2016年12月27日

ファゴットは難しい

オケの練習のある土曜日はなんとなく朝からそわそわして落ち着かない。
ゴソゴソと苦手箇所をさらってみたり昼寝したりしているうちに夕方になり、
楽器を背負って練習場に向かう。

早めに出たし、樟葉でお茶でもしていこうかな?
今日はよくさらったせいか心が軽い。合奏が楽しみ。
気のせいか背中も軽い。まるで何も背負ってないような軽さ。うん、とても軽い♪
え?ホントに背負ってない!?忘れた!!!!

あろうことか楽器を背負ってくるのを忘れていた。
慌てて取りに戻り、お茶どころかギリギリに合奏に飛び込む。
こういうことが半年に一度はあるから情けない。
外出先で忘れてくる人はたまにいるが、
家から忘れて来る人は珍しいと周りにはあきれられている。


こんな忘れ物大王の私にはファゴットという楽器は難易度が高い。
なにしろ本体が4分割されており、組み立てた後にハンドレスト(※1)、ボーカル(※2)、リード(※3)を付けて完成である。
いざ合奏が始まる段になって「リード忘れた!ハンドレストどっか行った!」とゴソゴソ取りに行くなんてことも多い。
ベルジョイント(※4)なしでステージに上がってしまい
慌てて取りに戻ったというアホな経験もある。


来年の目標は忘れ物をしないことかな?
一度でいいからすべてを完璧に装備して合奏に臨みたいものだ。



わかりにくい注釈 「執筆者の個人的意見」

※1 小さな部品 なくても演奏は可能。
※2 小さな部品 なくては演奏不可能だが、パートメンバーに借りることは可能
※3 小さな部品 なくては演奏不可能で、借りたものでは音が出ない可能性もある。
※4 楽器本体の一部 なくても演奏は一応可能だが、音程や音色などに問題が生じる。第一みっともない。

わかりやすい画像  「YAMAHA 楽器解体全書」より
http://www.yamaha.co.jp/plus/bassoon/?ln=ja&cn=11503
​​​​​​​​ストラップ忘れた
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月22日

超音速のおはなし

超音速という言葉を聞いたことがあるかと思います。文字のとおり、音の速さを超えた、という意味です。

私にとって、この「超音速」(supesonic)というのはとってもカッコイイ言葉です。

関連する単語として、衝撃波(ショックウェーブ)、マッハなんて単語もぐっと心にきますね。

今流体工学の技術者として働いてご飯を食べているのですが、そのきっかけを作った一つはまさにこの単語。

カッコイイだけで人生の半分くらいが決まることもあるらしい。

残念ながら(?)音楽は音を以って表現される芸術、「超」音速とは無縁。。。

で、なんとか関係ありそうなものがないかと探している中で思い出したのが、ムソルグスキーの「展覧会の絵」。

ムチを鳴らす場面があるのですが、これに思い至った時、

「そういえばムチの先端って超音速出せるやん?パーンって衝撃波聞こえるやん?(*1)」

と、ちょっと興奮してしまいました。

しかーし。まさか舞台上でヒュンヒュン長いムチを鳴らすわけない。ムチ違い。(楽器のムチは、紐状のムチとは似ても似つかない)

Wikipediaで楽器のムチを調べて(*2)心底ガッカリしたのが2分前。

いつか超音速なナニカと競演したいという野望を抱きつつ、今日もぴったりマッハ1(音速)で届くメロディを鳴らすのです。


参考URL:
*1: https://www.youtube.com/watch?v=U9HI2BpWkLM
*2: https://ja.wikipedia.org/wiki/むち_(楽器)

​​​​​​​​(超音速のヴァイオリニスト)
posted by 八幡市民オーケストラ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年12月02日

第48回定期演奏会を終えて

運営副委員長(演奏面担当)のE田です。
去る11月20日(日)第48回定期演奏会が無事に終了いたしました。
ご来場いただいたお客様、指揮者の三河先生、ご指導いただいたトレーナーの先生方、ご出演いただいたエキストラの方、本番ホールの八幡市文化センターや、練習場所の男山公民館のスタッフの方、それから団員のご家族の皆様に心よりお礼を申し上げます。

私が八幡市民オーケストラの演奏に初めて触れたのは、今から3年半前の第41回定期演奏会でした。その時客席で聴いた曲はレスピーギ「ローマの祭」とメンデルスゾーン交響曲第 4 番「イタリア」他。入団を視野には入れていたものの「普通、ローマの祭の前にイタリアする〜?八幡ってどんなオケ?」と思いながら聴いていましたが、舞台から溢れ出す勢いのある音にすっかり魅せられて ( 騙されて? ) あっという間に八幡オケのファンになってしまい、演奏会終了時には「このオケの、このサウンドの中で弾きたい!!」と強く思って入団させていただきました。

それから3年半が過ぎ、運営に携わるようになった今回の曲も、その時に負けず劣らずのプログラム。「普通、幻想の前に画家マティスする〜?」と思われた方は多々おられたことと思います。
さすがに今回は、これまで色々な曲に挑戦してきた八幡オケにおいても、かなり欲張りなプログラムでした。

限られた練習時間でいかにこれらの曲を仕上げるか、練習方法について、演奏委員、団内トレーナー、コンサートマスターと喧々囂々、話合いを重ねました。
八幡オケは合奏の時間が圧倒的に多かったのですが、今回は第1回目に合奏をした後は、3回続けて弦楽器、管楽器に分かれてじっくりと楽譜をさらう時間を取ることにしました。
それでも曲は長大で難解で、練習時間がなかなかとれない曲もあり、本当に大丈夫なのか、不安は募り、私の胃はすっかり調子を崩してしまいました (余談ですが、胃の不調の原因はストレスでも飲み過ぎでもなく、ピロリ菌のせいでしたが… ) 。

そのような状況の中、指揮者の三河先生をお迎えし、まるで魔法をかけるように、あの手この手の練習方法で、ぐいぐいと八幡オケ全員の手を引っ張り上げていただいた結果、練習中、たびたび素晴らしい響きが聞こえてくるようになりました。
ただ、魔法の効き目は薄れるのか、逆戻りとなっているところも多々ありましたが、それでも本番当日の最後の最後のリハーサルまで熱心にご指導いただき、なんとかこのプログラムをお客様の前で演奏することができました。
3年半前の私のように、感動してファンになってもらえたお客様がおられたら、とっても嬉しいです。

今回、団員からは、
「幻想が弾けて嬉しい。休団を考えていたけど、この曲がやれるなら這ってでも練習に来る!」
「画家マティスが本当にできるなんて夢のよう!」
「ドリーが美しい曲で癒しになってよかった。だって他の曲は大変だし(笑)」
という話を聞き、このような声があるのなら、もっもっと欲張ったプログラムを!と調子に乗るところですが、
「曲が大変で、体力、集中力が続かない」
といった声も多く聞こえてきたので、今後、その点は十分考慮しつつも、お客様に素晴らしい演奏をお届けすることについては、今後もより一層貪欲に、欲張るオーケストラでありたいと思っています。

さて、次回以降ですが、12/18(日)12:00より八幡市文化センター小ホールにおいて室内楽演奏会を行います。八幡オケ内の20以上の団体がベートーヴェン、メンデルスゾーン、などなど、盛りだくさんの曲をお届けします。弦楽合奏やブラスバンドもあります!入場無料ですので、お気軽にお越し下さい。

また来年5/21(日)は八幡市文化センター大ホールにて第49回定期演奏会を行います。
コープランド エル・サロン・メヒコ
ガーシュイン ラプソディ・イン・ブルー
ドヴォルザーク 交響曲第9番『新世界より』
と有名曲が揃っていますので、クラシックに馴染みのないお客様にもお楽しみいただけることと思います。

今後とも八幡市民オーケストラをどうぞよろしくお願いいたします。
​​​​​​​​(Vn E田)
posted by 八幡市民オーケストラ at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月18日

世代交代

 4年ぶりにトレーナーを拝命しました。久しぶりに指揮台から眺める八幡オケの様子は4年前とは明らかに違いがありました。全体にレベルが向上していること、特に弦楽器の充実ぶりがあらためて実感できました。弦楽器は、多少入れ替わりがあるにしろ、若い人が増えて年齢バランスが良くなって、技術的にも安定しているように感じます。とりわけバイオリンがしっかりしているのはアマチュアオケとしてはありがたいことですね。こちらからお願いすることに対する反応の良さ、対応力は以前とは比べ物になりません。これはひとえにA氏はじめとするこれまでのトレーナー陣の努力のおかげかと思います。また外部トレーナーの招聘を積極的に行うなど運営の施策が効を奏しているものと思います。
 一方管楽器も益々円熟して、レベルの高さは維持しているようですが、同時に平均年齢の高さも維持していますね。15年間付き合っていただいている某指揮者をして「15年間あんまり変わらんなあ」と言わしめた光景であります。仕事や学業の諸々の事情があるにせよ、残念ながら若い人が定着していないというのが現実です。ベテランの管楽器奏者が揃っているということはそれだけ経験も深く技術的にも高いものを習得しているということなのでそれは決して悪いことではありませんが、例えば私ぐらい歳をとると、だんだん舌が思うように動かなくなり、指との連携がうまくいかない状態に陥り、そう遠くない時期に破たんをきたすことになるでしょう。体力的にもだんだん辛いことになってゆきます。そうなると、管楽器は弦楽器と違って一人ずつ自分の楽譜を持っており、個人の状態がそのままオケの出来不出来に反映されることもあるため、パートとして責任を全うできなくなり、周囲にも迷惑をかけるという事態に陥ります。このままですと5年後、10年後の管楽器の状況が心配です。今話題の「オケ老人」の集まりになってしまうかも・・・。
 今のうちに若い人の勧誘を積極的に行い、できるだけ早く主要なポストについてもらって将来の八幡オケを支えてもらうという、世代交代のアクションを強化しないといけないのではないでしょうか。またこれは各パートに任せずオケ全体のプログラムとしての取り組みが必要かもしれません。
以上一番心配の種になりそうな年寄りの感想でした。

ともあれ、まずは演奏会を乗り切りましょう!!

​​​​
​​​​​​​​谷(Fg)
posted by 八幡市民オーケストラ at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年11月11日

オーボエ奏者は禿げる?

私はアラフォーのオーボエ吹きです。オーボエを始めた二十ウン年前は、家系的にそうでもないこともあって全く気にしていなかったことが、この歳になって徐々に気になるようになってきました。それは・・・ずばり「オーボエ奏者は禿げる」という噂です。特に前頭部が危ないと聞きます。あまり言いたくはないのですが、私自身の実感としても、前頭部は少しずつ白髪が目につくようになってきました。

この噂、では本当なのでしょうか?私はこれまでこう思っていました。ネットが発達しておらず、今ほど頻繁に有名ソリストや外国のオーケストラの来日公演などが行われていなかった昔に、一部の超有名奏者の姿形だけがオーボエ奏者の代表的イメージとなり、噂につながっただけではないのか、と。そこでちょっと調べてみることにしました。

やり方としては、Googleで「オーボエ奏者」を検索した場合に、「ウェブで人気」として帯で表示される数々の有名オーボエ奏者のうち、「男性」「私より上の年齢」「画像検索で現在(もしくは晩年)の写真と、昔の写真が見つかる」という条件を満たす奏者をピックアップして調査対象としました。またこれだけでは日本人奏者が少ないので、上の条件を満たす代表的日本人奏者5名も調査対象に加えました。

さてその調査結果ですが、次のようになりました。
・現在(もしくは晩年)、前頭部に髪の毛がない 6名
・現在(もしくは晩年)、前頭部の髪の毛がかなり薄い 3名
・現在(もしくは晩年)、前頭部の髪の毛に問題はなさそう 9名

結果、半々といったところでしょうか。しかし自分で指摘するのも何ですが、この調査結果には問題があります。前頭部に髪の毛がないとした6名には、今も昔も、もともと髪の毛のない奏者、亡く子も黙るH氏や現代オーボエ界を席巻するL氏などが含まれてしまっているからです。昔はしっかり髪の毛があって、現在は前頭部の髪の毛を失ってしまったことがはっきり分かったのは、パリ管創設期のメンバーで現在も一線級で演奏活動を続けるB氏くらいのものでした。

では個別の奏者をもう少し見ていきましょう。Bフィル定年後も精力的に活動を続けるS氏は昔も今もしっかりした髪の毛をお持ちのようです。現在のBフィルを支えるM氏やK氏はどうでしょう?おふたりとも、もともとおでこが広いのか、そう変わってはいないように思えます(K氏は現在は髪をかなり短く刈られているので昔と今とで印象はだいぶ違います)。

次は日本人奏者に目を向けてみましょう。日本を代表するオーボエ奏者であったM氏、割とふさふさのイメージでしたが近年はかなり寂しい感じになられたようです。某国営放送オケ首席で近年は指揮活動も熱心に行われているM氏はきれいな白髪を保たれています。ボストンのW氏は昔も今も黒々とされているようです。私の好きな奏者のひとりであるベルリンのW氏は、かなり薄くなられてしまっています。私と年齢の近い、関西出身のF氏は前髪でごまかされているようにも見えますが・・・?

以上、私の独断と偏見に充ち満ちた調査結果とコメントをお送りしましたが、結局は人による、というのが本当のところのようです。私なら、KW氏のような美音とテクニックが手に入るなら、髪の毛を犠牲にすることは全く厭いませんが、現実はそうはいかないですからね。オーボエと育毛、いずれも精進の必要があるようです。

アラフォーヲーボエ吹き
posted by 八幡市民オーケストラ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月22日

大切な時間

仕事に育児に追われ、バッタバタな毎日。
朝は小学生組を送り出し、次男を保育所へ送ってから
出勤…
仕事は楽しいけど肉体労働でもあるので(笑)、
日によっては結構ハード…
いろいろと気も遣う…

仕事が終わったらダッシュで保育所迎え。
帰ったら小学生組の宿題チェックをしながら
夕飯の支度。

掃除や洗濯…やることはいっぱいあるねん〜!
「お母さん一人では無理!!」と言って子ども達に
ゴミ捨てやお風呂掃除を手伝ってもらったり。
(夫に平日家事育児を手伝ってもらうことはなかなか
難しい。)

休日は休日で、小学生組のサッカーに付き合わされ、
自分の時間はどこにあるねん!
という状況だが、
何とか!!八幡へ行く時間を確保している。
往復電車の中で本を読んだり、ゆっくり友達にメール
したり、ちょっと眠ってみたり…
至福のひと時〜

家ではなかなか練習できないが(ごめんなさい。)、
オケで弾くのは本当に楽しい。
そして、すごく居心地がいい。

練習に参加して、疲れをリセットして、
さあ、次の日から頑張るぞ〜

八幡オケの皆さま、いつもありがとう☆
まっすん
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月01日

とりあえず700

チケットが配布されてほぼ1ヶ月が経ちましたが、皆さんお声かけは順調でしょうか?
ご承知の通り、私達の演奏会へご来場くださるお客様の約8割は、私達団員のチケットによる来場者ですので、団員一人ひとりの集客活動が来場者数に影響することは言うまでもありません。
「はるもにいNo350」に掲載頂いた過去の演奏会集客実積をみると、ほとんどの演奏会で、600名以上のお客様にお越しい頂いていますが、700名を超えるお客様にお越し頂いた演奏会はそう多くはありません。
ご来場者が800名を超えた演奏会は過去10年で2回だけです。(2008年5月の第31回が最後。市民音楽祭除く)
私達のホームグラウンドである八幡市文化センター大ホールの客席数は約1200席。ご来場者600名は客席半分ということになりますね。
皆さんはこの数字に満足されてるのでしょうか?
私は本番時、ステージ上から見える空席数にガッカリすることがあります。
集客数800はなかなか難しいと思いますが700ならなんとかなるのでは?と思っています。
団員の一人当たりの平均集客数が6名程度なので、これを7名にあげれば集客数700は達成出来るように思います。
私はお陰さまで毎回多くの方にご来場頂いています。
とは言え、30人も40人も毎回演奏会来てくれる知人が居るわけではありません。私の集客内訳は、私自身の友人と家族の友人が半分、私の「友人の友人」が半分です。
毎回多くの方にご来場頂けているのは、この「友人の友人」が来てくださってるからです。
この方たちは、2006年、2008年に開催した、「ファミコン」「はるコン」にお越し頂き、八幡オケの「ファン」になってくださった方たちです。
皆さんも是非、「友人の多い友人」に「1回だけでいいから友達誘って聴きに来て」とお声かけしてみてはいかがでしょうか?
うまくいけば、集客700達成です。
本番まであと約2ヶ月。
その「1回だけ」聴きに来て下さった方の「ハートを鷲掴み」し、リピーターになって頂けるように、あるいは、八幡オケから逃れられなくなる「必殺カニバサミ」を生み出すべく、全身全霊を傾けて練習に励みましょう。
Trp N
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月17日

楽しい我が家

今回は、私達がいつも定期演奏会を開いている八幡市文化センター大ホールについてお話したいと思います。
八幡市文化センターは、兵庫県尼崎市のアルカイックホールと同じ且R下設計の作品で1983年にできました。
両ホールともスタインウェイ社のピアノを擁していることや良い音響が評判となり、地方文化発展事業のための良質ホール建設の先駆けとなりました。
アルカイックホールはキャパ2000人の大型ホール、1200人収容の八幡市文化センターが中規模のモデルホールとなったようで、いくつかの地方自治体から見学に来られたようです。
また、最近は演奏会のほかに、吹奏楽コンクール課題曲の参考演奏録音や、京都大学交響楽団の定期演奏会直前の合奏練習などにも使用されています。
 1982年、ホール完成の前年に「良いホールには市民オーケストラを」ということで、この人口7万3千人(創設当時)足らずの街に八幡市民オケが結成されたのです。 
私は1985年に八幡オケに入団しましたが、このホールの音響の良さが入団を決めた重要な要因でした。 当時のメンバーは30人ほどで弦楽器付きブラスバンドの体で、現在の70人余りの規模に至るには、多くの努力と時間を要しました。
その苦労はさておき、このホールのほど良い残響は、客席での聴き心地が素晴らしいだけでなく、ステージ上の私達もたいへん気持ち良いのです。
私の吹くクラリネットなどには、一人で旋律を吹くソロ演奏がまわってくることがあります。1分以上も続くソロもまれにありますが、こんなソロの前になると心が静まり集中力が高まってきます。ソロを吹き始めるとステージライトを浴びながら、ホールに響く音を実感でき幸福感に包まれます。すると頭の中に閃きが走り、練習成果+αの表現ができることもあります。妄想ですが、作曲家やミューズが頭上に降りてきてくれたような心地です。こんな素敵な体験ができるとなれば、より練習をする意欲も湧いてくるというものです。
 ただ、こんなに音響の素晴らしい八幡市文化センターの泣き所はアクセスの悪さです。京阪電車八幡市駅から、1時間に数本のバスで10分、徒歩なら20分はかかります。駐車場も拡充はしていますが、併設の小ホールの催しと重なった時は満杯になります。また、オープン時は斬新であった親子聴取室もキャパや設備の再整備が必要です。貴重な時間を割いて来てくださるお客様のために更なる工夫が必要でしょう。
 また、経年節目の演奏会を大阪や京都市内の有名なホールで開催してはどうかという意見があります。有名ホールは交通アクセスが良く、集客数が上がる可能性が充分あります。煌びやかな有名ホールでの演奏も魅力的です。しかし、私達の本拠地と言える八幡市文化センターでの公演をやめてまで街中に出ることに疑問も感じます。八幡市文化センター・スタッフの皆さんも私達の公演のためにいろいろと良くしてくださいます。それで、八幡と街中の2回公演も考えましたが、集客見込みが立たないままでの予算拡大は危険です。身の丈に合った規模の演奏会を地元で積み重ねるのか、一発、街へ打って出るのか、団員でゆっくりと話し合っていけばよいと思っております。
開館から30年が過ぎ、さすがに設備も老朽化してきておりますが、空調機器のリニューアルは昨年終えました。
そして、中身を彩るオケ自身の老朽化への対処も必要になっていると思います。これをうまくクリアしないとホールと時代に取り残されてしまうかもしれませんね。

クラじいじ
posted by 八幡市民オーケストラ at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月03日

奏者の寿命

最近考えてようになった事ですが、
いつまでフルート吹いていられるかなぁ。

中学生から楽器をはじめて◯◯年。
今は楽しく演奏していますが、それも折り返し地点に来ています。

以前出会ったおじいちゃんは、80歳ぐらいでしたがフルートは初心者。
初心者歴3年ほどの方ですが、いつも同じエチュードをされていました。

担当の先生もおじいちゃんのペースでのんびりレッスンされていました。

レッスン中、止まったら『ちょっと待っておくれやっしゃ』
入れ歯を突然外して胸ポケットへ!
再度チャレンジ。
でもなんか違う、とまたポケットから入れ歯を取り出してはめます。
その繰り返しです。
でも凄く楽しそうなのです。

歯が無くなったら楽器吹くのは無理かなぁ。
肺活量の問題もあるなぁ。

とりあえず歯を大事にして元気でいないと!

おばあちゃんになっても頑張るぞ!

FL・H
posted by 八幡市民オーケストラ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月20日

うちの子たち

上の子は本当に手が掛かりません。下の子に振り回されっぱなしでしばらく構ってあげられなくても、機嫌が悪くなったりせず我慢強く健気に待っていてくれます。地味な役回りが多いですが、堅実なところが頼りになります。いつも、この子は底力があるなあと思っています。

下の子は、やんちゃで何をしでかすか分からないところがありますが、まだまだ未知数なのが楽しみなところです。上の子に比べて、ちゃきちゃきしていて、目立ってしまうことが多いです。ただしこの子は気分屋で、ちょっと構ってあげないとすぐにヘソを曲げます。まだまだこの子ことを分かっていないのかも、と時には考え込んだりしますが、気長に付き合っていきたいと思います。

二人とも見た目はよく似ているのであまり違いが分からないかも知れません。上の子のほうがすこしだけ大柄、ちなみにスイスで生まれました。下の子は日本生まれです。ちょっとだけ小柄で声も少し高いです。
二人が共演することはあまりないのですが今回は特別です。まず上の子が先陣を切ります。きっちり渋く決めたいところです。そして今回は下の子の出番が大変です。飛んだり跳ねたり怒ってみせたり、準備にはいくら時間があっても足りないくらいで、今まで見たこともないようなこともやらされるので目が回りそうですが、何とか試練を乗り越えていきたいところです。

最近は週末くらいしか構ってあげられないのですが、二人と過ごせる時間を大切にしたいと思います。


楽器の話@チューバ
posted by 八幡市民オーケストラ at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記