。そして、彼がOB・OG会の会長になり、中途退部者でも入会できるように変更し私を招き入れてくれました。 こうして毎年早春に母校を訪れるようになりました。 校舎やグランドも改修され美しくなりましたが、やはり懐かしいものです。OB・OG達もほとんどがかなりの年下ですが、あたたかく迎えてくれました。そう、ここは大学オケのOB・OG会よりもやさしい雰囲気があります。この和んだ雰囲気が私を毎年参加させる要因かもしれません。 それよりも最近は現役生たちの成長を見るのが嬉しく思うようになりました。1年ぶりに会うと、身長も伸びて大人っぽくなっていたり、腕前がグンと上達していて驚きます。そして、現役生達の直向きな姿勢に胸を打たれ、何か私にできることはないかと考えますが、 どのようにしたものかと迷います。コンクール入賞を目指す団結した練習は、青春の1ページとしてたいへん美しいと思います。でも、その先にある深い音楽を意識してもらえるようなきっかけを作ることができたらいいのですが、私の力量が及ぶものかどうか・・・。
クラじいじ

14C0A552-A8C8-491D-97CC-4051BCD0CA7C.jpeg
posted by 八幡市民オーケストラ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年04月01日

演奏会の楽しみ (私の場合)

振り返ってみると、いわゆるプロの演奏会に昨年は4回、一昨年はなんと7回も行っていました。今年もすでに2回。 演奏会といっても、最近はオーケストラではなく、アンサンブルの演奏会ばかり。 というか、 なんと全部トロンボーンの演奏会!! (これは偶然)
トロンボーン四重奏6回、トロンボーン奏者8人の、ヨーロッパと日本のアンサンブルがそれぞれ1回、バストロンボーン・ソロ(+ピアノ)2回、バストロンボーン・デュオ(+ピアノ)1回、バストロンボーン四重奏(!)1回、ジャズトロンボーン奏者3人のジョイント(+リズムセクション)1回。 今回このブログを書くにあたって手帳を見直してみて、この事実に自分でもびっくり。 偏っているなぁ。 よほどトロンボーンが好きなんですね。  (^^ゞ
  演奏会情報はインターネットでさがしたり、プログラムに挟み込んであるチラシで見つけたり、トロンボーン吹きの仲間からの情報だったり。 トロンボーンだけでもこんなにいろいろな組み合せの演奏会があり、どれもとても楽しめることに驚いています。
これらの演奏会は、平日夜の開催がほとんど。会場も、大阪駅周辺や豊中が多いですね。某Pホールなら開演直前まで残業出来るという羨ましい方も同じパートにいらっしゃいますが、私の職場からは大阪駅まで1時間30〜40分はかかります。 なので、チケットを買ったときは、さっさとお休みにするに限ります。 難しいけど。
チケット代数千円で国内外の憧れの奏者やアンサンブルの演奏を直接聞いて楽しめるのですから、演奏会っていいですね。プログラムにかかれていたり演奏の間に紹介される曲の解説、メンバーや楽器についてのエピソードなども興味深いです。
CDやYouTubeでは味わえない音の響きや息のスピード感など、絶対マネできないけれど毎回たくさんの刺激を受けて家路につくのです。こんな時は無性に吹きたくなり、週末の練習がとても待ち遠しく思われます。 あ〜ぁ。 あんな素敵な音で吹けないかな。
不良サラリーマンのBボントロ吹き
posted by 八幡市民オーケストラ at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記