2020年09月19日

リズム取りと体幹

1. 自粛期間
3月半ばから5月一杯世の中自粛というほぼ強制的な措置で、仕事にも行けず、
楽しみであったオケの練習もなくなり、ひたすら「お家で…」という生活を余儀なくさせられました。幸い近所のドンキで奇跡的にAmazon stickを入手できたため、
やや大きなTVにyou tube画面をミラーリング投影して楽しむことにしました。
これまでスポーツクラブで取り組んでいた、ラテン系のダンスとヨガを画面にならって実行してみたのですが、海外の優秀なグループの動きに合わせているのにダンス特有のビートについて行けず最初は息だけ上がってしまう状態でした。ところが、いくつかの特定のグループについて色々な曲をトライして行くうちに、振り付けのパターンが身につき、新しい曲でも何とか勘所を掴んで楽しむことが出来る様になりました。
 また、ヨガではインストラクターに従って息を吸って吐くことに意識を集中する事に注力する様にし、呼吸は改善していますが、特にバランス(例えば立木のポーズ)では全くの様に停止出来ず、常にフラフラ・バタバタという体たらくな状態が進歩しませんでした。如何に体幹がしっかりトレーニング出来ていなかったかを思い知る事になりました。

2. そして今
徐々にではありますが、規制が緩和されオケの練習も指揮者以外通常配置に近い状態に戻りましたが、まだ本番がどの様な形で実施できるのか見通せないでいます。通っているスポーツクラブでも感染対策をかなり過剰に行って営業していますが、ダンスやエアロビクスなどのトレーニングはマスクもしくはフェイスガード着用必須のため、普段の数倍体力を消耗してしまいます。その為出るプログラムをかなり絞って後は家でのトレーニングを継続していますが、一流のメンバーと一緒に出来るyou tubeの方が今は楽しみとなっています。体幹の進歩はなかなかですが、チャレンジすることに意義があると慰めながらやっています。
自粛中の楽器の練習はサイレント・ブラスを装着し、これまでサボっていたエチュードを真面目にやってみましたが、合奏が再開されると自分の欠点であるリズム感の甘さが思い知らされることになりました。またppで揺れずに音をキープする、さらには如何に弱音であっても芯のある響を出せるかは体幹のトレーニングに尽きる様です。課題が明らかになったのは自粛生活の賜物とポジティブに捉え、これからも精進したいと思うこの頃です。

Tp 赤ベル好きのH
posted by 八幡市民オーケストラ at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187934491
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック