2022年01月30日

幸せなこと

音楽活動はしていないある友人が、
「もし完っっ璧に音、臨場感を再現できる再生機器と環境があったら、演奏会のその場に出かけなくてもいいんじゃないか。」
と言った。
その場で演奏したり聴いたりする音楽は本当にその場限りのもので、それを含めて再現あるいは遠隔送信できるとして…
ステージで今演奏されている音楽をその会場で聴くことに完全には置き換えられないなぁ。

「なぜ?」

奏者が目の前にいないし、例えモニターがあったとしてもそれは見たい箇所ではないかも知れないから、視覚的に情報が無い或いは不十分。
演奏会会場の雰囲気が味わえない。

うーん、それに…。

『会場の雰囲気』の一部と言えばそうだけど、その一瞬をその場で共有していること、
奏者と聴き手とで作り上げるその場、空気が無い…?

説明してはみたが友人にはきっとあまり伝わってなくて、「一回聴きに来てみてください!」でまとめてしまったまま、その機会も無く転勤で友人は遠くへ行ってしまった。
人流抑制や人と接触しないことにちょっと世の中が疲れてきた中、人と会うことの意味を再認識する声が出てきて、似たことを話したことがあったなと、私は思い出した。
そう、その、人を介することで伝わる何かなんだけど、上手く言えなかったな。(今もうまく言えないし。)その友人は思い出してくれただろうか?

音楽だけではなくてスポーツも演劇もそうだろうけど、私たちは数十人で半年間その一瞬のために取り組んでいる。皆で活動している。
なんて贅沢で幸せなことなんでしょう!

そんな風に幸せを感じる何かを、きっと皆それぞれ持っているはず。
あなたは何?と、その友人に聞いてみれば良かった。
打m
posted by 八幡市民オーケストラ at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2022年01月22日

40

八幡市民オーケストラは今年で創立40年となります。
私たちのホームグラウンド八幡市文化センターの建設計画がスタートした1981年秋、
「ホールが出来ても演奏する楽団が地元になければ」と、1982年に市内在住のプロの音楽家と市関係者、数名の楽器経験者を中心に結成されました。
当時はまだホールが完成していなかったので、お披露目は八幡小学校の体育館での演奏会でした。
高校2年生だった私はその演奏を聴きに行き、「オーケストラで吹いてみたい」と、部活ではEughoniumだったのに、Trumpetで入団しました。その頃は団員数も少なく、また高校生の団員も多く、こんな無茶が許されたのでしょう。
翌年ホールが完成し11月19日に第1回定期演奏会を開催しました。プログラムは「ウィンザの陽気な女房たち、ベートーベン交響曲第1番、モーツァルトピアノ協奏曲イ短調、スラブ行進曲」で、会場は満席でした。
第2回定期演奏会は1年後の1984年の秋でしたが、1985年からは、7月頃に「サマーコンサート」、11月頃に「定期演奏会」と年2回の自主公演となりました。
1990年からは客演指揮者制となり、「サマーコンサート」は1992年から開催時期を5月に前倒しし「グリーンコンサート」に、これに伴い「定期演奏会」も10月に開催時期を変更しました。
1992年12月には、八幡市で初めての「第九」を演奏、立見が出るほどのお客様にお運び頂きました。
「グリーンコンサート」を「定期演奏会」に名称変更したのが1999年、それ以降、ここ2年間のコロナ禍で5月の定期演奏会が中止になったことを除き、毎年2回の定期演奏会を開催してきました。
他にも市民音楽祭、依頼演奏、TV番組収録等の演奏活動や、管楽器団員による市内中学校吹奏楽部指導、児童センターや市事業での演奏等、地域への協力活動もしてきました。
今年5月に「第57回定期演奏会」を、10月に「第58回定期演奏会」の開催が決定しています。この先「創立50年」「第100回定期演奏会」に向け、八幡市民オーケストラがさらに成長していくことを願っています。
Trp N
posted by 八幡市民オーケストラ at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月28日

来年も聴きたい!

 こんにちは、入団してかれこれ10年のVnです。オーケストラ、楽しいですね。
何が楽しいって全力で音を聴くのが楽しいです。Vnを弾きに行くというより、音を聴きに行っています。みんなでイメージを共有化してこんな音を出そうと努力するのも変化が分かって面白いです。同じ楽譜でも気持ちが入ると空気感というか、印象まで変わります。みんなで作り上げていく音の世界です。
 そして、たまらなく感動するのがみんなで無音を作り出す瞬間です。こんなに人間がいっぱいいるのに、空間に静けさが生まれるという驚き。全員の集中力や緊張感を感じられる瞬間です。みんながそこにいるからこそ感じられる一体感が何にも代え難い面白さだなぁと思います。
 また来年も、毎週土曜日の練習を楽しみに過ごせますように。
雪が積もらないと冬ではないような気分で過ごしてしまう北国出身Vn弾き
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年12月12日

コンプリートリスト

「私はアラフォーのオーボエ吹きです」と言う書き出しで前回のブログ記事を担当させてもらって数年、もはやアラフィフの領域に到達し、アマチュア演奏家人生としては残された時間の方が少なくなってきました。ここらで代表的な交響曲作家について、どの程度演奏に携わって来られたか、振り返ってみたいと思います。なおここではファースト、セカンドなどのパート区分は考えないことにします。

ハイドン:達成率 1.9%(44番「悲しみ」、88番「V時」)
記憶ではどちらもセカンドだったように思います。当時、まだN響の現役オーボエ奏者でもあった茂木大輔さんの指揮でした。
「モーツァルト」達成率 7.3%(25番、36番、38番)
38番はファーストを担当したのですが、本番の舞台の上でお腹が痛くなった苦い思い出があります。
ベートーヴェン:達成率100%
ここまでの曲は以前、小編成のオケに所属していたころの経験が主で、特にベートーヴェンは接する機会が多くありました。パート別に考えても、残っているのは6番「田園」のセカンド、7番のファースト、9番「合唱」のセカンドだけです。7番のファーストはいつかは取り組んでみたいものです。
シューベルト:達成率25%(5番、6番)
4番、7番「未完成」辺りはじっくり取り組んでみたい曲のひとつです。
メンデルスゾーン:達成率20%(4番)
4番はファーストもセカンドも演奏したのですが、それ以外はなかなか`ご縁がありません。とはいっても3番「スコットランド」は難しすぎて・・・
シューマン:達成率0%
10年以上前、2番に取り組めるはずだったのですが、事情により機会を逸してしまい、それ以降ご縁がありません(涙)
ブラームス:達成率50%(1番、4番)
1番を最初に演奏したのは阪神淡路大震災の年でした。いろいろあったことを思い出します。
ブルックナー:達成率0%
わりと好きな作曲家なのですが、全くご縁がございません。5番、8番、9番辺り演奏できたらなぁと思っています。
チャイコフスキー:達成率50%(1番、4番、6番)
1番はセカンドでしたが大学の演奏旅行で取り組んだ曲でした。ムジークフェラインザールで演奏できたことは一生の思い出です。
ドヴォルザーク:達成率22%(8番、9番)
6番、7番は八幡オケでもここ10年の間に取り組んでいるので、もうご縁はなさそうです。
シベリウス:達成率14%(2番)
7番が気になっています。
マーラー:達成率40%(1番、6番、7番、9番)
6番は年始に急遽お誘いがあり、4番オーボエを担当しました。ベルアップがたくさんあって楽しかったです。2番、3番、大地の歌あたりに取り組めたらと思っています。
プロコフィエフ:28%(1番「古典」、5番)
5番は学生時代と八幡オケに入ってからの2度、取り組む機会がありました。学生の時は最終学年だったこともあって、特に印象に残っています。
ショスタコーヴィチ:6.6%(10番)
八幡オケで取り組んだ10番のみです。交響曲の全てが好きな曲という訳ではありませんが、1番や9番は気になる存在です。
ヴォーン・ウィリアムズ、ニールセン、グラズノフ、マルティヌー、・・・:0%
一応、番号付きの交響曲を4曲以上作った作曲家を代表的な交響曲作家とする、という基準にしたので挙げましたが、いずれも0%です。他にもオネゲルやアイヴズもいますが、今後、接する機会があるとしたらニールセンくらいでしょうか。

とまあつらつら書いてきましたが、次の10年にはどんな出会いが待っているでしょうか。
アラフィフヲーボエ吹き
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月20日

コロナと演奏会

1年ぶりの八幡オケ演奏会本番です。他の団員によるブログにも表れていますが、コロナはオーケストラ活動に大きく影響しています。一番の影響はやはり5月の演奏会が2年連続で中止になったことでしょう。5月末頃はゴールデンウィークの影響で患者数が増えるタイミングと重なり、中止の目に遭う確率が上がったためと思われます。状況から覚悟はしていても、また、練習は練習で楽しんだと諦めようとしても、無念さは残りました。次に大きな影響は、緊急事態宣言が出ると、練習が中止になることです。団内の感染を防止するためでもあり、練習場所が閉まってしまうからでもありますが、宣言がいつ終わるか予想ができず、本番についての不安も継続しました。また、コロナ下での選曲では、練習場所の定員減を考慮して大編成を要しない曲を選び、また、練習回数が減る可能性から、通常なら挑戦する難曲や組み合わせも若干避けて検討することになりました。

今回の演奏会は、緊急事態宣言解除での練習再開から本番予定日まで間がなかったため、協議して一ヶ月延期となっています。運良くホールが空いていて、三河先生のご都合も合ったのですが、日程変更で演奏会に出られなくなってしまった団員もでました。お客様にもご迷惑をおかけし申し訳ありません。また、合奏練習回数が減りブランクが入った結果、完成度が平常時ほど上がっていない懸念があります。それでも、団員は再開した練習で音楽をできる喜びを味わい、また、いろんな人の支えを受けてこのように本番ができることに大変感謝しています。お客様にも団員にもコロナで色々な困難な状況にある方がおられるでしょうし、コロナの影響はいつ終わるかわかりませんが、演奏会のひとときをお客様と団員とで共に楽しむことができ、また、団員として音楽を表現し何かを伝えられる演奏会とできれば、幸いです。
基本暑がりなビヨラひき
posted by 八幡市民オーケストラ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月06日

新米トレーナー奮闘記

今回はトレーナーの担当ということで、新米(見習いだったかな?)トレーナーの私が執筆を仰せつかりました。ご承知の通り、今期は初めてのメイントレーナーということで、プラハ交響曲を担当しています。トレーナーとしてクオリティの高い練習ができているかというと、反省すべき点は多々あるのですが、練習後の反省もままならないこのご時世では、反省にも事欠く始末。せっかくこういう機会をいただいたので、ちょっと野暮な気はしつつ、プラハへの自分なりのこだわりを書いてみようと思います。

プラハの練習にあたって最もこだわった(つもりな)のは、一言でいえば、「音楽の形を整える」ということだと思います。モーツァルトの楽譜は、たとえばマーラーやリヒャルトなどとは対照的に、指示があまりしつこく記されていません。当時、いちいち断らなくても当然そうするだろうという不文律は、基本的に書かれることはありませんでした。日頃当たり前に日本語を話している人に、日本語の話し方をいちいち説明しないようなものですね。なので、モーツァルトの楽譜は、楽譜の指示に従って音を並べてもびっくりするほど曲にならず、明示的には書かれていないことを積極的に表現する必要があります。そこで、フレーズの作りをはっきりさせたり、個々の伴奏音型の方向性にこだわったり、聞こえるべき音が聞こえるようにバランスをとったり、何よりも旋律の歌い方にはこだわったつもりです(し、あと2回の練習でもこだわるつもりです)。

もう一つのこだわりは、何と言っても、モーツァルトらしいサウンドですね。モーツァルトといえば軽やかな音で演奏したいところですが、軽やかな音を出すことと、軽く弾くことは違います。ずいぶん若いころに、カルテットで、アマデウス・カルテットの公開レッスンを受講したことがあります(曲はモーツァルトのカルテット)。古い話でだいぶ記憶が薄れていますが、もっと弾け、楽器を最大限鳴らせ、内声がどんどん積極的に音楽を作っていけ、と言われたことが印象に残っています。そしてブレイニンさんの音の美しかったこと!

その後、以前所属していたオケで、フィガロの結婚の全曲を演奏する機会があり、当時ウィーンフィルのコンマスだったウェルナー・ヒンクさんが、弦分奏の指導に来てくれるというラッキーなことがありました。どの曲かは忘れてしまいましたが、トゥッティでフォルティッシモの曲を弾いたところ、フォルティッシモに目がくらんで力んだ音になっていたのだと思いますが、「ショスタコかと思った!!」と笑われました。(そういえば、子供のころにレッスンでモーツァルトの協奏曲を習っていたときにも、「プロコじゃあるまいし、そんなきつい音で弾くな」と叱られました。)その時の弦分奏は、ヒンクさんがコンマスの席に座り、自分が弾きながら弦楽器全体にばしばし指示を出していくスタイルで、隣で弾かせてもらった私は、音の出し方を大いに学ばせていただきました。そんな得難い経験から得た音のイメージを再現できればなあと思っています。

最後に、トレーナーをやって俄かにスコアを真面目に読むようになりました(練習初期のころ、家でスコアを読んでいたら、娘に「何してんの?」と聞かれ、「プラハのトレーナーするから予習」と答えたら、「付け焼刃やな」と言われました)。プラハのスコア、読めば読むほど面白い。意表を突く仕掛けが、大小取り混ぜて満載で、都度ニヤッとしてしまいます。本番では、自分たちが楽しんで演奏することはもちろん、モーツァルトの仕掛けをお客さんに最大限伝えるような演奏をしたいものです。

新米トレーナー2号
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年11月01日

ドヴォルザークの交響曲

こんにちは!!

大学からオケを始め、オケ人生6年目になる私ですが、
その大半をドヴォルザークの交響曲の練習に費やしてきました。

というのも、
1回生:ドヴォ8
2回生:ドヴォ9
3回生:ドヴォ6
4回生:ドヴォ7
と大学時代毎年ドヴォルザークの交響曲を演奏したためです。

ドヴォルザーク運の強さ(?)のあまり
myチェロはドヴォルザークの故郷であるチェコ製のものを購入しました(笑)

さて、皆さんはドヴォルザークの交響曲なら何番が好きですか??

どれも素晴らしい作品で選びがたいですが、
私は1楽章なら、ドヴォ7です。
理由は冒頭、ハンガリー国民が反ハプスブルクの祭典に参加するために汽車に乗るのをイメージしたという時代背景(←エリザベート好き)と重厚感です。
2楽章なら、名曲中の名曲、ドヴォ9です。
3楽章なら、ドヴォ5です。優雅な朝をおくれるような気がして目覚ましに設定しています。
4楽章なら、ドヴォ8で、ソッシッレーが特に楽しくて好きです(笑)

フリアントなら、ドヴォ6です!
《フリアント:チェコの民族舞踊のひとつで主要なフレーズが2+2+2+3+3のリズム》
3楽章のパワフルなフリアントはいつ聴いても元気が出ます。

いま、八幡オケでは11月の演奏会(10月の演奏会が延期になりました)に向けてドヴォ6を練習しています。
ドヴォ6は、7番〜9番のように演奏機会は多くはありませんが、ドヴォルザークらしい天才的な旋律が出てくる一方でどことなく田舎っぽいところが魅力だと思います!

本番まで残り1ヶ月、ドヴォルザークのメロディーを美しく弾けるように、頑張って練習します。

最後までご覧いただきありがとうございました!
匿名
posted by 八幡市民オーケストラ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年08月22日

コロナ禍での音楽活動

新型コロナウイルス感染症(COVID19)のため、昨年から社会生活や活動に影響を受けているという人がほとんどではないでしょうか。私も、音楽活動に限っても、様々な影響を受けました。まず、昨年3月から4月にかけて、友人と計画していたドイツ音楽旅行がキャンセルになりました。計画していたのはミュンヘンでバイエルン国立歌劇場、ミュンヘンフィル、バイエルン放送管弦楽団、バーデンバーデンでベルリンフィルの2回と計5回のコンサートでした。バイエルン放送管弦楽団では、八幡市民オケとも関係の深い見渡風雅さんが演奏しているはずでした。その他、チケットを購入していながら、コンサート会場に行くことを断念したコンサートもありました。5月は八幡市民オケの定期演奏会とブランデンブルグ協奏曲3番などを演奏する予定だった弦楽合奏団の演奏会、7月はベートーヴェン9番、8月はグノーの聖セシリア荘厳ミサ曲の演奏会と軒並み中止になりました。グノーは協演予定だった合唱団が今年ピアノ伴奏で演奏したため、演奏する機会を失いました。今後も演奏機会はないと思うと、とても残念なことです。10月は、八幡市民オケの定期演奏会が無事開かれましたが、私はケガのため出演することができず、客席から皆さんの熱演を羨ましく聴いておりました。音楽できる喜びがあふれた好演で、その中に自分がいなかったことは無念でなりませんでした。
楽器が再び弾けるようになり八幡市民オケに復帰したのですが、感染防止に意を払っているとはいえ、感染リスクはゼロではないため、不安を感じながらの練習参加でした。12月には第三波により練習がキャンセルになって少しほっとしたのも事実です。それでも5月の演奏会を目指し、練習にはできるだけ出席するようにしていました。4月には第4波となり、医療状況もひっ迫する中で、円満院での集中練習に参加しましたが、家族の感染リスクへの不安は大きく、2週間は様子を見てほしいと強く要請されました。家族の理解がないまま、オケを続けることは無理なので、演奏会の出演を見合わせる決断をしましたが、緊急事態宣言により演奏会そのものがまた中止になってしまいました。円満院で、玉井先生の圧倒的な音楽に触れ、深い感動を味わったので、コルンゴルドを発表できないのは本当に残念なことでした。
6月初めに2回目のワクチン接種を終え、7月にはザ・シンフォニーホールでの演奏会に出演しました。演奏できることがこの上ない幸せで、“でき”はともかく楽しく弾くことができました。ここのオケでも、職場から外部での活動を禁止されているため出演を見合わせた団員、ゲネプロと本番だけとなった団員など、様々な葛藤がありました。お子様から“クラブ活動は中止なのに、お母さんはなぜ趣味の活動が許されるの”と聞かれ、答に困ったと話してくれた団員もいました。家族の理解はやはりオケ活動には必須でしょう。何があっても演奏会は実現するという幹部団員と指揮者の先生の強い意志のもとに、様々な制約を乗り越えての演奏会で、すべての団員が演奏できる喜びに満ちていたと思います。
今、デルタ株が猛威を振るっていて、感染状況はこれまでにも増して深刻です。重症者も増え、医療状況は予断を許しません。仮に感染しても病院にかかることができない最悪の事態も考えられます。さらに、第5波が収まったとしても、感染者をゼロにすることは不可能でしょう。したがって、今後は相当数の感染者がある状況で、誰もが等しく感染リスクを負いながら、日常生活が続けられることになります。政府も自治体も結局は自粛ベースで、それ以外に明確な対策を持っていないように見えます。このような状況下で、どのようにしたらオケを続けることができるのでしょうか。2回のワクチン接種済みの団員、未接種の団員が混在する中、感染リスクを最小限に抑えることはもちろん、個人個人の新型コロナウイルスへの理解も欠かせないと思います。私はと言えば、感染を恐れながらも、ワクチン接種済みという安心感をよすがに、感染防止に努めながら、練習があれば出席したいと考えています。ここまで書いたところで、京都府に8月20日から緊急事態宣言が発令されるというニュースに接しました。楽しみにしていた三河先生の練習も中止になってしまいました。10月の演奏会は無事開催できることを、心から願っています。多くの方の協力に思いをはせ、感染しないように、また感染させないように、最大限の注意を払って、オケを続けたいものです。

みっき
posted by 八幡市民オーケストラ at 11:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月15日

「我慢」の功罪

4月25日に圓満院で玉井菜採先生との初合わせがありました。3年ぶりの再会です。本来なら1年前に行うべきものですが、新コロナウィルスのために1年延期となったからです。曲はコルンゴルドのヴァイオリン協奏曲ですが、冒頭のソロがはじまったとたん懐かしい響きに心が躍りました。相変わらず、いや益々円熟味を増した、実に美しくかつダイナミックなパフォーマンスは我々を感動の渦に巻き込みました。初合わせにもかかわらず、練習がスムーズに進行したのはトレーナーの丹念な訓練によるオケの準備の成果でもありますが、いつもながら玉井先生がオケに寄り添ってうまくリードしてくれているということが大きいのではないかと思う次第です。八幡オケは本当に恵まれています。
しかし残念なことに5月23日の演奏会は緊急事態宣言延長のため、昨年に続いて開催ができないことになりました。これまでコロナ禍の中でいかにして演奏会の実現にこぎつけようかと様々な工夫を重ねてこられた運営の人たちにとって、あと一歩で報われないのはさぞかし無念であろうと思います。再延期なのか中止なのか、この原稿執筆中はまだ明らかになっていませんでしたが、できることなら再延期として何としても玉井さんとの共演を実現したいものです。
日本における新コロナウィルスの感染者は世界の国々の発生数に比べ格段に少ないとう事実があります。これはあっという間にほぼ100%のマスク着用率を実現し、強制力のない休業要請や活動自粛などにもおおむね応じるなど、日本人の「我慢」するという性格が驚異的な自制の力を発揮したことが一因であると考えられます。しかしその「我慢」の結果、外国のように政府によるロックダウンのような思い切った措置が取られないことが終息を長引かせる原因となっているとも考えられます。
 音楽や演劇などの芸術は日本ではコロナ禍においては残念ながら「不要不急」的な位置づけとなり活動自粛を余儀なくされています。ところがそういった人前でのパフォーマンスを生業にしている人々にとっては、発表の機会がないことには収入が得られず、また自粛に対する補助もなく、生活が成り立たなという壊滅的な打撃をこうむっています。一方ヨーロッパでは音楽家たちの活動そのものは厳しく抑えられますがその生活は公務員並みに国が手厚く保証しているとう事実があります。つまり芸術は「不要不急」ではなく、人々の生活に根付いた伝統として守られています。この違いを埋めることは残念ながらそう簡単にはいかないようです。
このコロナ禍に打ち勝つ方法はワクチンの普及しかありません。幸い短期間で開発されたワクチンの効果が高く、さらに最近増え続けている変異株にも高効率で有効であるというデータも出てきているようで、ワクチンの普及によってすでに沈静化に向かっている国が出てきています。日本でも遅ればせながら徐々にワクチン接種が広がりをみせています。
皆さん、ワクチン接種が広く普及するまで今しばらく「我慢」をして確実に新コロナウィルスに打ち勝ち、心おきなく音楽が楽しめる日常を取りもどしましょう。
 最後に、日本の免疫学の権威で、最近テレビにもちょくちょく顔を出されている大阪大学の宮坂昌之先生による、日本記者クラブでの新コロナウィルスに関する記者会見がYouTubeで公開されていますので紹介しておきます。1時間半にわたる長いお話ですが新コロナウィルスやワクチンの話を実にていねいにわかりやすく解説されていますので是非ご覧になって下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=Rk3rJ6EduwQ
ちなみに宮坂先生は京大医学部を卒業されているのですが現役時代は京大オーケストラのクラリネット奏者でした。
谷 敏夫
posted by 八幡市民オーケストラ at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2021年05月05日

強化練習を終えて

先週、いつもお世話になってる圓満院さんで定期演奏会前の強化練習でした。
いつもなら合宿ですが、この状況ですので宿泊はせずに2日間通いました!

1日目は森口先生とセクション合わせをご指導頂き、夜までがっつりチャイコフスキー三昧でした。
2日目はヴァイオリンの玉井先生との初合わせ!
コルンゴルドの世界に引き込まれてました。
ただただうっとり。
私自身も個人練習がはかどりました!

内輪事ですが、直前までパートのメンバー交代があったりでバタバタしておりましたが、演奏会が無事開催される事を祈るばかりです。
去年が中止になり、その延長戦!
今年こそは、皆んな思いが届きますように。

笛吹R
posted by 八幡市民オーケストラ at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記