2017年12月23日

ソロのお楽しみ♪

お楽しみシリーズ ( 勝手に作りました ) 第3弾はソロです。
普段はオーケストラの中の 1 人で、それも楽器はヴァイオリン。常に同じ楽譜を 10 人以上で演奏しているので、大きな声では言えませんが、まあ弾けないところがあっても、ぶっちゃけ私以外の誰かが弾いてくれる訳でして…( ゴニョゴニョ ) 。
小節を数え間違えて迷子になっても、トップの方が前で合図を出してくれるし…(さらにゴニョゴニョ)
そんなオーケストラ生活を長年謳歌してきた私に、ソロで弾く機会がやってきました。数年前より習い始めた先生のヴァイオリンの発表会です。発表会といえども、人前で、それも1人で弾くことなど、これまで縁のなかった私にとっては、さあ大変、これは一大事です!!

まずは曲決め。何を弾きたいという意志すらなく、先生に勧められるままに曲は決めました。大人しく恥ずかしがり屋の私(本当です!)にとってはハードルの高い情熱的な曲で、本当に弾けるのだろうかと不安でいっぱいでした。

・ゆっくりのテンポで練習する時もフレーズはちゃんと感じて。
・最終的に飛ばす奏法のところも、最初はしっかり音を響かせるところから。
・オーケストラのようなPPの弾き方だとソロは全然聞こえない。音色で変化をつけて。
・難しいところこそ積極的に行かないと、気持ちがひるんだら弾けないよ。

などなど、先生からはたくさんのアドバイスを頂きましたが、一番印象に残っているのは、
「もっと自由に表現して!!」のお言葉です。
私が1人で弾く曲です。どんな風に演奏して、どんな曲にしたいのか、自分で考えて、もっと自由に表現の幅を広げないといけませんが、弾くのが精一杯でなかなか広がりません。う〜ん、難しい(泣)

仕事やオーケストラや家事の合間に少しずつですが練習を重ね、ついにピアノの方と合わせる日が来ました。初合わせの時は、どこに立って弾いたらいいのかもわからず、タイミングも取れず、私が弾けないと当たり前だけど曲は止まるし、ピアノと一緒だと自分の音程の悪さはよくわかります。
そんな状況でしたが、ふと思いました。
これ、もしかしたら楽しいかも〜!!
これまで必死で練習して来た曲を、ピアノと合わせて弾くことは、想像以上にものすご〜く気持ちよかったのです。本番は緊張しましたが、その場にいる人が全員私の音を聴いてくれている、という状況にこれまたぞくぞくしてしまったのです!!
そのぞくぞく感を忘れられず、今、3 回目の発表会の準備を始めたところです。2回目からは曲は自分で決めました。自由に表現できるようには、まだまだなっていませんが、長い期間、1つの曲の全ての音と向き合って、それを人様の前で弾くことは、大変だけど、楽しくて♪楽しくて♪
すっかり病みつきになってしまいました。

ソロを経験してから、オーケストラで弾くときも、これまであまり考えずに弾き散らかしていた音符に対して申し訳なかったなと思うようになりました。
どんな音が出したいか(→今年の八幡オケのテーマです!)どんな表現をしたいか、考えるのはソロもオーケストラも一緒だと今更ながら気づきました。ということで、まずはコッソリと弾いているフリをするのは、もう(なるべく)やめようと心に誓ったのでした。

邪悪なVn弾き
posted by 八幡市民オーケストラ at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181923427
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック