2019年01月19日

作曲者の自作自演について

今年は年頭からインフルエンザでいきなり寝込むという波乱の幕開けとなりました。今大変流行っているようなので皆様十分にお気を付け下さい。

それはさておき、作曲者の自作自演の録音というのも調べて見ると結構色々あって面白いです。古いものでは1880年代位から有るようです。

今回の定期演奏会の演目では、ブリテンの「青少年のための管弦楽入門」に作曲者指揮によるステレオ録音が残されていて、参考になる非常に立派な演奏です(ナレーションは省略されているヴァージョン)。ブリテンに限らず、20世紀半ば〜以降位まで活躍した作曲家、ストラヴィンスキー、ヒンデミット、R,シュトラウス、エルガー、ラフマニノフなどは主要な作品の多くが作曲者の自演で聴けます。

また、今回のもう1つの演目であるプロコフィエフのバレエ音楽「ロメオとジュリエット」についても、珍しく作曲者指揮による第二組曲全曲の録音が有ります(1943年)。
さすがにこの年代では良い音と言う訳には行きませんが、それなりには聴けます。演奏は、旧ソ連によくある劇的効果を強調した爆演系ではなく、速すぎないテンポで良く歌われた丁寧な演奏です。

この演奏で特に面白いのは1曲目の「モンタギュー家とキャピュレット家」で、トレーナーさんから3連音符にならない様に注意されるお約束の付点8分音符+16分音符の旋律の部分について、最初の弦楽器は上記リズムをとても几帳面に正確に演奏しているのですが、後半になって、この旋律がサキソフォンで戻ってきた時には見事なまでの3連音符でグダグダになっていて思わず笑えてきます。

さすがに、ブラームスの交響曲自演の録音はありませんが、ブラームス唯一の自演の記録としてハンガリー舞曲第1番のピアノ演奏(1889年)があります(入っている声は別人のものらしい)。これは本当に蚊の泣く様な音で、ほとんど聞き取れない位の貧しい音なのですが、ブラームス本人が演奏していると思うと感慨深いです。他に面白いものではチャイコフスキーの声のみの録音(1890年)というのも有ります(演奏は無し)。

ご興味のある方は、YouTubeなどで検索してみてください。
トランペットMY
posted by 八幡市民オーケストラ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185405886
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック