2019年06月22日

八幡オケ歴11年

八幡オケに入団して11年。
年齢を聞かれゾロ目です!と言って11歳サバをよんでいたのを思い出します。
当然の事ですが、今年もゾロ目になりました。

入った当初はオケ経験が少なかったので、自分のパートを吹くのに精一杯であまり周りの音を聞けてなかったなぁ、と振り返る今日この頃です。
今頃になって弦の方の背中を見ながら、良い音がする、誰かなぁ、あの方はそんな音なんだ、金管カッコいいなぁ、こっそり振り返りニヤニヤしたり、と楽しみ方も変わってきました。

反省会と称した飲み会で、もう中堅なんだからもうちょっと頑張らんと、と言われ確かになぁ、と反省。
いつも演奏会ギリギリで仕上がってくる私。
今回大好きなショスタコーヴィッチを演奏できるので、テンション上がっていつもより練習に力が入ります。
毎回どんな曲にもこのテンションで取り組むべきだなぁと再確認いたしました。

毎週土曜日に皆さんと演奏し、笑い、美味しいビールを飲む。
こんな幸せな生活が長く続きますようにと健康に気をつけたい11年目です!

笛吹きR
posted by 八幡市民オーケストラ at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月09日

愛すべきヴィオラのひとびと

先日八幡市民オーケストラでの初舞台を終えたばかりの、新参ヴィオラ弾きです。
子育てのため一度オーケストラから離れ、今回5年ぶりの演奏会となりました。
これまでいくつかのアマチュアオーケストラに入団したり、エキストラで出させていただいたりしましたが、どの楽団にも共通するヴィオラパートの特徴や雰囲気があるように思います。八幡オケのヴィオラパートの皆さんもやはりどこかそういう空気をまとっていて、「ああ、ヴィオラ生活に戻ってきたんだな〜」と、とてもしっくりきました。

私が考える、ヴィオラびとの特徴を挙げてみます。
1 真面目で出席率がいい。
2 謙虚。
3 片付けが素早い。
4 女性はしっかり者が多く、演奏はアンサンブル重視。
5 男性は紳士的だけど、どことなくマニアックな人多数。演奏は色気orパッション重視。
6 女性の方が強い。
7 お酒を飲んでも顔に出ない。態度も全然変わらない。
8 どこからかお菓子が回ってくる。
・・・もちろん全員に当てはまるわけではないのでしょうが、こういう人たちが多数生息しているのがアマチュアオーケストラのヴィオラパートだと思っています。
(C〜Eはチェロにも当てはまるかもしれない。)
ちなみに、ヴィオラびとが楽器を始めた動機は「大学(など)でオケやりたいと思ったら、ヴィオラなら初心者大歓迎って言われた」が1位だと思います。(八幡オケではまだ確認できていないので、今度ぜひアンケートを取りたいです!)

一つだけ、今までのヴィオラパートにあって、八幡オケヴィオラパートになかったものがあります。それは、「本番前の栄養ドリンク」です。過去15年間、本番前に皆で一気飲みが習慣でした。ヴィオラは重く、姿勢は疲れやすいので・・・。ところが八幡オケではそんな雰囲気が全然なく、皆さわやか!私も思わず飲みそびれてしまいました。結果本番中めちゃくちゃ後悔したので、次回は一人でも飲もうと思います。(^-^;
八幡市民オーケストラヴィオラパートの、ほかにない特徴を挙げるとすれば、この「さわやかさ」なのかなあ・・・と思ったりした演奏会でした。
そんなこんなで、これからもヴィオラびとたちを愛でつつ、新たな一面も発見していければと思っております♪
by来年の朝ドラが楽しみなヴィオラ弾き
posted by 八幡市民オーケストラ at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記