2016年12月27日

ファゴットは難しい

オケの練習のある土曜日はなんとなく朝からそわそわして落ち着かない。
ゴソゴソと苦手箇所をさらってみたり昼寝したりしているうちに夕方になり、
楽器を背負って練習場に向かう。

早めに出たし、樟葉でお茶でもしていこうかな?
今日はよくさらったせいか心が軽い。合奏が楽しみ。
気のせいか背中も軽い。まるで何も背負ってないような軽さ。うん、とても軽い♪
え?ホントに背負ってない!?忘れた!!!!

あろうことか楽器を背負ってくるのを忘れていた。
慌てて取りに戻り、お茶どころかギリギリに合奏に飛び込む。
こういうことが半年に一度はあるから情けない。
外出先で忘れてくる人はたまにいるが、
家から忘れて来る人は珍しいと周りにはあきれられている。


こんな忘れ物大王の私にはファゴットという楽器は難易度が高い。
なにしろ本体が4分割されており、組み立てた後にハンドレスト(※1)、ボーカル(※2)、リード(※3)を付けて完成である。
いざ合奏が始まる段になって「リード忘れた!ハンドレストどっか行った!」とゴソゴソ取りに行くなんてことも多い。
ベルジョイント(※4)なしでステージに上がってしまい
慌てて取りに戻ったというアホな経験もある。


来年の目標は忘れ物をしないことかな?
一度でいいからすべてを完璧に装備して合奏に臨みたいものだ。



わかりにくい注釈 「執筆者の個人的意見」

※1 小さな部品 なくても演奏は可能。
※2 小さな部品 なくては演奏不可能だが、パートメンバーに借りることは可能
※3 小さな部品 なくては演奏不可能で、借りたものでは音が出ない可能性もある。
※4 楽器本体の一部 なくても演奏は一応可能だが、音程や音色などに問題が生じる。第一みっともない。

わかりやすい画像  「YAMAHA 楽器解体全書」より
http://www.yamaha.co.jp/plus/bassoon/?ln=ja&cn=11503
​​​​​​​​ストラップ忘れた
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178180127
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック