2019年05月28日

53回定期演奏会を終えて

五月晴れの中、無事第53回定期演奏会を終えることができました。
ご来場いただきましたお客様、
演奏会に関わっていただいた全ての皆様に御礼申し上げます。

今回の客演指揮者である後藤先生は
当団にお越しいただくのは初めてでした。
取り上げた曲がいわゆる有名曲ということもあり、
初回の指揮者合わせの際、練習会場に今までにない熱気と緊張感が漂っていました。

練習が始まれば、非常に穏やかに、そしてユーモアを交えながらご指導いただきました。
・和声が曲の中でどのように移り変わっていくか、
 そしてその点をどのようにお客様にアピールするか。
・スコアに書かれている全ての声部が聞こえるように演奏する。
 聞こえにくい場合はバランスを思い切って調整する。
・ホール内にどのように音楽が響くか、余響まで含めて音楽を作る。
といった点を強調されていたように思います。
特にブラームスについては、
「元号も変わったことだし新しいブラームスを演奏しましょう」と
おっしゃられていたことが印象的でした。

さて、今週から秋に開催する第54回定期演奏会の練習が始まります。
日程は10/20、指揮者に中井章徳先生、ソリストに上森祥平先生をお迎えし、
ニールセン 序曲「ヘリオス」
ドヴォルザーク チェロ協奏曲
ショスタコーヴィチ 交響曲第5番
を演奏いたします。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。
演奏委員その5
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186061105
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック