2017年02月26日

初めての発表会

エレクトーンを習っている5歳の娘が、先日初めて発表会に参加しました。

いつか「娘にチェロの伴奏を弾いてほしい」という完全に親の都合で、2歳から音楽教室に通うようになりました。
最初はリトミックなど、音楽の楽しさを感じるところから始まり、
3歳からエレクトーンに少しずつ触れ始め、今では少しずつですが、器用に左手も交えて演奏するようになりました。

本番までの約2週間、一緒に演奏会に向けて毎日練習し、ミス無く演奏出来るようになっていきました。
「上達してるなぁ」と私も感心し、本人も「大丈夫!」と自信満々で本番に望みました。
しかし、いきなり冒頭で一度も起こした事の無いミス!
練習の時は、ミスをすると、弾く手を止めて「もう一回最初からやりたい!」と言う事が多かったので、
「手を止めてしまうのではないか?」と思い、私も一瞬冷や汗が出ました。
しかし、そこで諦めず、もう一度頑張ろうと必死に演奏を続け、見事に最後まで演奏をやりきりました。

演奏が終わった後、「大丈夫かな、落ち込んでないかな?」と少し心配しながら、「どうだった?緊張した?」と聞くと、
「何かドキドキした。でも楽しかった。失敗したけど最後まで演奏したの凄いでしょ?」と答えが返ってきました。
あれだけ練習したので、内心きっと落ち込んでいたのでしょうが、
そのような素振りは全く見せず、気丈に振舞う姿を見て、頼もしく感じました。

音楽を通して、色々な経験をしながら一歩ずつ成長している姿を見て、少し嬉しくなる一日でした。
少しほろ苦いデビューとなった初めての演奏会の後、娘はこれまで以上にエレクトーンが好きになったようで、毎日楽器に触れて遊んでいます。
これからも音楽と共に、のびのびと成長していってほしいです。

一緒に演奏出来る日は、思ったよりも早く来そうな気がします。
(Vc. M)
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/178904045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック