2020年03月23日

音楽がノイズになるとき

先日一人でカレー屋へ入った。カレーの辛さやご飯の量、トッピングができるチェーン店だ。
遅い時間に見つけて初めて入った店だったが、店内は新しくきれいで、おしゃれな感じのジャズがBGMに流れていた。
時間のせいかコロナの影響か、ガラガラでお客は他に一組しかいなかった。

さて何を頼もうかメニューを見るのだが、特に今これが食べたいというわけでもなく考えがまとまらない。自分の頭がぼんやりしているのではなく、BGMに気が散っているのだ。
私は学生時分からジャズのビッグバンドで吹いてきたので、このジャンルの音楽はもちろん嫌いではない。
が、空腹とやや疲れて気分の優れないときに、聴きたい音楽ではなかった。
私はだんだんイライラしてきた。“食事をすることで心と体を休めよう”と入ったのに。

気にしなければ耳に入ってこない音量や、他のお客の会話のマスキングに役立っているのならともかく、“音楽を自分の意思に関係なく聴かされる。”これは拷問だ。百歩譲って表現しても「ノイズ」である。
私はカレーを食べに店に入ったはずだ。ノイズを聞きに入ったのではない。

私はこういうときは音量を下げてもらったり店を出ることもあるのだが、それも面倒に思えてそのままメニューを眺めた。このカレー屋は先述のとおり辛さも量も具も選べるのが特徴だ。それはとりもなおさず、お客がそのときの嗜好や体調に合わせたものを食べられる、ということである。

しかし当然のことながらBGMは、音楽ジャンルは無論、音量も、演奏者も曲も選べない。ONOFFさえお客の操作下にはない。
人間は時と場合によって聴きたい音楽は変わるのが当然で、“そもそも音楽を聞きたくないときもある。”

この状況は、いわばカレーに問答無用で注文していないコーヒーを掛けてくるようなものだ。
私ならカレーはカレーで食いたい、コーヒーはコーヒーで、飲みたいときに飲みたい。


店員さんは丁寧で愛想もよかったから、言えばBGMを切ってくれただろう。
しかし「〇〇しないでほしい」と表明することは心理的に面倒なものだ。相手から意外な顔をされることも多い。それは、良かれと思ってしたことを拒否されるわけだから無理もない。むしろ善意の否定と捉えられることもあり、場合によっては反発されることもある。

しかしその善意は本質的なものなのだろうか?サービスの名をかたる一方的な思い込みではないだろうか。
それを押し付けることはいわば“優しさの暴力”ともいえるものだ。

真綿で首を絞めるという言葉があるが、自覚がないまま相手の首を絞めてしまうことは恐ろしい。
本当に相手のためを思うのであれば、“相手の意思を尊重すること”こそが本質的だと私は思う。
人の心は往々にして捉えにくいことが多い。それでも関わり合っていくためには、“何も押し付けない「余白」”が必要ではないだろうか、と私は考えた。

「無いこと」の価値。それを考えているとますます腹が減ってきて、よりカレーが美味く感じられたのは怪我の功名といえようか。

Tp 山田潤
posted by 八幡市民オーケストラ at 07:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年03月08日

裏切者

コロナウイルスが日本中を騒がせている中、今週はわがオーケストラの練習もお休みとなりました。私個人に関しては木管五重奏の本番も一つ来年に延期です。このところのコンサートは軒並み延期か中止。早く収束して欲しいと思います。

さて、今回の定期演奏会のメインはチャイコフスキーの第五番。私がクラシック音楽を聴き始めた頃から好きな曲です。今から8年前の2012/9/30、SNSにこんな内容をアップしていました。このとき2歳だった息子ももう10歳。今回の演奏会の後、同じ質問をしてみようと思います。

-----------------------
尾高さん指揮、N響演奏のチャイコフスキーの5番(中国公演)、先程テレビで放映していました。大変な熱演で良かったですね。

四楽章の途中で風呂からあがってきた息子も目をキラキラさせながら見入っていました。途中で「これなあに?」と楽器の名前を聞くので、いくつか教えておきました。終わった後、どれしてみたい?、と尋ねたところ、「たいこ か コントリバス!」だそうです。コントリバスって(笑「大きいの?大きいの?」と盛んに聞いていたので、見た目派手な楽器が良かったようです。

昼間、私のピッコロの練習の横で「お父さん、ピッコロ、いい声してるねえ」っていてたくせにね。
裏切り者め。
フルートM君
posted by 八幡市民オーケストラ at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月23日

演奏会前のヒヤヒヤ

立春を過ぎてもまだまだインフルエンザが気になる季節。
今年は新型コロナウイルスがじわじわと迫ってきて、例年以上にマスクで厳戒態勢の方が多いですね。
(おかげでインフルエンザが大人しい・・・とか?)
未知のウイルスの影響で、演奏会の開催を中止されるアマチュアオーケストラも出ているそう。
早く収束して、心置きなく演奏会を楽しめるようになってほしいものです。

娘が3人いる我が家、インフルエンザにヒヤヒヤするのは毎年の恒例行事。
ここ3年、毎年1人ずつ罹ってます。
そしてたまにはタイミングが悪いことも・・・

遡ってウン十年、私自身、扁桃腺が弱くよく熱を出す子でした。
またそれが遠足とかの当日だったり、何かとタイミングが悪い。
大学生時代も、4年間で2回、定期演奏会の当日に発熱してました(その節はご迷惑を・・・関係者のみなさま)。

そんな私も、就職後は丈夫になりました。
自分の体調の心配は減りましたが、演奏会直前、気になるのは娘たちの体調。
小さい頃は、本番当日熱を出されても大丈夫なように、祖母に子守に来てもらったりもしてましたが、成長とともに風邪を引くことも減ってきて気が緩んできた?頃・・・

2年前、演奏会前日。娘が発熱。インフルエンザでした。
幸い?その時は私は出番が少なく、急遽代わりに出てくれるエキストラさんも見つかり、私はタミフル効果であっさり解熱した娘の見張りをしながら本番当日を家で過ごしたのでした。
丈夫になってきても、やっぱり感染症は大敵・・・

心配性の私。

演奏会の直前、自分の演奏の出来と同時に、自分と家族の体調にヒヤヒヤしながら過ごすのは続いていきそうです。

たいこ・3児の母 あ
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年02月07日

脱力する。

僕がチェロを始めて35年くらい。
レッスンでよく言われていたのは、「力をにきなさい」でした。
若い時は何とかなったんですが、最近は腱鞘炎になるなどトラブルを抱えるようになってきました。
前回の定演後からは「力を抜いて」を目標に取り組んでいます。自分なりにうまく出来ていたのですが、年明け早々に、昔からの知り合いの海外の音楽院のチェロの先生にレッスンをしてもらう機会があり、その時に言われたのが「力を抜いて!」でした。
無意識のうちに肩が上がっていて力が入っているとのこと。
そんな所に問題があったとは!
見る人が見るとわかるんだなぁと感心しつつ、
まだまだ道のりが長い!
いつになったら理想に近づくんだろうと思いながら、これからも楽器を弾いていきます。
奈良のチェロ弾き
posted by 八幡市民オーケストラ at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月28日

26年ぶりのチェロコン、次は?

先日、第54回の定期演奏会が無事終了しました。
八幡オケのプログラムでチェロ協奏曲を取り上げるのは実に26年ぶりです。8年前にチェロで入団した私はよく知らないのですが、26年前のチェロ協奏曲もドヴォルザーク(通称ドボコン)だったようです。

チェロコンといえばドボコンといわれるほどの有名曲ですが、今回の上森さんの素晴らしい独奏は、思わず自分の出るところを間違えそうになるほど。そして、ドボコンに続くアンコール曲は<ブリテンの無伴奏チェロ組曲第1番の終曲(第9楽章「無窮動と第4の歌」)でした。
アンコール曲を知っている人はそう多くないかもしれません。
この曲の楽譜をどこかでチラッと見たことがありますが、これってチェロの譜面?と目を疑う超絶技巧の曲で、チェロ団員にとっては、このような曲の実演を間近でみられる楽しみも大きいのです。
なお、今回のアンコール曲は団員にも非公開でした。有名なバッハの無伴奏組曲がくると予測し確信していた私たちチェロパートは「ショスタコのアンコールもバッハだからちょうどいいよね」と勝手なことを言っていたのですが、サプライズのアンコールでした。

前述のとおりチェロコンは26年ぶりということで、26年前から取り上げた協奏曲の回数を確認すると、
・バイオリン 8回
・ピアノ 7回
・クラリネット 1回(10年前)
・チェロ 1回(26年前)でした。
ということで次のチェロコンはまた26年度に・・ではなくて、個人的には4年に1回くらいは取り上げたいなと、そして曲は次もドボコンでなくショスタコ1番とかブラームスのドッペルあたりができたらいいなぁ・・と一人でモヤモヤと考えている今日この頃です。
演奏委員No.6
posted by 八幡市民オーケストラ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月14日

第54回定期演奏会に向けて…序曲「ヘリオス」について

第54回定期演奏会まで、いよいよ一週間となりました。
今回は、北欧デンマークのニールセン、中欧チェコのドヴォルザーク、ロシア(旧ソ連)のショスタコーヴィチという、バラエティに富んだ3人の作曲家の曲を採り上げます。

私は、団内トレーナーの一人として、ニールセンの序曲「ヘリオス」を担当し、普段の練習を進めてきました。この序曲は、ニールセンの管弦楽曲の中でも最も有名な曲の一つとのことですが、私は恥ずかしながら、今回団内トレーナーを担当するまで聴いたことがありませんでした。しかし聴いてみると実に良い曲で、親しみやすく印象的な、演奏会の幕開けにふさわしい曲だと思います。
今回のブログでは、演奏会当日のプログラムに掲載する曲目紹介文から一部抜粋して、この序曲「ヘリオス」についてご紹介いたします。

======================
カール・ニールセン(1865年〜1931年)は、デンマークで最も有名な作曲家で、以前のデンマークの100クローネ紙幣にその肖像画が描かれていたほどです。交響曲(6曲を作曲)の作曲家として名高いですが、他にも協奏曲、管弦楽曲、オペラ、室内楽など幅広い作品を残し、特に、一般大衆向けの歌曲・合唱曲は数多く、今でもデンマークの学校や家庭に広く普及し歌われています。同じく北欧を代表するフィンランドの作曲家、シベリウスとは同年の生まれですが、シベリウスと比べて演奏される頻度は低く、八幡市民オケでもニールセンを演奏するのは今回が初めてとなります。

1903年の春にニールセンがギリシャに旅行した際、青く広がるエーゲ海の日の出の美しさに感激して作曲したと言われており、ギリシャ神話で太陽神を表す「ヘリオス」と名付けられました。日が昇って輝き、やがて沈むまでの様子が巧妙に描かれています。
曲は大きく3部構成で、アンダンテ・トランキーロの静かでゆったりした序奏部分(日の出の部)、アレグロ・マ・ノン・トロッポの明るく華やかな中間部分(真昼の部)、再び冒頭と同じアンダンテの結尾部分(日没の部)に分かれます。
冒頭は夜明けから始まり、遠くから静かに響く低弦に乗って、4本のホルンが順番に登場し、柔らかく物静かにファンファーレを奏でます(この曲を通じてホルンが「太陽」を表しているとの説もあります)。ヴィオラの音階によるうねりが、他の弦楽器にも引き継がれます。徐々に太陽が昇るように盛り上がり、ホルンが冒頭のファンファーレを今度は力強く4本一体となって雄大に奏し、トランペットのファンファーレを経て、太陽が強く輝く「真昼の部」へと移行、テンポもアレグロへと速まります。ひとしきり盛り上がったあと、チェロが美しい第二主題的メロディーを朗々と歌い、木管やヴァイオリンに引き継がれ、更に金管楽器が盛り上げた後、テンポはプレストまで速まり、弦楽器が技巧的なフーガを演奏します(ここの難易度が高いためにアマチュアオケの演奏頻度が低いとの説もあります)。再び元のアレグロのテンポへ戻り、最強奏の盛り上がりを見せると、長い時間をかけて徐々に穏やかになり、木管楽器の朴訥なメロディーを経て、冒頭と同じアンダンテのテンポとなり、日が沈む様子をホルンとヴィオラが表し、最後は低弦が消え入るように曲を締めくくります。
======================

いかがでしょうか、聴きたくなってきませんか?
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。
団内トレーナーH
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月08日

バイオリンの基礎練習

バイオリンパートのSです。今回が自分にとっての3回目の定期演奏会で、徐々に当団の音色に馴染んできました。録画係の一員にもなり、微力ながら団運営にも貢献してまいります。

土曜日の夜は、当団とは別に所属する弦楽アンサンブル団体の練習と重なっており、練習に行ける回数が少なくてすみません。この部分初見だけどという場面も多々ある一方、焦りをなるべく表に出さないように弾くことを心がけております。弦楽アンサンブル団体では各パートが1−3人くらいで練習することが多く、周りの音をよく聴きながら自分の音を合わせていくよい訓練になっており、オーケストラにも活かせていればいいなと思います。

一方、自分が出したいと思う音を実現するスキルが足りなかったり荒くなっていたりするのをよく感じるのです。圧倒的に基礎練習が足りないなと。マンションに住んでいるため土日含めても音出しができず、八幡の練習日に、昔の師匠から習った開放弦でのゆったりした全弓往復動作で最低限の音出しを確認したり、開放弦を弾きつつ隣の弦で音を出して重音での響きを確認するなどして、なんとかしたふりをしています(笑)

ここ数年、バイオリンならではの音の取り方を考えながら弾くことが大事だなと思って「サイモン・フィッシャー/スケールズ」(http://www1.ttcn.ne.jp/~paga252/intonation.htm)に手を出したり、80歳を過ぎても現役でいるイダ・ヘンデルの弾き方(https://www.youtube.com/watch?v=79xUn7GkJKA)を見たりして、頑張る気にはなっています。時間を作って個人スキルも上げていきたいと考えておりますので、よいアドバイスがありましたら、ご指導お願いいたします。

今回の定演、大好きなドヴォルザークのチェロ協奏曲が組み込まれており、とても楽しみです!
カーボン弓使い バイオリンS
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年09月15日

やわたオケとわたし。

やわたオケに入団してから、もうすぐ30年になります♪

私は大学4回生の時に、初めてやわたオケに来ました。
あぁ、もうすぐ卒業だし、どこかのオケに入りたいなぁ、と考えていた矢先、たまたま大学オケのBOXの壁に、やわたオケほるん3,4番エキストラ募集!の紙が貼られているのをみつけました。
これだ!一度行って吹けば、雰囲気も見られるし、なんて好都合ハートと、参加することにしました。

初めて行った時の雰囲気とかは、実はあんまり覚えていません。。。
ただ、大学オケの大先輩から直々にお電話を頂き、入団しませんか?と言われ、大先輩から言われたという嬉しさで入団を決めました。

他のパートには中学のブラスの先輩や、ご近所の大々先輩もおられたりでしたが、何せほるんがいない。
常にエキストラさんに頼っていました。
ただ、おかげで、下吹きの私が1stを吹かせてもらったり…と、貴重な経験をさせて頂きました。
(前回のちゃい5は、私が1st吹きましたっっっ汗!周りの方には随分ご迷惑をかけましたが……)

当時は弦楽器も少なく、びおら団員一人、練習にべーすは誰もいない、ばいおりんはコンミス一人……なんてことも日々ありました。
でも、毎週楽しみに練習に出ていました。

ほぼ30年バツ1年2回バツ1大体2曲吹く2回目の曲もある=100曲くらいの曲を定期で練習、演奏してきました。
何と幸せなことでしょう!
30年間、周りの人や自分の環境、色々なことが変化しましたが、ひとつだけ変わらないのは、うまくなりたい、そのために必死で練習し続ける、ということです。

すっかりやわたオケは、自分の一部と化しているのですが、ここであなたのやわたオケ度ちぇーっく!
いくつ当てはまるかな?

1)八幡とあると、やはたではなくやわたと読んでしまう。
2)パンダの絵を見るとやわたくんと思ってしまう。
3)土曜日の夜に家にいると落ち着かない。
4)演奏会を聞きに行くと、音響や客席数を文化センターと比べる。
5)土曜日の夜のテレビ番組を知らない。
6)本番後のT川のビールは何故かめちゃくちゃおいしい!と思っている。

また皆さんの結果も教えて下さい〜!
ほるんのMごん。
posted by 八幡市民オーケストラ at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月31日

私が八幡オケを知ったのは

私が八幡市民オーケストラの存在を知ったのはまだ小学生(!)の頃でした。

練習場である男山公民館の1階には児童センターがあり、そこでは学童保育が行われています。生粋の八幡市民である私も小学1年〜4年生のあいだ、ほぼ毎日通い続けていました。

10数年前のある日、もう学童もとうに終わった時間に児童センターに明かりが点っていました。フェンス越しに覗いてみると、なにやら大きな楽器を持った人が。当時コントラバスという名前を知っていたかどうか定かではないですが、漠然とかっこいい!と思ったことだけは覚えています。
弦楽器とは無縁だった私が、中学にあがってからコントラバスをやることにしたのも、そういう経緯があったからかもしれません(途中で辞めてしまいましたが・・・)。

現在は紆余曲折を経てチェロを弾いていますが、決して軽くはない楽器を背負いながら練習場へと歩を進めるごとに童心にかえるような、そんな気持ちがします。
徒歩で練習場へ向かうチェロ民
posted by 八幡市民オーケストラ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年08月18日

駅名変更

私たちが年2回の定期演奏会で使用している八幡市文化センターの最寄り駅は、京阪「八幡市」駅ですが、この駅名が10月1日から「石清水八幡宮」に変更されます。(だからといって特急が停車するようにはなりません)
併せて八幡宮参拝に便利なケーブルの駅名も「ケーブル八幡宮口」「ケーブル八幡宮山上」に変更されます。
ケーブルは今年6月に2両ある車両がリニューアルされ、それぞれ「こがね」「あかね」と名前がつけられ運行しています。
石清水八幡宮(岩清水ではない)が国宝に指定されてから、交差点名が変更されたり、八幡宮へ案内看板が増えたり、観光客にわかりやすい表示が増えています。
八幡市はこれといった産業もなく、観光地としても有名な名所がたくさんあるわけではありません(有名ではないが名所は結構あるんですが)ので、訪れてくださるかたが増えることは、良いことだと思いますが、市の玄関口である駅名から、市の名前が消えるのは、大変寂しい思いがします。

いつも私たちの演奏会にお越しいただいている皆様へ
10月20日開催の第54回定期演奏会にお越しの歳は、駅名が変更されてますので、ご注意下さい。

Trp 絶滅危惧団員
posted by 八幡市民オーケストラ at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記