2018年09月16日

赤ベルへのあこがれ

自宅で原稿を書いている外は台風21号の雨風が容赦なく壁を叩きつけています。
 近年プロ・アマを問わずトランペットは銀色の楽器が主流です。
 金管楽器に使われている金属は「真鍮」と言って銅・亜鉛の合金です。それぞれを混ぜる比率によって音の質が変わります。特にトランペットは先端の朝顔(ベルの部分)の材質が音質に大きく影響します。一般的に亜鉛が多いほど黄色っぽく、輝かしい響きになり、
銅が多くなると柔らかく温かみのある響きになると言われています。通常は保護のため薄いラッカーをかけるのですが、今主流の「銀」は外側に銀メッキをしたものです。他にも金メッキとかありますが、銀メッキをするとしっとりとした響きになるため、最近のオーケストラでは良く用いられています。
 日本で最初に本格的なトランペットが作られたのが(記憶をたどると)ニッカンの「インペリアル」という楽器で確かにベルは赤かったと思います。その後ヤマハから「プロモデル」が出され、プロ仕様の「カスタム」と引き継がれていく段階でいつしか赤ベルは製造されなくなりました。中学時代吹奏楽部で安物の学校備品を吹いていた頃、高校に行った先輩が持っていた「ホルトン」の赤ベルにあこがれ、いつかは自分の赤いベルを持ちたいと夢見ていました。
 大学を出て就職し、ようやく給料を貯めて自分の楽器を買えるようになりましたが、すでにヤマハはイエローブラス(黄色)中心で、仕方なくレッドブラス系のシルバーを購入しました。当時はヤマハばかり吹いていましたが、軽くて鳴りが良いのですが何となく音色に不満を感じていたところ、習っていた先生からフランスベッソンでカンスタルモデルがとてもいい響きがするよと勧められ、銀メッキでしたがその温かい響きが気に入って早速購入しました。
 しばらくこの楽器に助けられましたが、ある時ベッソンにいたカンスタルが独立してアメリカでカンスタルブランドとしてプロ仕様の赤ベル(ラッカー)を制作していることを知りました。でも私が欲しいC管が日本では人気が無く、大手楽器店では入手できない状態でした。あきらめかけていた時、たまたまウェブで中古楽器という店の倉庫にC管のカンスタル(未使用品!)があることを知り、東京出張の折にいそいそと新大久保まで足を延ばし、試奏してみると、私が求めていた響きがしました。早速その場で購入し持ち帰りました。
 この楽器はなかなか思うように大きな音が鳴ってくれなかったのですが、(おそらくヤマハが製造をやめた理由がここにある?)最初からppは遠鳴りのする暖かい響きを得ることができました。この楽器は今も大事に持っています。今回のバルトークでも使用しますが、銅の比率が多い(通常7割前後が赤ベルは9割程度)ためベルのあちこちがへこんでいます。
 吹き込んでいくうちにffも良くなるようになりました。(Fgの皆さんうるさくてすみません)折角手に入れた赤ベルです。長く使っていきたいと思っています。

Tp はやし
posted by 八幡市民オーケストラ at 22:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184439620
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック