2018年10月28日

第52回定期演奏会について

演奏委員としてブログを書いて欲しいとの依頼を受けました。いつも演奏会後の叱咤激励コメントを委員長、副委員長から頂いておりその代りにはなりませんが、私なりの第52回定期演奏会の感想、今後の取り組みへの思いを書いてみました。
まずアマチュアのオーケストラとして一つのプログラムを半年間練習できるのは贅沢なことで、曲を理解して、ほとんどの場合会ったこともない作曲者とは時に戦い、時に寄り添って、演奏を作り上げて行くことは至上の喜びです。
今回の演奏会の前半はベートーヴェンの交響曲第8番とドヴォルザークの「アメリカ組曲」。ベートーヴェンの颯爽とした格好よさと、ドヴォルザークの眼前に浮かぶかのごときボヘミアの風景(行ったことないけど)の対比が良かったですね。練習の過程で、ないものねだりとは分かりつつも、目の前の楽譜から離れて、生まれてくる音楽そのものに浸れる演奏技術、表現力、曲想への理解、があればいいのにと常日頃思っていました。本番直前、指揮者の三河先生に導かれるように皆のベクトルが揃いました。もっと早く完成度が上げて曲を楽しめる時間が増やしたいところです。
メインはバルトークの「管弦楽のための協奏曲」、このところ、シュトラウス/英雄の生涯、ラフマニノフ/交響的舞曲と難曲が続いてきた中で、改めて課題を突き付けられた思いがしました。それは、「私達はテンポの変化に弱い」ということです。走り出したら急に止まれない、変拍子でステップをひとつ加えると飛ばしそうになり、ひとつ飛ばせばつんのめります。加えて出番が常にトリッキーで入りを間違いそうなところも多く、これほど本番スリリングな演奏になったのは初めてでした。奏者としての個人的な感想ですが、5楽章は幾度となく訪れる危機をしのぐのに必死でとても音楽に浸る余裕はありませんでした。終盤、自分の演奏が大勢に影響がなくなってから、つまり少々音を外しても大丈夫となった後のフィナーレ、加えてアンコールのルーマニア民俗舞曲の流れは夢中になって吹くことができ、心底楽しむことができました。この楽しむと言うのが実に大切で、練習時から楽しむことができれば、本番はより生き生きと演奏できるのではないかと考えています。
このところ個人練習の際に心がけていることとして、自分のパートを練習しながら、周囲のパートを思い浮かべるようしています。流れに乗ることや、和音の吹き方など、いい練習になるのですが、バルトークのように複雑な曲は吹いているうちにこんがらがって脳内から血が出そうになるのが難点。でも2,3回の練習で本番に臨むプロのオーケストラと異なり、練習期間は十分にある私達です。一度、団員のみなさんもお試しになられてはいかがでしょうか。
最後に、演奏会当日は秋空が綺麗に晴れ渡り、芸術の秋にふさわしい気候の中、演奏会が開催できたことがとても喜ばく感じました。この夏は地震や台風の襲来が重なり、練習時間の確保にも苦労しましたが、改めてオーケストラの中で演奏できること、多くのお客様にお越しいただき、時間を共有できたことを感謝します。

M君
posted by 八幡市民オーケストラ at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184794534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック