2019年04月01日

演奏会の楽しみ (私の場合)

振り返ってみると、いわゆるプロの演奏会に昨年は4回、一昨年はなんと7回も行っていました。今年もすでに2回。 演奏会といっても、最近はオーケストラではなく、アンサンブルの演奏会ばかり。 というか、 なんと全部トロンボーンの演奏会!! (これは偶然)
トロンボーン四重奏6回、トロンボーン奏者8人の、ヨーロッパと日本のアンサンブルがそれぞれ1回、バストロンボーン・ソロ(+ピアノ)2回、バストロンボーン・デュオ(+ピアノ)1回、バストロンボーン四重奏(!)1回、ジャズトロンボーン奏者3人のジョイント(+リズムセクション)1回。 今回このブログを書くにあたって手帳を見直してみて、この事実に自分でもびっくり。 偏っているなぁ。 よほどトロンボーンが好きなんですね。  (^^ゞ
  演奏会情報はインターネットでさがしたり、プログラムに挟み込んであるチラシで見つけたり、トロンボーン吹きの仲間からの情報だったり。 トロンボーンだけでもこんなにいろいろな組み合せの演奏会があり、どれもとても楽しめることに驚いています。
これらの演奏会は、平日夜の開催がほとんど。会場も、大阪駅周辺や豊中が多いですね。某Pホールなら開演直前まで残業出来るという羨ましい方も同じパートにいらっしゃいますが、私の職場からは大阪駅まで1時間30〜40分はかかります。 なので、チケットを買ったときは、さっさとお休みにするに限ります。 難しいけど。
チケット代数千円で国内外の憧れの奏者やアンサンブルの演奏を直接聞いて楽しめるのですから、演奏会っていいですね。プログラムにかかれていたり演奏の間に紹介される曲の解説、メンバーや楽器についてのエピソードなども興味深いです。
CDやYouTubeでは味わえない音の響きや息のスピード感など、絶対マネできないけれど毎回たくさんの刺激を受けて家路につくのです。こんな時は無性に吹きたくなり、週末の練習がとても待ち遠しく思われます。 あ〜ぁ。 あんな素敵な音で吹けないかな。
不良サラリーマンのBボントロ吹き
posted by 八幡市民オーケストラ at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185795534
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック