2017年07月22日

発端はへヴィーメタル

今回は2ndVnの担当です。私は八幡オケ入団し4年目になりました。
八幡オケには様々な楽器を演奏される方がいらっしゃいますが、皆さん楽器を始めるきっかけは何だったでしょうか?
管・打楽器やBassの方は、吹奏楽がきっかけという方が多いと思います。弦楽器に関しては、子供の頃に習っていた(習わされていた?)、学校のオーケストラ部で楽器を始めた、大学でオケを始めた、大人になって始めたといったように時期もきっかけも様々のようです。

私は大学オケからヴァイオリンを始めたのですが、発端は「へヴィーメタル」でした。
というのも兄の影響で小学生の頃からロックに興味を持ち、中学生になるとロック仲間とコピーバンドを始めるため、小遣いを貯めてエレキギターを購入しました。当時はメンバー全員が楽器初心者ということもあり、ボン・ジョヴィようなポップロック(?)から始め、レベルが上がるにつれラットやモトリー・クルーといったLAメタルを経て、アイアンメイデン、メタリカ、メガデスといったハードロック・へヴィーメタルと呼ばれるジャンルに次々と移行していきました。(どんな曲かを知りたい方はYOUTUBEで検索してみて下さい)
やはりへヴィーメタルでのギターの醍醐味と言えば「速弾き」ということで、色々な難曲に挑戦していきましたが、
その中で出会ったのが「イングヴェイ・マルムスティーン」というギタリストでした。

彼は近年はエレキギターとオーケストラの組曲を作り、日本でも新日本フィルハーモニー交響楽団と演奏会を行っているので、ご存じの方も多いかも知れませんが、当時はアルカトラスいうバンドでメジャーデビューしたばかりの新進気鋭の若いプレーヤーでした。その後、ライジングフォースというバンドを結成してバンド活動を始めますが、単なる速弾きではなく、旋律がメロディアスであることから大ファンになり、当時は毎日必死に練習をしていました。

そんな時、とある雑誌の記事で、彼はパガニーニに影響され、ギターでパガニーニ(カプリース5番)を演奏していたとの情報を得て早速CDを買いに行きました。それが初めて購入したクラッシックCDであり、ヴァイオリンの音色に魅了されたCDでもあります。
その後、エレキギターでパガニーニを弾きこなそうと練習しておりましたが、「どうせやるならヴァイオリンでやろう」と思い立ち、大学オケでヴァイオリンを始めたのがヴァイオリンを始めるきっかけでした。

[写真1] 記事が載っていた雑誌の表紙、(1990年発刊です・・・)写真1.jpg

[写真2] 雑誌中の1ページ、このページが無ければヴァイオリンを弾いていなかったかも
写真2.jpg

大学オケ時はへヴィメタの癖でヘッドバンキング(頭を前後に振りながら演奏すること)して指揮者に「お前のはヴァイオリンじゃない!」と良く怒られていましたが、就職後は転勤等もあり、楽器に触る機会もめっきり減っておりました。
八幡オケに入団後は、良い雰囲気の中、改めてヴァイオリンの楽しさに気づき、毎週楽しく楽器を弾かせて頂いております。ただ、未だに独学でヴァイオリンを弾いているので、上達は亀並みに遅く(むしろ年齢と共に悪化?)、元々ヴァイオリンを始めるきっかけであったパガニーニはいつ演奏できるようになるのやら、焦らずに気長に楽器を続けたいと思います。
(流石に、ヘッドバンキングはしていないつもりですが・・・、してませんよね?)
2ndVn / ブランクながい
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180419115
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック