2019年10月28日

26年ぶりのチェロコン、次は?

先日、第54回の定期演奏会が無事終了しました。
八幡オケのプログラムでチェロ協奏曲を取り上げるのは実に26年ぶりです。8年前にチェロで入団した私はよく知らないのですが、26年前のチェロ協奏曲もドヴォルザーク(通称ドボコン)だったようです。

チェロコンといえばドボコンといわれるほどの有名曲ですが、今回の上森さんの素晴らしい独奏は、思わず自分の出るところを間違えそうになるほど。そして、ドボコンに続くアンコール曲は<ブリテンの無伴奏チェロ組曲第1番の終曲(第9楽章「無窮動と第4の歌」)でした。
アンコール曲を知っている人はそう多くないかもしれません。
この曲の楽譜をどこかでチラッと見たことがありますが、これってチェロの譜面?と目を疑う超絶技巧の曲で、チェロ団員にとっては、このような曲の実演を間近でみられる楽しみも大きいのです。
なお、今回のアンコール曲は団員にも非公開でした。有名なバッハの無伴奏組曲がくると予測し確信していた私たちチェロパートは「ショスタコのアンコールもバッハだからちょうどいいよね」と勝手なことを言っていたのですが、サプライズのアンコールでした。

前述のとおりチェロコンは26年ぶりということで、26年前から取り上げた協奏曲の回数を確認すると、
・バイオリン 8回
・ピアノ 7回
・クラリネット 1回(10年前)
・チェロ 1回(26年前)でした。
ということで次のチェロコンはまた26年度に・・ではなくて、個人的には4年に1回くらいは取り上げたいなと、そして曲は次もドボコンでなくショスタコ1番とかブラームスのドッペルあたりができたらいいなぁ・・と一人でモヤモヤと考えている今日この頃です。
演奏委員No.6
posted by 八幡市民オーケストラ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186737594
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック