2016年02月07日

大分のおいしいごはん

私は大学生の頃から八幡市民オーケストラにはお世話になっているのですが、関西に来てから一度しか大分県民に出会ったことがありません。

故郷への愛をもて余しているので、私の実家でよく出てくる大分のごはんについてご紹介させていただきます。

@とりめし
ごぼうと鶏、お米というシンプルな具材。
味付けは、甘くて濃いめの九州のお醤油、酒、砂糖。
炊き込むのではなく、先に混ぜこむ具材を炒めるのがポイント。

Aりゅうきゅう
お夕飯にて、
『おさしみ、たくさんで余っちゃった、てへ (。-∀-)』
その、翌日出てくるごはんです。
いわゆるヅケに近いものですが、甘いのが独特なのではないでしょうか。
ごはんに乗せてお湯をかけてお魚は半生でいただきます。

Bとりてん
最近有名になってきたような気がします。
軽く薄めの鶏むね肉の揚げ物です。ポン酢でいただきます。
唐揚げともフリッターとも違います。

さて、三点のみご紹介させてもらいましたが、他にもおいしい食べ物はたくさんあります。

ということで、このブログをご覧になった皆さま、ぜひ大分にいらしてください。

Vn よいお家のねこになりたい
posted by 八幡市民オーケストラ at 19:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ずいぶん遅いコメントすみません。実は、4年ほど大分に居ました。いずれの食べ物も良く存じております。最近、近所のうどん屋(私ン家はくずは駅から徒歩15分)で、トリ天が提供されていることに気づき、嬉しく思っています。大きなトリ天の乗ったカレーうどんがとても好きです。
Posted by くまモン at 2016年06月26日 08:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173660552
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック