2017年04月29日

ロビコン

第49回定期演奏会まで1ヶ月を切りました。
本番でのより良い演奏を目指してラストスパート!という感じです。
そして本番直前のロビーコンサートの準備も本格的になりました。

演奏会当日、早くホールに到着されたお客様がホール開場まで立ったまま並んでずっと待ってくださっているのが申し訳なくて、お待たせしている間、少しでも楽しんでもらおう(時間を潰してもらおう?!w)とロビーでアンサンブル演奏をさせてもらったのが八幡市民オケ定期演奏会でのロビーコンサート(略してロビコン)の最初です。
ロビコンを実施しなかった演奏会もありましたが、最近はほぼ毎回1、2グループが行っています。これらの出演者は、団内で順番が決められているとか、くじ引きで決めるとかではなく、全て自主的出演者です。プログラムもこの出演者たちが自由に選曲しています。
私は定期演奏会に関連する選曲での木管五重奏で既に2,3回出演させていただいてます。

実は初ロビコン出演は、私を含む木管五重奏のグループでした(たぶんそのはず)。
で、はてさてその一番最初はいつだったかなぁ・・・って、う〜ん、正確に思い出せない。
創立25周年第30回定期演奏会で「オケの誕生祝い」として木管5重奏の「ハッピーバースデー変奏曲」を演奏したはずなので(これが最初だったっけ?)、ロビコンは少なくともかれこれ10年は続いていることになります。

今では当たり前のようにロビーで演奏していますが、一番始めは分からないことだらけでいろいろ苦労しました。
ホール側からロビコンOKの返事はいただいたものの、「小ホールなど他の施設を利用される人たちの動線を妨げないように」という注意が。
ご存知の方も多いと思いますが、八幡市文化センターには大ホールの他に2・3階に会議室や練習室、4階に小ホールなどが有り、大ホールロビーには展示室や喫茶室、二人の兵馬俑とたくさんの柱もあります。
ロビー内、演奏する位置次第で、センターを利用される方々に迷惑がかかるかもしれません。それは防がないと!
演奏位置としては、左右どちらかの兵馬俑の前以外は考えにくかったのですが、さぁどうしたもんじゃろの?
ホールに向かって右だと展示室入り口を塞ぎそうだし、左だと喫茶室や小ホール等へのエレベーターへの動線を妨げそう。柱もたくさんあって演奏立ち位置によっては並んでいる開場待ちのお客様と向かい合えないし・・・
検討の結果、当時展示室で催事をされていた方にお許しをいただいた上で(その節はありがとうございました!)、展示室入り口の手前、右の兵馬俑前にスペースを取ることができました。
が、他にも問題が。
それは響きです。ロビーにはホールのような演奏のための音響設計はされていません。
うっかり楽譜どおりにf(フォルテ)で演奏してしまうと音が響きすぎて何の曲なのか全く分からなくなってしまうという事態に陥ってしまうため、音量の加減には大変難儀しました。

そんなこんな他にもいろんな苦労があったわけですが、ロビコンに出ない団員からのたくさんの理解と協力もあって無事に回を重ね、今では定期演奏会本番直前ロビコンがほぼ恒例となっていることをうれしく感じる今日この頃です。

今回の第49回定期演奏会でもロビコンを行う予定です。
どんな曲が登場するかお楽しみに!!


おざQ
posted by 八幡市民オーケストラ at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179587709
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック