2016年03月28日

トルコマーチから10000光年

今回、ブログ原稿のネタ探しをしていたら、
ウィキペディアのバスドラムのページにただならぬ文章をみつけてしまいました。
「オーケストラでは(中略)バスドラムは定席を得ていない。
(中略)十分に定席を得ているとは言えない。」
確かに全ての曲で出番があるわけではないのですが、2回も言うかなあ…とほほ。
ちょっと悲しいので、バスドラムの復権をさせていただこうと思います。

楽器としての歴史は当然古い(紀元前2500年〜)のですが、
オーケストラで初めて使われたのはいわゆるトルコマーチの模倣として、
ハイドンの軍隊やモーツァルトの後宮からの逃走などからとなります。
これらの曲ではいわゆる賑やかしとして使われており、
正直な話、演奏していてとてもおもしろい、というわけではありません。
これが同じトルコマーチでもベートーベンの第九になると、
出番の最初はファゴットと大太鼓だけできざむ譜面になっており、
ちょっとおいしいやん、という気分になります。

しかし、なんと言ってもオーケストラの中で最大の威力を発揮するのは、
曲の盛り上がりの中でpであれfであれ、シンバルと一緒に演奏する時でしょうか。
こういった使い方が上手なのは後期ロマン派以降、
チャイコフスキー、マーラーといった作曲家たちです。
マーラーの交響曲ではバスドラムのソロも(打楽器的には)たびたび登場します。

さて、今回の定期演奏会でとりあげるプロコフィエフでは、
バスドラムは独特の扱いとなっています。
永遠の相棒であるシンバルとはあまり一緒に演奏することがなく、
むしろ低弦や管楽器の低音部隊と共に演奏する譜面が多々見られます。
バスドラムの音は低く、はっきりした音程があるわけでもないので、
オーケストラの中では目立たないかもしれませんが、
あるとないとでは大違いの存在になれるように頑張りたいと思います。

るりを
タグ:打楽器
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年03月06日

滋賀のお薦め

八幡オケのブログは持ち回りで書いているようでして、普段SNSをやらない自分としてはなかなか気の重たい仕事なんですが、どうもブログを更新することで八幡オケのHPが検索などに引っかかりやすくなる、と聞き、重い腰を上げて書いております。
さて、最近、週末に休みができたときに、2歳の息子を連れてどこに行こうかとなかなか悩みます。USJなどのテーマパークは2歳児にはまだ早過ぎるかとも思い、かと言って車での遠出も子供には負担がかかり、京都に在住している者にはなかなかありがちなことかと思いますが、京都市内で観光というのも何かと思い、適度に近く、子供が遊べて、お金もあまりかからないということで、滋賀県にはまっております。お薦めスポットとして2つ。
ピ○○○山
一度廃墟になったと聞く、湖東のショッピングモール。一度廃墟になってその後、リニューアルオープンしてそこそこにぎわってますが、草○○○ンに比べたらやはり土日でも人が少ない。そこがいいところで、ショッピングモール最大の魅力である、キャラクターのカートがまだ確保しやすい。ここが大きな売りとしているであろう『さ○○○○○園』も魅力だが、お金もかかるので、ペットショップの犬猫を見るだけで、子供を遊ばせる。
ブ○○○の丘
2年程前の夏に一度行き、ヤギやヒツジと遊び、花を見ながら歩くだけで楽しかったので、最近また行きました。が、以前に行ったときと比べ、まず、バイキングだったレストランがバイキング形式ではなくなってしまっていました。おそらく客が少ないためにバイキング形式では採算がとれなくなってしまったのかな?と考えながらも園内を一周。『本日の営業は終了しました』と書かれたスポットが多くあり、日曜日なのにおかしいな?とも思いつつ、またヒツジやヤギと遊びながら歩きました。冬なので、夏には咲いていた花も少なく、正直、以前より廃墟感を感じつつ、でもどうせ子供の元気も数時間は続かないため、ちょうどいい感じで一周しながら楽しめました。
滋賀県のネガティブキャンペーンではありません。お金もかからず、ちょうどいい具合に人も少なく、2歳児が適度に楽しめるスポットを探しています。滋賀県方面でいい場所を言っている方は、是非とも教えてください。


よそもん京都人
posted by 八幡市民オーケストラ at 21:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月23日

バイオリンあるある

バイオリンあるある

ブログのネタ探しに、クラシック関連のリンクを辿っていたら、バイオリンあるある、的な物を見つけてしまいました。とっても同意できるものや面白いものが多かったので、あるある!という意見が多かったものを中心に紹介してみようかと思います。

・お金持ちと思われる。内心自分もお金持ちかどうかはとにかく、やっててかっこいい楽器だという事は分かっている。

バイオリンやってます!というと、小さいころから習っていらしたの?とよく聞かれます。
いいえ大分大きくなってからです。
あと、楽器のお値段も良く聞かれる気がします。寧ろ何か楽器をやってる方の方が、気を使って下さってか直に聞かれる事が少ない気がします。
かっこいいのは間違いないです!自分がかっこよく弾けるかは置いといて

・しずかちゃんがなんで下手くそなのか分かる。多分、力のかけすぎとか松ヤニ拭いてないとかそんなもん

これは、そうだったのか!と思いました。そうなのかー誰かしずかちゃんに教えてあげて。

・まつやに割れた...

割れるのでストック必須だと思っています。最後まで使い切れた事がないです…

・だんだんしたにさがる。

さがります。きがついたらさがっています

・練習に飽きて、チェロ弾きやウクレレ弾きをしたことない人は多分いない。

とってもあるあるだと思います!ウクレレ弾きは特によくやります。構えるのがもういやーって時にやっています。

・たくさん弾いて、左手の指先が黒くなったり、皮がかちかちになったとき、ちょっと嬉しかったりもする。

なんかこう名誉の負傷的なのですかね。
頑張った感が出て少し嬉しいです。演奏の成果はさておき。

私の考える、バイオリンあるあるを幾つか、
バイオリンモチーフのプレゼントを、もらう機会が増える。
モチーフになりやすく商品も多いので、バイオリン始めてからよく頂いている気がします!とっても嬉しい!

バイオリンなのかヴァイオリンなのか、どちらが良いのかわからなくなる。
楽なのでバ、で私は書いちゃうのですが、皆さんこっちがいいとかあるのでしょうか

爪切りを持ち歩く人が多い
弦楽器なら仕方ない、ネイルも縁遠いですなぁ

なんやかんや言って自分の楽器が一番好き。これは楽器をやってる皆のあるあるですよね。
バイオリンでも、他の楽器でも。はたまた、オーケストラ全体でも、何か面白いあるあるがあったら教えてください!

(Vn 引用元:http://aruaru.me/posts/view/1258)

Vn ばいおりん民
posted by 八幡市民オーケストラ at 22:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2016年02月07日

大分のおいしいごはん

私は大学生の頃から八幡市民オーケストラにはお世話になっているのですが、関西に来てから一度しか大分県民に出会ったことがありません。

故郷への愛をもて余しているので、私の実家でよく出てくる大分のごはんについてご紹介させていただきます。

@とりめし
ごぼうと鶏、お米というシンプルな具材。
味付けは、甘くて濃いめの九州のお醤油、酒、砂糖。
炊き込むのではなく、先に混ぜこむ具材を炒めるのがポイント。

Aりゅうきゅう
お夕飯にて、
『おさしみ、たくさんで余っちゃった、てへ (。-∀-)』
その、翌日出てくるごはんです。
いわゆるヅケに近いものですが、甘いのが独特なのではないでしょうか。
ごはんに乗せてお湯をかけてお魚は半生でいただきます。

Bとりてん
最近有名になってきたような気がします。
軽く薄めの鶏むね肉の揚げ物です。ポン酢でいただきます。
唐揚げともフリッターとも違います。

さて、三点のみご紹介させてもらいましたが、他にもおいしい食べ物はたくさんあります。

ということで、このブログをご覧になった皆さま、ぜひ大分にいらしてください。

Vn よいお家のねこになりたい
posted by 八幡市民オーケストラ at 19:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月24日

呼吸法雑感

 以前このブログでヨガのことが話題になっていましたが、ヨガのレッスンでは必ずインストラクターが「呼吸を止めないで」と言います。また、周りに音が聞こえる位意識して呼吸をしましょう等々。オーケストラでは管楽器はもちろんのこと弦楽器の皆さんも呼吸をしっかり取ってアンサンブルをすることが基本のようです。

 その昔私がTpを始めたころ、先輩からとにかく思い切って沢山息を吸うことが大切であると指導され、吸いすぎて脳震盪を起こしかけたことがありました。また、プロの先生にレッスンを受けたときには息はなるべく素早く鼻から取るようにしなさいと教わり、風邪で鼻が詰まったときは何とか息が吸えるように鼻をかみながら演奏したものです(?)

 現在の奏法は不自然に息を吸うのではなく普通にゆっくりと息を吸い、大切な事は息を吐くときいかに有効に吸った空気を無駄なく楽器に吹き込むかということのようです。

 これも少し昔ですがダイビングを始めたころ、海に潜ると恐怖感から必死に息を吸おうとしてパニックになった経験があります。そのとき教わったのは、怖くなったらとにかく「息を吐くこと」。息を吐けば気持ちが落ち着くし、吸うこともできるようになるということでした。確かに人間恐怖感を覚える場に遭遇したとき、小刻みに息を吸おうとすると聞きます。息は「吸う」のではなく「吐く」ことに重要なポイントがあると思います。

 また、pppで長い音を伸ばす時や高い音を吹く時には「腹に力を入れて」が基本です。つまり横隔膜を緊張させることで小さいけれど真っ直ぐな響く音が出ますし、高い音の場合はお腹の支えで息のスピードが早まります。最近舞台に上がって緊張することが少なくなりましたが、不幸にして緊張してしまったときには@息を吐くこと A腹に力を入れること で何とか高ぶった神経を鎮めることに役立つようです。上り症の方にはおすすめかもしれません。

 都会では大気が汚れてしまっている現代、なかなか思い切って空気を吸うということが難しくなっているかもしれませんが、たまには外に出て思い切り背伸びをしながら腹一杯呼吸をしてみることが健康の秘訣かもしれませんね。

(滋賀の田舎ラッパ)

posted by 八幡市民オーケストラ at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年01月10日

初詣

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
皆様はこの年末年始、どうお過ごしになられたでしょうか?

私はというと、新年一発目の やわた市民音楽祭で「八幡大縁起」を演奏するということもあり、団員有志数名で曲にゆかりのある石清水八幡宮に初詣に行ってまいりました。
_DSC0033.JPG
(石清水八幡宮については一つ前の記事が詳しいのでご参照ください)

雅楽演奏や破魔矢のお祓いの舞など、元来初詣文化のなかった私としてはとても貴重な体験でした。
「八幡大縁起」は、オケと合唱を以てこの「日本古来の神々を祀る」雰囲気を表現するという試みが非常に面白いと思っているのですが、今回の参拝でこのイメージを補完できたことはとても良かったと思います。

御朱印.jpg

その後さらに、「八幡大縁起」作曲者の平野一郎先生もご紹介されていたという、京都は太秦の大酒神社にも行ってまいりました。
ここには、江戸時代に建立されたという石柱があり、そこにはしっかりと「管弦樂」の文字が入っています※。
オケ人としてはご利益のありそうな神社ですね!
_DSC0058.JPG
…参拝しただけで満足しないように自戒しつつ、本年も精進してまいります。

※正式には、「蠶養機織管弦樂舞之祖神」とありました。養蚕、機織り、管弦楽に舞の神様…? 

(なお、今年のおみくじは吉でした)
posted by 八幡市民オーケストラ at 08:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月26日

石清水八幡宮

 本年も残すところあと数日となりまして、新年が近づき、そしてやわた市民音楽祭も近づいてまいりました。
八幡市にあり、この度国宝に指定されました石清水八幡宮の御祭神である八幡神を題材とした、平野一郎さん作曲の「八幡大縁起」を、やわた市民音楽祭にて世界初演致します。
ご朱印帳片手に、神社巡りをするのが好きな私ですが、石清水八幡宮は印象深い神社の一つです。
その為、この楽曲に携われる事を嬉しく思います。 このような時期にブログのお話を頂いたので、今回記事として、石清水八幡宮の魅力を、一神社ファンの素人目線から記してみようと思います。 

ご本殿は山の上にあり、参道は山道となります。この途中でも季節を感じながら歩くことができ、また神聖な空気を感じながらの気持ちの良い登山道となります。
山上の展望台では、京都の町の景色が見渡せます。京都らしく高い建物が少なく、広く見晴らせるのでなかなか壮観です。大阪などとは違う、落ち着いた色味の夜景も綺麗です。

 一番の魅力はやはり、八幡造りの鮮やかな朱色の本殿でしょうか。夜間拝観の際に目の当たりにした、雲一つない夜空の中、満月の月光に照らされる本殿の荘厳さと神々しさを忘れる事はできません。あの美しい光景を上手く表現できる言葉が見つからないのが残念です。 細部に於いても拘られてあり、社に動物や植物が社殿に丁寧に彫刻されており、色鮮やかに彩色されています。一つ一つ、一枚の絵のように表現された美しい彫刻を見ることができます。また、年に数回公開される社殿内部では、更に沢山のより美しい彫刻を目にする事ができます。ぜひ一度は目にして頂きたいです。

 そして、その神社特製の授与品は神社の大きな魅力の一つだと思うのですが、この神社では、八幡大神の使いである、鳩をモチーフにした、とても可愛いお守りやおみくじなどが置いてあります。鳩の土鈴がとても可愛くて、訪れる度に授与して頂くか迷ってしまいます…。神社内の様々な箇所にも鳩を象ってあるらしいですね。

他に印象的なのは、エジソンの絵馬でしょうか。神社内にエジソンの記念碑もありますし、生誕祭も行っているらしく、エジソン推してきます。エジソンが、こちらの竹を用いて電球を作った為、らしいのですが、なんとなく、ご利益がありそうですね。

 思いつくままに雑多に書かせて頂きました。歴史や由緒なども大きな魅力なのですが、その辺の難しい事は神社のHPやwikiさんでぜひ!
 という事でぜひ一度、石清水八幡宮に参拝されてみては如何でしょうか。私は数回訪れていますが、行くたびに新しい発見がある神社です。新年の初詣も良いと思いますし、普通の休日にでも散歩がてらでも。

 それでは皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
(春待ち)
posted by 八幡市民オーケストラ at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月13日

ホルンの楽譜

ホルンの楽譜は基本的に in Fです。ピアノと違って、いわゆる「ド」の位置にある音が実音F(ファの音)になります。ホルンに限らず金管楽器は元々は出せる音の数が限られていたので、欲しい音を出すために違う長さの楽器をとっかえひっかえ使っていました。作曲者は「この曲ではF調の楽器を使ってください」「この曲はC調の楽器でお願いします」というふうに指定するわけです。現代は楽器が便利になり、どの調の曲も1つの楽器で演奏できますが、昔の名残りで in F が一般的に使われています。

曲によっては、in Esや in Eのこともあります。in Fと近いので紛らわしいです。あまり指定されることがないin Aやin Dの楽譜になると頭がこんがらがります。絶対音感がある私は、in Cの楽譜に当たると、わかりやすいのでちょっとうれしくなります。

来年1月のやわた市民音楽祭で演奏するベートーヴェン「運命」の楽譜は、1、3楽章はin Es、2、4楽章はin Cです。昔のように楽器を取り替える必要は無くなりましたが、楽章ごとに調が変わるので、楽譜を読みまちがえて、とんでもない音を出さないように気をつけます。

(楽譜を読めないホルン吹き)
posted by 八幡市民オーケストラ at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月29日

襟の穴

数年前のことである。
寒くなってきたので厚手のシャツを着ようとタンスから出してみると、なんと左の襟に1cmぐらいの大きな穴があいて中の芯が見えている。 良く見ると同じような穴の開いているシャツがいくつかある。虫が食ったにしては大きすぎるしなぁと思うが心当たりがない。仕方なく新しいシャツに替えた。
襟の穴 写真.jpg
次のシーズン、気が付けばまた同じような穴が開いている。それを繰り返して、安物だがお気に入りのシャツをいくつかだめにしてしまった。
ある日左の襟に今度は小さなほころびを発見。例の穴を思い出した。ピンときてトロンボーンを構えてみたところ、ほころびができたところにちょうどロータリーバルブが当たるではないか! 

レバーを引くことにより迂回管に切り替え、スライドをいっぱい伸ばさないと出ない音を伸ばさなくでも出すことができるこの便利な部品。私の楽器のロータリーバルブの周囲にはギザギザがついていて、ちょうどそこが襟に当たる。楽器を吹くと、体の動きで襟にやすりをかけているような具合になるのだろう。
練習熱心でいつも吹いているから、すぐに服に穴があいてしまうのかしら。いやいや、オケに着て行けるまともな服は限られているので、いつも同じ服ばかりにヤスリがかかりこんなことになるのかも。特にネルのシャツは引っ掛かりやすいようで、だいたいこれが犠牲になっている。こんな服着ていつもオケの練習に行っていたなんて。みんな思いやりがあるのか、いままで指摘されたことがない。そういえば家族からも。。。。
今の楽器を使い始めてもう20年弱経つのに、こんなことはここ数年。吹き方が変わったか、はたまた首回りが太ったか???

それはともかく、このままではどんどん服がだめになる。そこで思いついたのがヴァイオリンの人たちが楽器とあごの間にハンカチ(?)を入れているあの姿。
それ以来楽器を吹くときは左襟にハンカチをかぶせたりして、直接ギザギザが襟に当たらないようにしている。もちろん本番以外。
時々忘れて、いつのまにか穴が成長していたり、そのまま休憩中に歩き回ってハンカチを落としてしまったりいろいろ苦労している。他の楽器の人たちも何かしらこんな苦労があるのかしら。
宝くじさえ当たれば、これくらいなんでもないのに! そういえば年末ジャンボも発売されたし。


でも、買わないと当たらないですね、宝くじ。 (^^;
(ばすぽざうね)
posted by 八幡市民オーケストラ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年11月14日

I live in Shiga, not Yawata.

今日は八幡市民オーケストラの団員の居住地域に関して話したいと思います。

やはり「八幡市民」と書いているので、
八幡市民の八幡市民による八幡市民のためのオーケストラ、とは思ってはいないでしょうか。

実は違います。

京都府内をはじめ、大阪、奈良、滋賀、兵庫、(なかには愛知や広島も!)様々なところから集まっています。
かくいう私も滋賀人です。We love Shiga, Yes!!

音楽をしたい、なんか集まってワチャワチャしたい!と思う方なら
誰でも八幡市民オーケストラへの門戸が開かれています!

そこのお姉さん、僕と八幡、しませんか?
(滋賀のフナムシ)
posted by 八幡市民オーケストラ at 15:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記